機能

広告配信の最適化

マシンラーニング(機械学習)を活用し、サードパーティの測定によるデモグラフィックセグメントを対象とした広告キャンペーンの無駄を大幅に削減します。


無駄を削減し、ターゲティングを向上させて効果の高い広告を配信

「18~49歳の女性」や「25~54歳の成人」といった漠然としたターゲットに対して効果の高い広告配信先を予測することは困難です。そのため、広告主への責任を果たすために、必要以上のインプレッションを投じてしまうことも少なくありません。こうした無駄なインプレッションは広告在庫の浪費を招き、収益性を下げてしまいます。

Adobe Primetimeがもたらす広告配信の最適化なら、この課題を解決できます。Adobe AnalyticsとAdobe Senseiのマシンラーニングを活用し、あらゆるデバイスをまたいで無駄なインプレッションを削減します。ユーザーが所有しているオーディエンスの視聴データをアドビ独自の手法で活用し、サードパーティが提供する圧倒的に優れたデータセグメントによってターゲティングを向上させます。しかも、操作はとても容易です。

次のような機能があります

Adobe Analyticsで視聴行動を把握
Adobe Analyticsがあらゆるデバイスをまたいで収集した視聴者の行動データを活用します。サードパーティのいかなるデータプロバイダーより高いマッチング率を実現できます。

Adobe Senseiのマシンラーニングを活用
マシンラーニングを活用し、サードパーティの測定によるデモグラフィックセグメント向けに最適化された予測オーディエンスセグメントを構築します。

オーディエンスセグメントを最適化
最適化されたオーディエンスセグメントは、動画広告サーバー側に設定するため、ユーザーは他のオーディエンスセグメントと全く同様に使用できます。セグメントはオーディエンスの変化に合わせて日々更新されます。

関連機能

動的な広告挿入

世界有数のメディア企業各社は、Primetimeの動的な広告挿入機能を利用して、大規模なライブイベントの際にテレビ放送品質のターゲティングされた動画広告を提供しています。

Adobe Primetimeがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Primetimeがお客様のビジネスにどのように役立つのかご案内いたします。