マネージドクラウド

Adobe Experience Manager Managed Servicesを利用して、パフォーマンスやセキュリティを低下させることなく、独自の機能やアップデートを自動的にデプロイし、テストします。最先端の継続的な統合および配信(CI/CD)パイプラインにより、柔軟に設定できるツールを使用して、時間と場所を問わない恒常的なイノベーションを実現します。


イノベーションを自動化

ビジネスは常に成長し、進化し続けています。つまり、最新の優れた機能やアップデート、エクスペリエンスを常にオーディエンスに提供し続ける必要があります。継続的なアップデートの提供は、企業であれば当然のこととして求められる作業ですが、時間もリソースも必要になるになるため、実際には後回しにされることも少なくありません。 

アドビのマネージドサービスは、継続的な統合および配信(CI/CD)パイプラインを提供し、手間のかかるコードのテストとデプロイメントを自動化するとともに、コードの品質に関するインサイトを提供します。デプロイメントを意図通りに自動化し、慌てたり悩んだりすることなく、重要な機能やアップデートをスマートで戦略的に提供できるプロセスを確立できます。

次のような機能があります

カスタマイズ可能なマネージドクラウド
Experience Manager Sitesは、AWSまたはAzure上で完全にホストでき、Adobe Managed Servicesを通じて管理できます。40以上の運用地域にわたって利用することができます。

継続的デリバリー
最先端の継続的な統合および配信(CI/CD)パイプラインを使用して、パフォーマンスやセキュリティを低下させることなく、独自の機能やアップデートを自動的にテスト、デプロイできます。

エンタープライズ対応のアプリケーションセキュリティ
最高レベルのセキュリティ認証(ISO 27001、SOC-2、FedRAMP、HIPAA、GLBA)と業界のベストプラクティスを活用し、データのセキュリティとプライバシーを保護できます。

ルールベースターゲティングと分析
Managed Servicesに含まれるAdobe TargetとAdobe Analyticsの基本的なターゲティング機能と分析機能を利用可能です。

Cloud Manager
IT担当者は、セルフサービスポータルを利用して、Adobe Experience Manager Sitesアプリケーションのクラウド環境にアクセスし、管理やモニタリングを容易に実行し、詳細に管理できます。

パフォーマンスの監視
高度な監視ツールと99.5~99.99パーセントの稼動率を保証するサービスレベル契約(SLA)により、重要なデジタル資産の応答速度と可用性を最大限に高めることができます。

専門家によるサポート
アドビの専門家によるサポートを受けられます。クラウドでAdobe Experience Managerを実行するためのガイド付きのオンボーディングや稼動開始サポート、ベストプラクティスなどを利用でき、テクノロジーへの投資に対して最大限の成果を引き出すことができます。

マネージドクラウドの詳細

デプロイメントの時間を短縮

Adobe Experience Manager Managed Servicesを利用して、マーケターやIT担当者がバージョンのアップグレードやローンチ、デプロイメントに費やしている時間を短縮する方法をご覧ください。 

さらに詳しく

関連機能

プロジェクトワークフロー

共有環境でプロジェクトを作成してチームのワークフローを管理し、自動通知を利用してモニタリングします。また、すぐに利用できるワークフローを利用してプロジェクトや承認プロセスを追跡します。

バージョン管理

バージョン管理とタイムワープ機能を使用して、公開済みサイトの過去のバージョンを自在に追跡します。ページのスナップショットを作成して任意のバージョンを復元したり、時間を遡って以前のページデザインを確認します。

レスポンシブwebデザイン

レイアウトやテキストサイズ、コンテンツ、ナビゲーション、画像などの要素が顧客のデバイスに合わせて自動的に調整され、チャネルをまたいで無制限に再利用できるwebデザインを実現します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。