翻訳機能の統合

Adobe Exchangeの翻訳管理コネクターを利用して、翻訳のスピードを高めます。ひとつの翻訳プロジェクトで複数のターゲット言語を設定し、グローバルな翻訳プロジェクトを編成および管理しながら、マシンラーニング(機械学習)を翻訳作業に活かしてコストを低減します。


マルチ言語にワンクリックで対応

ひとつの言語だけでwebサイトを構築する時代は終わりました。様々な地域にいる人々や地球の反対側にいる顧客を含め、あらゆるオーディエンスに働きかけるためには、複数の言語でwebサイトを構築する必要があります。しかしそのためには専任の翻訳者と契約したり、サイトの文言をオンライン翻訳ツールにコピー&ペーストするといった厄介な作業を推進するためのスタッフを確保する必要があります。

翻訳機能の統合を利用しましょう。アドビの組み込みのツールを利用すれば、翻訳作業を大幅に効率化し、高速化できるます。コピーからコンテンツフラグメント、画像メタデータに至るまで、サイト上のアセットを複数の言語ですばやく設定できます。

次のような機能があります

翻訳管理の統合
Adobe Exchangeの主要な翻訳ベンダーを活用し、Adobe Experience Manager Sitesと統合できます。編集と承認を効率化し、複数のコンテンツ作成者や新規のコンテンツ作成者が容易に共同作業を進めることができます。

人による翻訳と機械翻訳の両方をサポート
人と機械をうまく使い分けましょう。機械翻訳を利用すれば、膨大な量の幅広いコンテンツをすばやくローカライズできますが、Adobe Experience Manager Sitesでは、その使用パターンを分析し、人による翻訳が必要な場所を特定することも可能です。

翻訳機能の統合についての詳細

コンテンツフラグメントの概要

Adobe Experience Manager Sitesで効率的かつ迅速にサイトを複数の言語に翻訳する方法をご確認ください。

翻訳機能統合のベストプラクティス

翻訳を大規模なグローバル化戦略に組み込む必要がある理由をご覧ください。

さらに詳しく

関連機能

マルチサイト管理

モバイルとwebのプロパティをひとつの基盤で管理し、様々なキャンペーンやメッセージングをまたいでブランドのアイデンティティを維持します。各地のビジネスユーザーは、地域ごとに固有の変更を加えてコンテンツを更新し、それぞれの地域に最適な情報を提供できます。

メタデータとプロパティ

タイトルやタグ、言語、ページサムネール、ライブコピーに関連づけられたプロパティなど、ページに含まれるプロパティを定義します。コンテンツフラグメントのメタデータを表示、編集します。

レスポンシブwebデザイン

レイアウトやテキストサイズ、コンテンツ、ナビゲーション、画像などの要素が顧客のデバイスに合わせて自動的に調整され、チャネルをまたいで無制限に再利用できるwebデザインを実現します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。