Adobe Experience Manager Sitesの機能

Adobe Experience Manager Sitesの機能

すでにデジタルを積極的に活用しているユーザーにとっても、コンテンツ戦略に着手したばかりのユーザーにとっても、Adobe Experience Manager Sitesは有用です。アドビはGartnerやForresterを含む複数の業界アナリストから、市場のリーダーという評価を継続的に得ていますが、その理由は、増加し続ける顧客の一人ひとりにパーソナライズされたコンテンツを作成、管理、提供する場合に直面する課題の解決を支援できるからです。そのためにアドビが提供している機能をご紹介します。

Adobe Experience Manager Sitesの機能

作成

コンテンツ制作を高速化

コンテンツ制作を限りなく自動化できるツールを利用して高速化します。すぐに利用できるテンプレートやスタイルシステム、直感的なドラッグ&ドロップ操作を中心とするデザイン環境を利用して、手間をかけず、迅速かつスムーズにコンテンツを制作できます。一度作成したコンテンツを様々なチャネル向けに再利用する機能を使用すれば、これまでにないスピードを体感できるでしょう。

コンテンツ制作を高速化

Adobe Senseiの自然言語処理テクノロジーにより、小さな画面に合わせてテキストが自動的に要約されるので、一度作成したテキストをクロスチャネルのエクスペリエンス全体で容易に再利用できます。

自動テキスト要約の詳細

ページに依存しないテキストを関連するメディアとともにデザイン、作成、キュレートおよび使用することで、カット&ペーストやリライトなしにコピーを容易に再利用します。

コンテンツフラグメントの詳細

埋め込みのレイアウトを使用して、テキストやその関連メディアなどを含む、ひとつまたは複数のコンポーネントグループを作成、管理します。コンテンツを一度編集すれば、統合されたひとつの基盤から社内外のあらゆるメディアに自動配信します。

エクスペリエンスフラグメントの詳細

アドビのインコンテクストなWYSIWYGインターフェイスや、ドラッグ&ドロップ操作で編集可能なコンポーネント、シンプルなショートカット、視覚的な検索、再利用可能なコンテンツなどを使用して、ページをすばやく容易に構築、公開、更新します。

インコンテクスト編集の詳細

パンくずリスト(階層リンク)、フォーム、ページナビゲーション、ティーザー、検索など、後方互換性を備えた標準装備のコンポーネントを使用してページを作成し、制作者と開発者の時間を節約します。 

すぐに利用できるコンポーネントの詳細

レイアウトやテキストサイズ、コンテンツ、ナビゲーション、画像などの要素が顧客のデバイスに合わせて自動的に調整され、チャネルをまたいで無制限に再利用できるwebデザインを実現します。

レスポンシブwebデザインの詳細

webサイト編集ツールと同様のドラッグ&ドロップ対応のエディターで、シングルページアプリケーション(SPA)を構築、管理します。また、ReactやAngularなどのオープンソースフレームワークで作成されたコンテンツを共同作業によって編集します。

シングルページアプリ編集の詳細

あらゆるコンポーネントやページをまたいでスタイルとデザインを標準化します。バックエンドの開発は必要ありません。あらかじめ定義した複数のバリエーションの中から、希望のスタイルを選択するだけで、フォントやカラー、フォーマットなどを瞬時に適用します。 

スタイルシステムの詳細

IT担当者の手を借りることなく、ページやターゲティングされた電子メールのテンプレートを作成、管理します。慣れてくれば、編集可能なコンポーネントを定義できるようになるとともに、事前に設定したテキストや画像などのコンポーネントを追加できます。

テンプレートエディターの詳細

管理

Cloud Managerを利用して、パフォーマンスやセキュリティを低下させることなく、新しい機能やアップデートを自動的にデプロイし、テストします。アドビの継続的な統合および配信(CI/CD)パイプラインにより、時間と場所を問わない恒常的なイノベーションを実現します。

Cloud Managerについて詳しく見る

タイトルやタグ、言語、ページサムネール、ライブコピーに関連づけられたプロパティなど、ページに含まれるプロパティを定義します。コンテンツフラグメントのメタデータを表示、編集します。

メタデータとプロパティの詳細

モバイルとwebのプロパティをひとつの基盤で管理し、様々なキャンペーンやメッセージングをまたいでブランドのアイデンティティを維持します。各地のビジネスユーザーは、地域ごとに固有の変更を加えてコンテンツを更新し、それぞれの地域に最適な情報を提供できます。

マルチサイト管理の詳細

共有環境でプロジェクトを作成してチームのワークフローを管理し、自動通知を利用してモニタリングします。また、すぐに利用できるワークフローを利用してプロジェクトや承認プロセスを追跡します。

