ユーザー生成コンテンツ

ソーシャルメディアチャネルからユーザー生成コンテンツ(UGC)をインポートすれば、コンテンツ作成を高速化し、webサイトを新鮮な状態に保つことができます。UGCを手動でアップデートすることも、モデレーションルールを作成して、信頼できる高品質な情報を継続的に公開することも可能です。


労力をかけずにコンテンツを増やす

日々、数十億点に上るソーシャルコンテンツが生成されていますが、その一部は、顧客がブランドについて何かを発信したコンテンツです。良質なUGCを利用すれば、顧客目線でブランドの魅力を高め、サイトでの滞在時間を延ばしてエンゲージメントを促進できます。常に自前で新しいコンテンツを作り続けるという労力も軽減できます。しかし、UGCを取得して利用すべきものを選別し、持ち主の使用許可を得る作業は大変な労力を必要とします。

Adobe Experience Managerを使用すれば、顧客が信頼するコンテンツを見つけ出し、使用する部分を決定してサイトに直接インポートできます。その結果時間を節約することができ、魅力的なカスタマーエクスペリエンスの提供に取り組めます。

次のような機能があります

UGCのリアルタイム調達
お気に入りのソーシャルチャネルで検索を実行し、新鮮で適切なコンテンツをすばやく効率的に見つけ出すことができます。

サイトに直接ドラッグ&ドロップ
Media Walls、Filmstrips、CarouselsなどのUGCビジュアライゼーションや、コメント、レビュー、投票などのエンゲージメント要素をすばやく追加できます。それぞれの要素はすばやく実装し、様々な用途に合わせてカスタマイズし、あらゆるデバイスに対応させることができます。

迅速かつ効率的に公開
サイトのビジュアライゼーションエクスペリエンスにUGCをインポートすることで、信頼できるコンテンツをリアルタイムに追加し、コンテンツ制作を迅速化できます。

常に新鮮なコンテンツ
サイトにビジュアライゼーションを配置した後は、UGCを手動でアップデートすることも、モデレーションルールを作成して、信頼できる高品質な情報を継続的に公開することもできます。

利用許諾申請を簡略化
組み込みの利用許諾申請ワークフローを使用すれば、安心して利用許諾を取得でき、UGCを利用する際の法的な懸念を解消できます。

ユーザー生成コンテンツの詳細

ユーザー生成コンテンツの活用 

認証やソーシャル共有、イベントトラッキングなどを扱えるアプリを構築する方法をご覧ください。

さらに詳しく(英語)

UGCの活用方法

収集したUGCを活用してコンテンツ制作を加速し、より深く顧客とつながる方法をご覧ください。

さらに詳しく(英語)

関連機能

エクスペリエンスフラグメント

コンテンツとレイアウトをグループ化し、チャネルに依存しない再利用可能なフラグメントを作成します。このフラグメントはあらゆるスクリーンへの公開が可能で、複数のクリエイティブアセットを作成することなく、あらゆるメッセージとデザインに一貫性を持たせます。

スタイルシステム

あらゆるコンポーネントやページをまたいでスタイルとデザインを標準化します。バックエンドの開発は必要ありません。あらかじめ定義した複数のバリエーションの中から、希望のスタイルを選択するだけで、フォントやカラー、フォーマットなどを瞬時に適用します。

シングルページアプリ編集

webサイト編集ツールと同様のドラッグ&ドロップ対応のエディターで、シングルページアプリケーション(SPA)を構築、管理します。また、ReactやAngularなどのオープンソースフレームワークで作成されたコンテンツを共同作業によって編集します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。