Adobe Experience Managerの新機能

現在のデジタル時代で勝ち抜くためには、常にイノベーションが欠かせません。最新版のAdobe Experience Manager 6.5では、ビジネスをかつてないスピードで進化させる、魅力的な新機能が利用可能です。

動画のスマート切り抜き

動画内の重要部分を自動検出し、固定の縦横比で切り抜きます。重要部分はフレーム全体を通して、自動で追尾します。

さらに詳しく

ヘッドレスCMS機能の強化

ヘッドレスCMS機能の強化

Adobe Experience Managerや使用中のフロントエンドフレームワークでエクスペリエンスを構築する際に、Adobe Experience ManagerをHTTP API対応のコンテンツエンジンとして利用して、構造化されたコンテンツモデルやJSON形式で出力します。

さらに詳しく

ビジュアルサーチ

デジタルアセット検索

Adobe Senseiの人工知能(AI)を利用して、容易にコンテンツを検索できます。選択しているアセットの内容やカラースキームを人工知能が認識し、DAM内のアセットの中から類似するものを見つけ出します。

さらに詳しく

Adobe Experience Manager Sites

Adobe Experience Manager Sitesの最新リリースでは、パーソナライズされたエクスペリエンスの構築、管理、提供を、人工知能を利用して迅速におこなえるという従来の長所はそのままに、さらなるパワーアップが図られました。

最新のAdobe Experience Manager Sitesでは、カスタマージャーニーのあらゆるチャネルを通じて、顧客の期待に応えるエクスペリエンスをこれまで以上に容易に構築できます。重要な新機能のひとつが、Adobe Experience Managerをヘッドレスコンテンツ管理システムとして使用するための開発者向けツールキットです。これには、新しいHTTP APIや、Magento Commerce用のGraphQL APIが含まれています。新しいコンポーネントはすぐに制作に利用でき、エクスペリエンスの公開までにかかる時間をさらに短縮できます。マーケターにとっては、複数チャネルにまたがるコンテンツ管理の柔軟性が高まりました。従来のwebに加えて、シングルページアプリや実店舗のデジタルスクリーンといった新しいチャネルについても、コンテンツを柔軟に管理できます。

Adobe Experience Manager Sitesのすべての機能を見る

コンテンツのローカライズと翻訳、コンテクストに即した編集、変更点のプレビューなどの機能を活用して、より魅力的で適切なシングルページアプリ(SPA)を作成します。最初のページをサーバー側でレンダリングすることで、読み込み時間を短縮し、SEOのパフォーマンスを高めます。また、React/AngularベースのSPAに向けた新しいスターターキットとチュートリアルガイドを活用して、SPAを短期間で完成させることも可能です。

シングルページアプリ(SPA)編集について詳しく見る

軽量のHTTP APIを使用して、構造化されたコンテンツフラグメントをAdobe Experience Managerから取得し、シングルページアプリやモバイルアプリ、IoT、音声などのあらゆるエンドポイントに配信することで、コンテンツ配信を複数のチャネルに拡大します。

ヘッドレスCMSについて詳しく見る

GraphQL APIを使って、Magento Commerceのデータやコンテンツを効率よく取得し、アプリケーションを容易に拡張できます。Adobe Experience Manager向けの延長サポートは年内に登場する予定です。

ティーザー、カルーセル、タブなど、すぐに制作に利用できる、設定可能で拡張性を備えたコンポーネントを使用して、市場投入までの期間を短縮できます。

すぐに利用できるコンポーネントについて詳しく見る

エクスペリエンスフラグメントをJSON形式に書き出し、Adobe TargetでA/Bテストを実施したり、Adobe Senseiを利用したルールベースのパーソナライゼーションを実装したりできます。これにより、オファーやキャンペーンを様々なチャネルをまたいですばやく再利用できます。

また、バックエンドシステムから取り出したテキストを他の画像や動画の上に重ねて、価格やメニューなどの情報を動的に表示する豊かな表現を構築できます。関連するコンテンツの公開スケジュールを一括で管理できます。また、SmartSync機能により、更新部分だけをダウンロードして所要時間を短縮します。

デジタルサイネージについて詳しく見る

一連のコンテンツの公開予定を容易にスケジューリングできます。また、SmartSyncによってコンテンツの変更部分だけをインテリジェントにダウンロードし、ダウンロード時間を短縮することができます。

デジタルサイネージについて詳しく見る

あらかじめ設定されているAdobe Analyticsとの連携機能によってオフライン時のデータがキャッシュされ、再生証明の報告や、やり取りの分析などに関するインサイトを向上できます。

デジタルサイネージについて詳しく見る

Adobe Experience Manager Assets

膨大な数のデジタルアセットを制作している企業では、適切なアセットを見つけて利用するまでに、大変な労力と時間を要する場合があります。 その負担を大きく軽減するのが、Adobe Experience Manager Assetsです。Adobe Senseiの人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)を利用してアセットをすばやく検索、編集、利用することで、魅力的な新しい顧客体験を構築できます。

最新のアップデートでは、動画や写真などのアセットをすばやく検索して切り抜き、あらゆるデバイスで最適に表示するように調整する機能が加わりました。これにより、大幅に時間を節約し、作業の二度手間を省いて、思いどおりの顧客体験を構築できます。

