webコンテンツ管理システムで顧客のすばやい行動   

顧客は、自分のために用意されたコンテンツをいつでも必要なときに受け取りたいと期待しています。その期待に応え、企業はコンテンツを柔軟に提供できる能力を備えなければなりません。マーケターと開発者が同時に使用できる、十分な柔軟性を備えたwebコンテンツ管理基盤なら、常に最適なコンテンツフローを維持し、顧客を魅了し続けることができます。 

果てしないデジタルへのニーズ

新しいマイクロサイトを立ち上げるたびに、コンテンツを適切に維持し、多言語に翻訳してローカライズし、5.5インチ画面のモバイルデバイスから27インチのデスクトップPCに至るまで、ありとあらゆるデバイスで美しく表示させなければなりません。こうしたニーズに応えるために、マーケターやIT担当者に求められる能力には果てしないものがあります。今日、あらゆる企業が優れたwebコンテンツ管理基盤を求めている理由は、そこにあるのです。

コンテンツが別々のシステムで保管され、情報がサイト訪問者の興味関心に合っておらず、数分で終わる単純な編集作業に数日間を要するような状況は、顧客体験の質を落とし、競争力の低下を招きます。それを避けるためには、すばやくコンテンツにアクセスし、制作を促進できるツールが必要です。より的確に顧客をターゲティングできるツールや、webサイトを含むあらゆるデバイスに容易にコンテンツを公開できるツールも必須です。

つまり、コンテンツで戦えるツールが必要なのです。それは、マーケターや開発者がすぐに必要なコンテンツにアクセスできるように、あらゆるコンテンツを1ヶ所で管理し、スタッフの能力を最大限に生かせる優れたツールを備え、ワークフローのボトルネックを意識しないで済むツールです。最適な環境を整備できれば、組織の生産性が高まり、サイトやコンテンツがすばやく提供され、トラフィックが増大して、収益をさらに向上させることができます。

次のような機能があります

Adobe Experience Manager Sitesは、パーソナライズされた魅力的なコンテンツをすばやく作成、管理し、あらゆるサイト訪問者に提供できるデジタル基盤です。それこそが、Gartnerの「Magic Quadrant for Web Content Management(WCM)」において、8年連続で市場のリーダーと評価されている理由です。また、Forresterの、「The Forrester Wave™:webコンテンツ管理システム」レポートでも、4年間連続で市場のリーダーと評価されています。

ドラッグ&ドロップ操作による使いやすいインターフェイス、すぐに利用できるコンポーネント、直観的に使えるテンプレートエディターなどを利用して、最低限の労力でスピーディにコンテンツを提供できます。同時に、カスタムコンポーネントやシングルページアプリケーション(SPA)などを利用して、開発者が自由にイノベーションを生み出せる柔軟性も備えています。その結果、規模の大小を問わず、顧客が求めるコンテンツをカスタマージャーニーのあらゆる段階で提供できるようになります。カスタマージャーニーの段階がどれほど多くなってもそれは同様です。

「Adobe Experience Managerを活用し、1週間かかっていた作業を20分で完了できるようになりました。市場のニーズに応じた変更を管理できるようになり、チームの業務スピードも大幅に向上しました」

Kamran Shah氏(Silicon Labs、コーポレートマーケティングディレクター)

 

webコンテンツ管理機能

すぐに利用できるコンポーネント

パンくずリスト(階層リンク)、フォーム、ページナビゲーション、ティーザー、検索など、後方互換性を備えた標準装備のコンポーネントを使用してページを作成し、制作者と開発者の時間を節約します。

インコンテクスト編集

アドビのインコンテクストなWYSIWYGインターフェイスや、ドラッグ&ドロップ操作で編集可能なコンポーネント、シンプルなショートカット、視覚的な検索、再利用可能なコンテンツなどを使用して、ページをすばやく容易に構築、公開、更新します。

レスポンシブwebデザイン

レイアウトやテキストサイズ、コンテンツ、ナビゲーション、画像などの要素が顧客のデバイスに合わせて自動的に調整され、チャネルをまたいで無制限に再利用できるwebデザインを実現します。

 

その他の利点

人工知能を活用した拡張性

人工知能を活した
拡張性

クロスチャネルの
コンテンツ

クロスチャネルコンテンツ

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。