エクスペリエンスの先行取得

カスタマージャーニー全体にをまたぎ、テストやパーソナライゼーションの過程で生じた様々なエクスペリエンスのバリエーションを先行取得してキャッシュします。これにより、インターネットやネットワークが切断しているときでも常時パーソナライズが可能になり、エクスペリエンスの提供スピードとパフォーマンスが向上します。


ネットワークが切れても途切れないパーソナライゼーション

デジタルジャーニーの途中で、または顧客とブランドとのやり取りの途中で、インターネットやネットワークが切断したり、タイムアウトしてしまうというのはそう珍しいことではありません。一度接続が途切れてしまうと、顧客を見失うことなく最適なエクスペリエンスを提供し続けることが困難になります。

エクスペリエンスの先行取得なら、訪問者のインターネット接続が途切れてもパーソナライゼーションが稼動し続け、このような心配や混乱が軽減されます。方法も簡単です。アプリが起動されるたびに、その時点の最適化工程で得られたあらゆるエクスペリエンスのパフォーマンスと、訪問者プロファイルのスナップショットがTargetに要求されるように、アプリを設定するだけです。Targetはこれらの情報をキャッシングし、訪問者がアプリを介してやり取りするときはいつでも、アプリのどの地点のアクティビティであっても、訪問者の関心に合致したエクスペリエンスを迅速に特定し、提供します。つまり、訪問者のインターネット接続が一旦切れ、しばらくして回復した場合でも、訪問者の居場所が変化しても、訪問者に最適なパーソナライズされたエクスペリエンスをTargetが自動更新してくれます。

次のような機能があります

途切れないパーソナライゼーション
Adobe Targetは、特に訪問者がインターネットに接続しているときのスナップショットにもとづいて、あらゆるエクスペリエンスのバリエーションを収集します。また、プロファイルが変わってもバリエーションは動的に更新します。これにより、訪問者のインターネット接続が途切れてもパーソナライゼーションを続行できます。

よりスムーズなエクスペリエンス
シングルページアプリやサーバーサイド最適化、モバイルアプリにおいてエクスペリエンスの先行取得を実施することにより、複数の顧客接点をまたいでよりスムーズにエクスペリエンスを提供できます。

パフォーマンスが大幅に向上
膨大なエクスペリエンスのバリエーションが、グローバルなネットワークとローカルの両方にキャッシングされるので、訪問者はいつでもカスタマイズされたエクスペリエンスを受け取ることができます。

エクスペリエンスの先行取得の詳細

先行取得の回数を削減

先行取得によるコンテンツ提供について、およびサーバーレスポンスをキャッシングすることによって先行取得の回数を最小化する方法についてご覧ください。

さらに詳しく

エクスペリエンスの先行取得の実際

エクスペリエンスの先行取得のメリットについてご確認ください。

さらに詳しく(英語)

関連機能

ロケーションベースのパーソナライゼーション

一般的な場所や特定の場所に関連するコンテンツをリアルタイムに提供することで、広域と狭域の両方の位置情報に応じて顧客体験をパーソナライズします。

プロファイルとセグメンテーション

Adobe Targetを使用して、サイトの滞在時間やブラウザーの履歴、年齢、性別、ロイヤルティステータスなどの情報を、ひとつのプログレッシブなプロファイルにまとめます。CRMなどに格納されている独自のデータをプロファイルにインポートし、顧客をさらに深く理解するためのデータ基盤を構築します。

コンテンツとメディアのレコメンデーション

他の顧客の閲覧状況やトレンドの状況にもとづき、購読者に対してコンテンツのレコメンデーションをおこなうことで、訴求力の高いエクスペリエンスを提供し、サイトの滞在時間を伸ばします。

お客様のビジネスに役立つAdobe Targetの機能についてご案内します。

Adobe Targetがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。