コンテンツインテリジェンスでコンテンツのプロになる

コンテンツインテリジェンスを利用すれば、知識と発見が増え、さらに多くの改善が可能になります。アドビの人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)のプラットフォームであるAdobe Senseiを活用すれば、顧客の趣味趣向に関する有用なインサイトを取得し、発見や作成のプロセスを自動化して時間を節約できるスマートなコンテンツサービスを利用できます。

コンテンツと顧客をスマートに分析

コンテンツと顧客をスマートに分析

できることには限度があり、その処理速度にも限界があります。キャンペーンに適したアセットを見つける場合でも、写真の切り抜きなどのデザイン編集をおこなう場合でも、作業が増えるたびに市場投入は遅れます。検索対象のデータやアセットが多すぎると、必要な答えやアセットにたどり着けない場合もあります。そうなると、アセットをいちから作り直したり、パーソナライゼーション自体を中止したりすることになります。

しかし、コンテンツインテリジェンスを利用すれば、人工知能やマシンラーニング、アドビの大規模なデータ基盤のスピードを生かし、作業を自動化できます。この強力な組み合わせにより、必要なアセットを見つけて迅速にカスタマイズし、顧客の趣味趣向に合わせてオファーをパーソナライズできます。

スマートタグやスマート切り抜き、高度な画像処理などを含むスマートコンテンツサービスにより、画像やテキストを容易に再利用できます。コンテンツの作成を自動化し、パーソナライズされたオファーを多数のオーディエンスに提供できます。スマートなアセンブリや自動フォーム変換により、従来のPDFフォームやコンテンツに含まれる画像とテキストが、デジタル配信向けに最適化されます。こうした機能によって、最も効果的なデジタルエクスペリエンスを提供し、大きな収益を生み出すことができます。

アドビがお手伝いします

アドビがお手伝いします

Adobe Experience Managerは、マーケティングチームとITチームが優れたデジタルエクスペリエンスを提供できるように支援するツールです。Adobe Senseiを利用したコンテンツインテリジェンスと、アドビの大規模なデータプラットフォームとの連携を生かし、有用なインサイトを取得したり、コンテンツの発見や作成プロセスを自動化できます。

アセットライブラリに画像があふれていても、スマートタグを利用すれば、最適な画像を迅速に検索し、利用できます。また、自動フォーム変換により、極めて容易な操作で従来のPDFをデジタル化できます。その後、スマートアセンブリによってデザインを最適化できます。最も重要なのは、顧客ごとにパーソナライズされたコンテンツを迅速に市場に投入し、収益を高めることができる点です。

さらに詳しく(英語)

Silicon Labs

「タグ付けによって自社製品を定義し、マーケティングを強化する方法をより詳細に把握できます。Adobe Experience Managerのコンテンツのタグ付け機能は、当社のデジタル戦略の要になっています」

Kamran Shah氏(Silicon Labs、コーポレートマーケティングディレクター)

機能

スマートタグ

コンテンツのタグ付けを自動化します。Adobe Senseiの人工知能とマシンラーニングでアセットの内容を理解し、企業固有のキーワードを用いてインテリジェントなタグを生成します。

スマート切り抜き

Adobe Senseiの人工知能(AI)を利用して画像内の重要部分を自動的に検出して切り抜き、高品質なスォッチを作成します。

テキスト自動要約

Adobe Senseiが持つ自然言語処理のテクノロジーを活用し、相手先デバイスの画面サイズに合わせてテキストを自動的に要約します。一度作成したテキストは、チャネルをまたぐエクスペリエンス全体にわたって容易に再利用できます。

関連トピックス

その他の利点

コンテンツインテリジェンス

クラウドの拡張性
とセキュリティ

調整自在な
エクスペリエンス

マーケティングとITを加速

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。