プロジェクトワークフローの詳細

Adobe Exchangeの翻訳管理コネクタを利用して、翻訳のスピードを高めることができます。複数のターゲット言語を設定してグローバルな翻訳プロジェクトを管理し、機械翻訳を活かしてコストを削減できます。

翻訳機能の統合の詳細

バージョン管理とタイムワープ機能を使用して、公開済みサイトの過去のバージョンを自在に追跡します。ページのスナップショットを作成して任意のバージョンを復元したり、時間を遡って以前のページデザインを確認します。

バージョン管理の詳細

あらゆる要素を容易に一元管理

コンテンツの保管庫を手入れが行き届いた機械のように動かすことができれば、顧客がどこにいても最適なメッセージを配信できます。Adobe Experience Managerなら、アセットからプロジェクトのワークフロー、翻訳、バージョン管理まで、あらゆる要素を一元管理できます。マネージドクラウドサービスを利用すれば、IT関連の日常業務をアドビに任せることができ、革新的なエクスペリエンスの構築に集中できるようになります。

あらゆる要素を容易に一元管理

提供

オンラインとオフラインを問わず、あらゆる場所で顧客に提供

顧客の個人的な趣味趣向に即した魅力的なコンテンツを、異なる地域やデバイスをまたいで提供することは非常に難しいと思われるかもしれませんが、十分に可能です。Adobe Experience Managerなら、マシンラーニング(機械学習)と分析ツールを活用し、モバイルアプリやスマートデバイス、IoTアプリなどを使用している顧客に最も訴求力のあるコンテンツを自動的に配信できます。オンラインショッピングや店舗内ディスプレイ、ソーシャルコミュニティを活用するツールも揃っているので、あらゆるチャネルへのコンテンツ配信に対応できます。  

オンラインとオフラインを問わず、あらゆる場所で顧客に提供

オープンで広範なコマースAPIフレームワーク、既製の統合オプションによるサードパーティのコマースプラットフォームやフルフィルメントプラットフォームを活かして、ブランドのパーソナライズされたショッピングエクスペリエンスを顧客接点全体で提供および測定できます。

コマース統合の詳細

ユーザーは、自分が指示をしなくても、プログラム制御でAdobe Experience Manager Sitesのコンテンツリポジトリーにアクセスしてコンテンツを取得し、モバイルアプリ、IoTアプリ、スマートデバイス、実店舗内スクリーンなど、多数のサードパーティアプリケーションに配信できます。

サービスとしてのコンテンツの詳細

オールインワンのプラットフォーム上で、インタラクティブなキオスク端末からデジタルサイネージまで、あらゆるデジタルスクリーンを管理できます。店舗内デジタルスクリーンを利用すれば、顧客の反応を促し、実際の施設内で統一されたブランドエクスペリエンスを提供できます。

デジタルサイネージの詳細

Adobe Experience Manager Sitesは業界内で最も革新的なコンテンツ配信機能を提供します。ヘッドレスのパブリッシング環境を活かし、様々なチャネルやデバイスに容易にコンテンツを配信できます。

ヘッドレスコンテンツ管理システムについて詳しく見る

フォーラムや利用者グループなど、カスタムのオンラインコミュニティを作成して顧客や社員による情報交換を促進できます。コミュニティのコンテンツ分析およびレコメンデーションを使用して、コミュニティ活動を測定できます。

ソーシャルコミュニティの詳細

最適化

web分析とSEOのレコメンデーションを利用して、作成したページごとにパフォーマンスデータを取得します。合計ページビュー数や実訪問者数などのデータにもとづき、コンテンツに関する意思決定を向上させます。

コンテンツインサイトの詳細

位置情報や訪問者の行動属性などのリアルタイムデータにもとづくルールを使用して、特定のグループに属するサイト訪問者を瞬時にターゲティングし、すぐに利用できるツールを使用して最適なコンテンツを提供します。コーディングの必要はほとんどありません。

ルールベースターゲティングの詳細

各オーディエンスのコンバージョン率、平均注文額(AOV)、訪問者あたりの売上(RPV)、エンゲージメントなどに関するレポートを活用すれば、マーケティング活動の成果を正確に把握できます。

ターゲティングインサイトの詳細

変化するニーズに合わせて最適化

改善の余地は常に存在します。顧客体験も例外ではありません。web分析やSEO、エクスペリエンスのビジネス指標に対するパフォーマンス分析などのレポートやレコメンデーションを活用して、提供中のコンテンツの状況を常に見守りましょう。アドビはルールベースのターゲティングなどの機能を提供し、ユーザーが使い始めた当初から成果が出せるように支援します。アドビのほとんどのツールにおいて、コードを記述する必要はありません。

変化するニーズに合わせて最適化

関連コンテンツ

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。