クロスチャネルコンテンツを活用し、一度作成したコンテンツをあらゆる場所に提供  

顧客は、場所やデバイスを問わず、自分の興味関心に即した一貫性のあるエクスペリエンスを求めています。クロスチャネルコンテンツなら、一度作成したコンテンツをwebやモバイル、アプリ、IoT、シングルページアプリケーション、実店舗内のスクリーンなどに最適な形で提供できます。開発者の支援や追加作業は必要ありません。

あらゆるチャネルに適応できるコンテンツ

スマートフォンからコネクテッドカー、デジタルのバス停、インタラクティブ小売店に至るまで、消費者とブランドとの接点は無数にあります。チャネルとデバイスの数が増加しているだけでなく、顧客の期待も高まっています。顧客は自分の興味関心に即したコンテンツのスピーディな提供を求めています。

しかし、それぞれのスクリーン向けに手作業でコンテンツを作成し、チャネルごとに調整していては、とても追いつきません。あらゆるチャネルやデバイスで、コンテンツとエクスペリエンスを容易に再利用できるツールが必要です。一度作成したコンテンツは、開発者の助けを借りなくても、あらゆるスクリーンに合わせて自動的に調節されるべきです。

モバイルデバイス上でレイアウトが崩れる恐れがあるといった心配や、アップロードした画像がソーシャルメディア上で適切にレンダリングされるかわからないといった心配が解消されれば、的確なタイミングで魅力的なコンテンツを提供して顧客の関心を引き付けるという、最も重要な仕事に集中できるようになります。

アドビがお手伝いします

Adobe Experience Manager Sitesなら、最高のエクスペリエンスを構築し、あらゆるチャネルをまたいで提供できます。チャネルごとにレイアウトをいちから作成する必要はありません。コンテンツの作成とパブリッシングが独立しているハイブリッドアーキテクチャを採用しているため、コンテンツをひとつ作成すれば、そのコンテンツをIoTデバイスやシングルページアプリケーションを含むあらゆる場所に公開できます。

マーケティングチームと開発チームが同時並行的にコンテンツを共同編集できるので、魅力的なエクスペリエンスをよりスピーディに提供できます。また、サービスとしてのコンテンツを利用し、あらゆるチャネルに自動的にコンテンツを配信できるため、顧客の望む場所に容易にコンテンツを提供できます。顧客はコンテンツのために場所を移動する必要がなくなります。

概要を見る(英語)

「Adobe Experience Managerは、顧客の興味関心に即したデジタルエクスペリエンスをあらゆる接点をまたいで提供できる一元的な基盤を提供してくれます。 おかげで業務の効率が大幅に向上しました」

Oliver Simmersta氏(SPAR ICS、エンタープライズアーキテクト)

 

クロスチャネルコンテンツの機能

シングルページアプリ編集

webサイト編集ツールと同様のドラッグ&ドロップ対応のエディターで、シングルページアプリケーション(SPA)を構築、管理します。また、ReactやAngularなどのオープンソースフレームワークで作成されたコンテンツを共同作業によって編集します。

サービスとしてのコンテンツ

ユーザーが指示しなくても、プログラム制御によってAdobe Experience Manager Sitesのコンテンツリポジトリーにアクセスしてコンテンツを取得し、モバイルアプリ、IoTアプリ、スマートデバイス、実店舗内スクリーンなど、多数のサードパーティアプリケーションに配信します。

エクスペリエンスフラグメント

コンテンツとレイアウトをグループ化し、チャネルに依存しない再利用可能なフラグメントを作成します。このフラグメントはあらゆるスクリーンへの公開が可能で、複数のクリエイティブアセットを作成することなく、あらゆるメッセージとデザインに一貫性を持たせます。

関連トピックス

その他の利点

webコンテンツ
管理

エクスペリエンスの
パーソナライズ

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。