クロスチャネルコンテンツを活用し、一度作成したコンテンツをあらゆる場所に提供  

顧客は、場所やデバイスを問わず、自分の興味関心に即した一貫性のあるエクスペリエンスを求めています。クロスチャネルコンテンツなら、一度作成したコンテンツをwebやモバイル、アプリ、IoT、シングルページアプリケーション、実店舗内のスクリーンなどに最適な形で提供できます。追加作業は必要ありません。

あらゆるチャネルに適応できるコンテンツ

スマートフォンからコネクテッドカー、駅やバス停のデジタル広告、インタラクティブに情報交換が可能な小売店に至るまで、今や顧客とブランドとの接点は無数に広がっています。チャネルとデバイスの数が増加しているだけでなく、コンテンツに対する顧客の期待も高まる一方です。顧客が望むのは、自分だけのために用意された、常に一貫性のあるコンテンツです。

しかし、各チャネルにはそれぞれ特有の複雑な問題があり、異なる形式のコンテンツが必要です。パーソナライズされた一貫性のあるクロスチャネルエクスペリエンスを迅速に提供するためには、統合的なアプローチが不可欠です。チャネルを問わずにコンテンツを再利用できれば、こうしたエクスペリエンスを俊敏な方法で管理できる理想的な基盤が実現します。さらに、搭載されているパーソナライゼーションツールを使用することで、カスタマージャーニー全体を通してコンテクストに即したエクスペリエンスを大規模に配信できます。

アドビのガイド「あらゆるチャネルの顧客体験を強化する方法」を読む

アドビがお手伝いします

Adobe Experience Manager Sitesを使用すれば、優れたクロスチャネルエクスペリエンスを簡単に作成できます。もはやゼロからスタートする必要はありません。再利用可能なコンテンツ要素を使用すれば、自社または他社のwebプロパティや、電子メール、ソーシャルメディア、モバイル、IoTアプリ、デジタルサイネージをまたいで、迅速かつ大規模にエクスペリエンスを提供できます。更新作業を一度おこなうだけで、あらゆるチャネルのエクスペリエンスが驚異的な速さで変更されます。

こうしたクロスチャネルコンテンツのパーソナライズは、制作者自身がおこなうことも、パーソナライゼーションエンジンを使用しておこなうこともできます。いずれの方法でも、コンテクストに即した適切なエクスペリエンスを大規模に提供可能です。Adobe Experience Manager Sitesなら、マーコムと開発者が共同作業をおこない、シングルページアプリケーションのコンテンツを同時並行的に編集できるため、インタラクティブな優れたエクスペリエンスをより迅速に提供できます。

クロスチャネルコンテンツの概要をチェック

「Adobe Experience Managerは、顧客の興味関心に即したデジタルエクスペリエンスをあらゆる接点をまたいで提供できる一元的な基盤を提供してくれます。 おかげで業務の効率が大幅に向上しました」

Oliver Simmersta氏(SPAR ICS、エンタープライズアーキテクト)

クロスチャネルコンテンツの機能

 

クロスチャネルコンテンツの機能

デジタルサイネージ

webサイトに加え、インタラクティブなキオスク端末からデジタルサイネージに至るまで、あらゆるデジタルスクリーン向けのコンテンツをデザイン、提供、最適化できるオールインワンの基盤です。デジタルスクリーンを利用すれば、店舗やホテル、銀行、医療施設、教育施設などで顧客に働きかけ、統一されたブランドエクスペリエンスを提供することができます。

エクスペリエンスフラグメント

コンテンツとレイアウトをグループ化し、チャネルに依存しない再利用可能なフラグメントを作成します。このフラグメントはあらゆるスクリーンへの公開が可能で、複数のクリエイティブアセットを作成することなく、あらゆるメッセージとデザインに一貫性を持たせます。

シングルページアプリ編集

ReactやAngularなどのオープンソースフレームワークで作成されたシングルページアプリケーション(SPA)を、webサイト管理ツールと同様のドラッグ&ドロップ対応のエディターで編集、管理できます。

関連トピックス

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。