メディアライブラリ

Adobe Experience Managerのメディアライブラリは、Experience Managerのコンテンツリポジトリーの一部として機能し、画像などの共有リソースを格納します。Adobe Experience Managerのデジタルアセット管理機能を使用します。


マシンラーニングを活用してあらゆるメディアアセットを自在に管理

webサイトの魅力は、メディア次第で決まります。しかし、息を呑むほどすばらしい写真や、顧客の目を釘付けにする動画があっても、コンテンツ作成者が膨大なファイルの中からそれを容易に見つけ出せなければ、意味がありません。タグ付けやアーカイブを適切に管理できなければ、優れたコンテンツを提供することはできないのです。また、アセット管理を重視しているとしいても、画像や音声ファイル、動画、ドキュメントなどを効果的に管理できるツールがなければ、時間と労力ばかりが増加します。

Adobe Experience Manager Sitesには、共同作業を容易にするwebベースのアセット管理基盤が含まれています。コンテンツ制作に関わるあらゆる担当者が一貫性を保ちながら、効率的に作業することができ、これまで抱えていた様々な問題を解消できます。

次のような機能があります

webベースのリポジトリー 
既存のwebコンテンツ管理システムとの整合性や、オンサイトサーバーに関する問題を心配することなく、デジタルアセットを格納できます。

メタデータのサポート 
メタデータを活用できなければ、画像の価値は大きく損なわれます。メタデータを効果的に管理することにより、必要なアセットをすぐに見つけ出せる環境が整います。メディアライブラリなら、アセットのメタデータやバージョン、ワークフロー、その他のアクティビティを容易に管理できます。

メディアライブラリの詳細

必要なアセットをすぐに発見

AEM Assetsとメディアライブラリを使用して、必要なアセットをすぐに見つけ出す方法をご覧ください。

今すぐ読む

関連機能

マルチサイト管理

モバイルとwebのプロパティをひとつの基盤で管理し、様々なキャンペーンやメッセージングをまたいでブランドのアイデンティティを維持します。各地のビジネスユーザーは、地域ごとに固有の変更を加えてコンテンツを更新し、それぞれの地域に最適な情報を提供できます。

テンプレートエディター

IT担当者の手を借りることなく、ページやターゲティングされた電子メールのテンプレートを作成、管理します。慣れてくれば、編集可能なコンポーネントを定義できるようになるとともに、事前に設定したテキストや画像などのコンポーネントを追加できます。

バージョン管理

バージョン管理とタイムワープ機能を使用して、公開済みサイトの過去のバージョンを自在に追跡します。ページのスナップショットを作成して任意のバージョンを復元したり、時間を遡って以前のページデザインを確認します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。