ターゲティングインサイト

オーディエンスごとのコンバージョン率や平均注文額(AOV)、訪問者あたりの売上(RPV)、エンゲージメントなどに関するレポートを活用すれば、マーケティング活動の成果を正確に把握できます。


正確なデータが成功率を向上

オーディエンスセグメントのターゲティングは極めて有効な戦略であり、コンテンツをパーソナライズすれば効果はさらに上がります。しかし、そうした取り組みが実際に売上に貢献していることを確認するまで、その成否を判断することはできません。売上につながっていない場合は、効果が現れるまでメッセージを微調整していく必要があります。それを実現するには、リアルタイムのデータが必要になります。

ターゲティングインサイトは、ターゲティングが売上や収益にどう影響しているのかを含め、マーケティングに欠かせない情報をカスタマイズ可能なレポートとして提供します。これらの情報は、ターゲティングの改善だけでなく、パーソナライズされたコンテンツの改善にも役立てることができます。その成果は、最終的に収益性の向上をもたらします。

次のような機能があります

次のような機能があります

わかりやすいレポート
アクティビティステイタス、成功したエクスペリエンス、アクティビティソースなど、レポート内の各セクションの内容とその意味をわかりやすく提示します。

自在なカスタマイズ
オーディエンスや日付範囲、アクティビティ、設定などを選択し、必要なインサイトをレポートとして入手できます。利用できる設定は選択したアクティビティによって異なりますが、カウント方法、コントロール、環境は常に指定できます。

レポートの指標
事前に設定された成功指標の中から、主要業績評価指標(KPI)にもとづいて必要な指標を選択でき、テストを容易に作成して成果の向上につなげることができます。

ターゲティングインサイトの詳細

レポート機能をすぐに活用

レポート機能をすぐに活用

レポートの使用方法とテスト方法の基礎をご覧ください。

さらに詳しく

パーソナライズされたカスタマージャーニーを構築

一貫性のあるカスタマージャーニーの構築に必要なパーソナライゼーションとターゲティングの詳細をご覧ください。

さらに詳しく

パーソナライズされたカスタマージャーニーを構築

関連機能

レスポンシブwebデザイン

レイアウトやテキストサイズ、コンテンツ、ナビゲーション、画像などの要素が顧客のデバイスに合わせて自動的に調整され、チャネルをまたいで無制限に再利用できるwebデザインを実現します。

コンテンツインサイト

web分析とSEOのレコメンデーションを利用して、作成したページごとにパフォーマンスデータを取得します。合計ページビュー数や実訪問者数などのデータにもとづき、コンテンツに関する意思決定を向上させます。

ルールベースターゲティング

位置情報や訪問者の行動属性などのリアルタイムデータにもとづくルールを使用して、特定のグループに属するサイト訪問者を瞬時にターゲティングし、すぐに利用できるツールを使用して最適なコンテンツを提供します。コーディングの必要はほとんどありません。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。