Adobe Experience ManagerとMicrosoft Dynamics 365の連携
Adobe Experience ManagerとMicrosoft Dynamics 365の連携

顧客を深く理解することで最適なコンテンツを提供

顧客の心をつかむには、その顧客の期待に応える必要があります。継続的にアップデートされる単一の顧客プロファイルを利用すれば、顧客の求める細やかなサービスを提供できます。

パーソナライゼーションと拡張性

パーソナライゼーションと拡張性

Adobe Experience Manager Sitesで、CRMデータを利用できるようになりました。これにより、ターゲティングされたコンテンツとパーソナライズされたキャンペーンを大規模に展開して、コンバージョンとロイヤルティを向上できます。

Adobe Experience Manager Sitesについて詳しく見る ›

パーソナライズされたコンテンツを組織全体で共有

Microsoft Dynamics 366のCRMデータをAdobe Experience Manager Assetsに取り込む際に、それぞれのアセットを関連付け、中央ハブから利用できるようにします。

Adobe Experience Manager Assetsについて詳しく見る ›

パーソナライズされたコンテンツを組織全体で共有
フォーム入力のプロセス全体をカスタマイズ

フォーム入力のプロセス全体をカスタマイズ

フォームの作成、事前入力、カスタマイズが可能です。Adobe Experience Manager FormsとMicrosoft Dynamics 365 for Salesの間で、リード作成やその他のアクティビティを自動的に同期できます。

Adobe Experience Manager Formsについて詳しく見る ›

優れたデジタルエクスペリエンスは、堅牢なデジタル基盤の上に成り立ちます。

パーソナライズされた一貫性のあるエクスペリエンスを提供することは容易ではありませんが、しっかりとしたデジタル基盤があれば、あらゆるチャネルをまたいでブランドコンテンツを容易に管理し、それぞれの顧客接点で顧客一人ひとりに最適な体験を提供できます。

マーケティングにおけるビッグデータの可能性が翻訳によって失われる

セールス部門とマーケティング部門を隔てる5つの障壁とその克服方法

企業が直面している主な課題と、それらの課題が原因で失う企業の時間、顧客、利益についてご説明します。

アドビとマイクロソフトの連携に関するリソース

アドビとマイクロソフトの連携に関するリソース

アドビとマイクロソフトのパートナーシップについて詳しく説明するデモ動画、事例、記事などをまとめました。

アドビとマイクロソフトのパートナーシップについて

製品間の連携や、共同でおこなう製品サポートなどについてご紹介します。

アドビとマイクロソフトの提携がお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

アドビとマイクロソフトの提携がお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。