調整自在なエクスペリエンスであらゆるチャネルに対応

顧客に効果的にリーチするには、オンラインや印刷物、POS端末などを含むあらゆるチャネルに対応できる戦略が必要です。調整自在なエクスペリエンスなら、webサイトや電子メール、シングルページアプリ、IoTアプリなど、チャネルやデバイスを問わず、一度作成したコンテンツをあらゆるチャネルで容易に再利用できます。

あらゆるチャネル向けにコンテンツを配信

顧客へリーチするためにサポートしなければならないチャネル数が増えるにつれ、カスタマージャーニー全体を通じて、多様なチャネルと顧客接点に対応できるエクスペリエンスを構築、管理することが、途方もなく困難な仕事のように感じられるかもしれません。しかし、ハイブリッドCMSを使用すれば、デジタルプレゼンスをwebサイトだけに留まらず、IoT、実店舗や会場内の看板、シングルページアプリ、最新のwebアプリなどにも容易に拡大できます。

新旧の様々なチャネルをまたいで最適なエクスペリエンスを提供できる機能を活用すれば、デジタル戦略を容易に実践できます。再利用可能で、自己完結型の調整自在なエクスペリエンスを創出し、広告や自社サイト、ソーシャルメディアなど、あらゆるチャネルに対応できるコンテンツをすばやく容易に作成できます。また、配信チャネルやオーディエンスセグメント、その他のビジネスルールにもとづいて、コンテンツのバリエーションを管理することも可能です。

ヘッドレスとチャネル中心の両方の制作環境を備えたハイブリッドCMSを利用すれば、ひとつに統合された拡張可能な基盤から、あらゆるチャネルやデバイス、顧客向けのデジタルエクスペリエンスを提供できます。

アドビがお手伝いします

Adobe Experience Mangerは、マーケターとIT担当者を支援し、魅力的なデジタルエクスペリエンスの提供を可能にする豊富な機能を提供しますが、調整自在なエクスペリエンスを活用することで、それがさらに容易になります。コンテンツフラグメントやエクスペリエンスフラグメント、コンテンツサービスを利用すれば、web、モバイル、音声、スクリーン、IoT、シングルページアプリなどを含むあらゆるチャネルでコンテンツを容易に再利用できます。

マーケティングチームは、webサイトのコンテンツをすばやく容易に変更できるようになります。コンテンツは、コーディングを必要とすることなく、自社のあらゆるチャネルで自動的に更新されます。ITチームは、アプリケーションを開発し、IoTアプリやキオスク端末などの外部チャネルにコンテンツを公開できます。しかし、最大の恩恵を得るのは顧客です。デバイスの種類を問わず、あらゆるチャネルを通じてデジタルコンテンツをスムーズに利用できるようになります。

動画を見る

SPAR ICS

「Adobe Experience Managerのおかげで、あらゆる顧客接点をまたいで魅力的なデジタルエクスペリエンスを提供できる統合された基盤を構築できました」

Oliver Simmerstatter氏(SPAR ICS、エンタープライズアーキテクト)

機能

サービスとしてのコンテンツ

ユーザーが指示しなくても、プログラム制御によってAdobe Experience Manager Sitesのコンテンツリポジトリーにアクセスしてコンテンツを取得し、モバイルアプリ、IoTアプリ、スマートデバイス、実店舗内スクリーンなど、多数のサードパーティアプリケーションに配信します。

エクスペリエンスフラグメント

コンテンツとレイアウトをグループ化し、チャネルに依存しない再利用可能なフラグメントを作成します。このフラグメントはあらゆるスクリーンへの公開が可能で、複数のクリエイティブアセットを作成することなく、あらゆるメッセージとデザインに一貫性を持たせます。

シングルページアプリ編集

webサイト編集ツールと同様のドラッグ&ドロップ対応のエディターで、シングルページアプリケーション(SPA)を構築、管理します。また、ReactやAngularなどのオープンソースフレームワークで作成されたコンテンツを共同作業によって編集します。

関連トピックス

その他の利点

コンテンツ
インテリジェンス

マーケティング
とITを加速

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。