憶測による判断から脱却し、A/Bテストと多変量テストを駆使する客観的な意思決定へ進化

Adobe Targetを使用すれば、webのみならず、あらゆる重要な顧客接点をまたいで効果の高いエクスペリエンスが優れているかを把握できます。A/Bテストと多変量テストを通してベストなエクスペリエンスを特定し、すばやく顧客に届けることができます。

憶測によるマーケティングを脱却し、A/Bテストと多変量テストによる客観的な意思決定へ

変化が激しい時代に、テストは必須

顧客は生きている人間だからこそ、変化します。過去の成功体験にとらわれ、立ち止まっているわけにはいきません。顧客は絶え間なく進化し、競合他社も次々に出現して、進化しています。

エクスペリエンスの成功と失敗を、webサイトだけでなく顧客体験全体で把握することが求められます。自社のことを最もよく理解しているのはマーケター自身であることは間違いありませんが、思い込みや盲点によって、エクスペリエンスに加えるべき変更点を見逃してしまう可能性は、常に存在しています。

詳細かつ定期的なテストにもとづいて最適化を進めれば、そのような見落としを防ぐことができます。そのスタートとしてwebに注目することは妥当ですが、それだけでは不十分です。今日では、web以外のあらゆるチャネルに現れる顧客への対応が求められます。幸いなことに、チャネルをまたぐテストによって最新の顧客行動を直感的に把握することが可能になっています。様々な選択肢に対する顧客の行動を、先入観のない、事実にもとづくリアルタイムなテストによって把握しましょう。エクスペリエンスの全体的なレイアウトから、顧客がクリックするボタンの色に至るまで、あらゆる要素に関するインサイトを入手できます。テストの結果を見れば、何がベストかが一目瞭然になります。

アドビがお手伝いします

アドビがお手伝いします

今日、多くのマーケターが顧客体験を最適化したいと考えています。しかし、A/Bテストや多変量テストはプロセスが複雑過ぎて、ハードルが高いと感じられているのもまた事実です。その結果、依然としてweb中心の最適化に留まっているというのが現状です。

Adobe Targetなら、webサイトを含むあらゆるデジタルチャネルのテストプロセスがシンプルになり、定期的なテストを無理なく実施できます。Adobe Experience Cloudに含まれているAdobe Targetは、web以外のデジタルマーケティング活動にも対応、テスト結果を他のデジタルマーケティング活動に用いたり、データやインサイトをテスト実行に活用することができます。

A/Bテストと多変量テストのどちらも選択できます。また、コンテンツを選択、スワップ、修正またはドラッグ&ドロップすることで、テストの様々なバリエーションを作成できます。テスト対象も、訪問者全員、定義された特定のオーディエンス、Adobe Targetの既存のオーディエンス、Adobe Experience Cloudの共有オーディエンスなど、柔軟に選択可能です。目的に合った指標を選択し、サンプルサイズを設定して、テストを起動できます。Adobe Targetのステップごとのガイダンスに従えば、使い方に迷うことはありません。また、どの組み合わせが最善か、各要素が勝者エクスペリエンスに与えている貢献度なども調べることができます。テストの終了後に結果を確認し、個々の要素が勝者エクスペリエンスに果たした貢献度を正確に把握できるので、あらゆるオーディエンスに最適なエクスペリエンスを提供できます。

Adobe Targetの製品概要を読む

Philips

「こうした新しいコンテンツをすばやく形にできるのが利点です。さらに優れているのは、顧客の反応を詳細に把握し、それにもとづいてエクスペリエンスを最適化できることです」

Joost van Dun氏(Philips、コーポレートエクスペリエンス担当.Comマネージャー)

Philips

A/Bテストと多変量テストの機能の詳細

A/Bテスト

画像やコピー、UIなどを含むあらゆるエクスペリエンスを比較テストし、効果の高いエクスペリエンスを特定します。Adobe Targetの厳正なテスト手法は、webやモバイルアプリ、IoTなどのチャネルをまたぎ、クライアント側とサーバー側の両方で複数の変数をテスト可能です。

マルチアームドバンディットテスト

最も効果的なエクスペリエンスにトラフィックを早めに自動的に割り当て、コンバージョンと収益を向上させます。

多変量テスト

画像やレイアウト、背景色、コピーなど、複数の要素を同時にテストし、最も効果的な組み合わせを特定します。同時に、効果への貢献度が高い要素を把握します。

関連トピックス

お客様のビジネスに役立つAdobe Targetの機能についてご案内します。

Adobe Targetがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。