顧客が求めるパーソナライズされたエクスペリエンスを提供 

管理しているwebサイトの規模や数にかかわらず、地理的条件や文化、言語の違いを超え、心に響くコンテンツで顧客にしっかりとリーチできる仕組みがあります。

パーソナライズされたエクスペリエンスに関する概要ビデオをぜひご覧ください。

最適なエクスペリエンスを容易に創出

顧客をひとりの個人として扱う丁寧な対応

ブランドに愛着を持っている顧客は、自分も同様にブランドから大切にされたいと思っています。ひとりやふたりの顧客を特別な気分にさせることは容易です。しかし、あらゆるオーディエンスと地域をまたいで、高度にパーソナライズされたコミュニケーションを提供するとなると、多くのマーケターは頭を抱えてしまうでしょう。特に、手作業によるプロセスが多く、顧客データがシステムごとに分散している場合は、マーケターはIT部門を頼りにし、シームレスに連携していない旧式のテクノロジーを利用していることが通常です。

真の意味でのパーソナライゼーションを実現するには、データの深い理解やターゲティングされたコンテンツとその効果を、バランスよく考慮しなければなりません。まず、顧客のニーズと行動、購買傾向を十分に把握できるインサイトが必要です。次に、定義したルールにもとづいてパーソナライズされたコンテンツを配信します。最後に、コンテンツの効果を把握し、その結果にもとづいて次回のコンテンツを細かく改善し、徐々に優れたエクスペリエンスを提供できるようにしていきます。 

Adobe Experience Managerプレイブックを読む(英語)

アドビがお手伝いします

アドビがお手伝いします

顧客のニーズを正確に理解できれば、それを提供するのは容易です。Adobe Experience Manager Sitesを使用すれば、既知の顧客と匿名の顧客の属性を結び付け、様々なソースから得たデータをつなぎ合わせて統合顧客プロファイルを構築し、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供できます。また、コンテンツに関する詳細なインサイトを提供し、顧客がどんなエクスペリエンスを望み、何を望んでいないのかを把握できるようにします。さらに、コンバージョンと収益に関するレポートを通じて、コンテンツの変更が収益に及ぼす影響を把握することも可能にします。 

オーディエンスのセグメンテーションと人工知能(AI)、マシンラーニング(機械学習)を活用することで、適切な相手にタイミングよくリーチできるようになり、顧客ごとに高度にパーソナライズされたデジタルエクスペリエンスをひとつの基盤から提供できます。また、アドビのハイブリッドソリューションでは、ヘッドレス方式と従来方式の両方の長所を活用できるので、IT部門の助けをほとんど借りることなく、複数のチャネルをまたいでコンテンツを管理できます。

Manulife

「デジタルマーケティングによって顧客のニーズをより詳細に把握し、アプローチをカスタマイズして効果的に顧客にリーチできます」

工藤然氏(日産自動車、日本デジタルカスタマーエクスペリエンス部主管)

エクスペリエンスをパーソナライズするための機能

ルールベースターゲティング

位置情報や訪問者の行動属性などのリアルタイムデータにもとづくルールを使用して、特定のグループに属するサイト訪問者を瞬時にターゲティングし、すぐに利用できるツールを使用して最適なコンテンツを提供します。コーディングの必要はほとんどありません。

コンテンツインサイト

web分析とSEOのレコメンデーションを利用して、作成したページごとにパフォーマンスデータを取得します。合計ページビュー数や実訪問者数などのデータにもとづき、コンテンツに関する意思決定を向上させます。

ターゲティングインサイト

オーディエンスごとのコンバージョン率や平均注文額(AOV)、訪問者あたりの売上(RPV)、エンゲージメントなどに関するレポートを活用すれば、マーケティング活動の成果を正確に把握できます。

関連コンテンツ

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。