Adobe Experience Manager Assetsのすべての機能を見る

動画内の重要部分を自動検出し、固定の縦横比で切り抜きます。重要部分はフレーム全体を通して、自動で追尾します。

スマート切り抜きについて詳しく見る

Brand Portalを通じて、アセットを作成者の環境にアップロードし、安全かつ容易に共有します。また、Brand PortalのDynamic Mediaでは、デバイスごとに表示を最適化した動画アセットを自動で生成できます。

Brand Portalについて詳しく見る

Adobe Senseiの人工知能(AI)を利用して、容易にコンテンツを検索できます。選択しているアセットの内容やカラースキームを人工知能が認識し、DAM内のアセットの中から類似するものを見つけ出します。より効率的で正確な検索プロセスを実現するために、検索ファセットはその他のファセットの選択状況に応じて動的に更新、選定されます。

デジタルアセット検索について詳しく見る

あらゆるデバイスで最適に表示される、臨場感のある360度の動画エクスペリエンスを作成、管理、提供します。

動画サポートについて詳しく見る

動画のサムネールをカスタマイズできます。動画全体の解析、コマ送り、編集をおこなって、サムネールに使うフレームを選択します。

動画サポートについて詳しく見る

Adobe Senseiのマシンラーニング(機械学習)を利用して動画を分析し、サムネール表示に適したフレームを判別します。

動画サポートについて詳しく見る

Adobe Experience Manager Forms

Adobe Experience Manager Formsを使えば、記入用紙の束と格闘する必要はありません。登録や申し込み手続き、顧客とのコミュニケーションを刷新し、合理的でパーソナライズされたデジタルエクスペリエンスを構築できます。

最新のアップデートでは、登録やコミュニケーションの手続きをペーパーレスにして自動化し、複数のチャネルに展開できます。クロスチャネルコンテンツの制作やパーソナライズも、シンプルなショートカットキーや視覚的なコンポーネントを活用して短時間で完了できます。最新機能をぜひご確認ください。

Adobe Experience Manager Formsのすべての機能を見る

紙の文書のコンテンツや書式を再現した、モバイル対応のレスポンシブなweb文書をすばやく作成、公開、調整できます。さらに、紙の文書にはないインタラクティブな機能を組み込むことも可能です。

マルチチャネルのインタラクティブなコミュニケーションで扱う長めの文書を手軽に作成し、パーソナライズを強化できます。バインドされているデータ要素とそうでないデータ要素は一目で区別でき、アクションの取り消し/やり直しや、フラグメントの展開/折りたたみ、ショートカットキーを利用できます。さらに、要素をテキストやフィールドフラグメントにドラッグ&ドロップできます。

パーソナライズされたコミュニケーションについて詳しく見る

データを明確かつ効果的に視覚化できる新しい種類のグラフを活用して、これまで以上に印象的なデジタルコミュニケーションを実現できます。表の列の設定や並べ替えが容易であるため、顧客が重要なデータをすばやく把握できます。データをExcelにエクスポートしたり、webサイトから一旦離れたりする必要もありません。

埋め込みチャートについて詳しく見る

公開鍵基盤(PKI)ベースの電子署名を使用して、信頼できる機関が個別にIDを認証することにより、世界中の厳格な法規制要件に準拠します。

電子サインについて詳しく見る

ワークフローをフォームライブラリをまたいで再利用することで、共通プロセスの適用範囲を拡大します。また、変数や独自のデータ形式を使ってワークフロー作成の手間を軽減できます。強化されたログ機能を利用すれば、フォームのワークフローをすばやくデバッグ可能です。

視覚的なワークフローエディターについて詳しく見る

Adobe Experience Manager Managed Services

いくら魅力的なデジタルエクスペリエンスでも、その構築に週単位、月単位の時間をかけるわけにはいきません。Adobe Experience Manager Managed Servicesなら、もっとスピーディな対応が可能です。ナビゲーションの変更や新機能の追加といったカスタマイズを加える場合でも、数時間から数日で完成します。

Adobe Experience ManagerのCloud Managerでは、最先端の継続的な統合および配信(CI/CD)パイプラインを構築できます。最新のリリースには、自動拡張機能や品質ゲートチェックの機能強化が含まれており、パフォーマンスやセキュリティを犠牲にすることなく、カスタマイズされた機能を頻繁に導入できます。

Adobe Experience Manager Managed Servicesについて詳しく見る

本番環境の負荷が非常に大きいときに、キャパシティの不足を的確に察知します。ピーク中は必要に応じてキャパシティを追加します。

追加的なテストとして、非本番環境のCI/CDパイプラインでのコード品質チェックや、アセットのパフォーマンステストを実施します。

スムーズなアップグレードによって、バージョンアップに要する時間を短縮し、複雑さを軽減します。AEMの最新機能をこれまで以上にスピーディに利用できるようにし、ダウンタイムを最小限に抑えます。

Adobe Experience Platformでエクスペリエンスを刷新

ひとつの基盤で、あらゆる顧客体験を向上できます。データを取り込み、標準化と整理をおこない、チャネルをまたいで活用し、優れた顧客体験をより少ない労力で提供できます。Adobe Experience Platformの詳細および顧客体験の向上にどのように役立つのかをご確認ください。

Adobe Experience Manager がお客様のビジネスにどのように役立つのかご案内いたします。

Adobe Experience Manager がお客様のビジネスにどのように役立つのかご案内いたします。