実績のあるクラウドの拡張性とセキュリティで変化に対応

顧客や市場は常に変化しています。クラウドの拡張性とセキュリティがあれば、そうした変化に対してより細かく迅速に対応し、カスタマイズできます。数週間や数ヶ月の単位ではなく、数時間で対応可能です。需要に合わせてスケールアップやスケールダウンをおこないながら、コンテンツの公開や更新に伴うリスクを軽減し、最も高度なセキュリティ規格を適用することもできます。

スピード、セキュリティ、効率を向上させる、一石三鳥のソリューション

顧客満足度を維持するためには、高いパフォーマンスを発揮できるアプリケーションが必要です。同時に、パフォーマンスやセキュリティを犠牲にせずに、イノベーションやアップデートの市場投入に要する時間と労力を低減する必要もあります。

Cloud Managerを導入すれば、目的ごとに構築された継続的な統合および配信(CI/CD)パイプラインによって複雑なコードのテストや開発プロセスを自動化し、市場投入を高速化するとともに、クラウドで運用されるAEMによって業務効率を向上させ、社内のリソースをより価値の高い業務に振り向けることができます。

また、最大99.99%の可用性と24時間365日の監視ツールを提供する保証付きのサービスレベル契約(SLA)により、重要度の高いデジタルエクスペリエンスの提供を確実に維持します。データセキュリティやプライバシーに関しても、最高レベルのセキュリティ認定(ISO 27001、SOC-2)や業界標準(FedRAMP、GLBA、HIPAA)への準拠、データの暗号化と分離によって、極めて高い安全性を確保します。これ以上に容易かつ効果的なソリューションは他に例を見ません。

動画を見る(英語)

アドビがお手伝いします

Adobe Experience Manager Managed Servicesは、立ち入り制限のある施設内で管理されたファイアウォールシステムまたは仮想プライベートクラウドの内側で、エンタープライズ企業が安心して利用できるレベルの物理的なセキュリティと、ネットワークおよびデータのセキュリティを確保しています。これには、強力なデータ暗号化とウィルス対策、データ分離機能を備えたシングルテナント型の仮想マシンなども含まれます。

アドビはデジタル業界をリードする企業として、テストやアーキテクチャのベストプラクティスを自動的に適用し、ユーザーがパフォーマンスやセキュリティを犠牲にせずに独自の機能やアップデートをテストできる環境を用意しています。サービスのパフォーマンス低下を防ぐためのイベント監視や予測対応も提供しています。最も重要なのは、順応性の高いツールによって、時と場所を問わずイノベーションを実現できるようにしている点です。アドビのマネージドクラウドは、ロケット工学には及ばないかもしれませんが、それに匹敵する高度なテクノロジーです。

動画を見る

Synopsysのロゴ

「Adobe Experience Managerは圧倒的でした。極めて使いやすいだけでなく、機能性と拡張性の面でも最も優れています」

Dave DeMaria氏(Synopsys、コーポレートマーケティング担当コーポレートバイスプレジデント)

機能

スマートタグ

コンテンツのタグ付けを自動化します。Adobe Senseiの人工知能とマシンラーニングでアセットの内容を理解し、企業固有のキーワードを用いてインテリジェントなタグを生成します。

スマート切り抜き

Adobe Senseiの人工知能(AI)を利用して画像内の重要部分を自動的に検出して切り抜き、高品質なスォッチを作成します。

テキスト自動要約

Adobe Senseiが持つ自然言語処理のテクノロジーを活用し、相手先デバイスの画面サイズに合わせてテキストを自動的に要約します。一度作成したテキストは、チャネルをまたぐエクスペリエンス全体にわたって容易に再利用できます。

関連コンテンツ

その他の利点

マーケティング
とITを加速

コンテンツ
インテリジェンス

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。