コンバージョン率の最適化

詳細にパーソナライズされたカスタマージャーニーを構築してROIを向上させるために、KPIに対するエクスペリエンスのテスト、ターゲティング、最適化をおこないます。


顧客が望むカスタマージャーニーを

マーケターは、離脱率を減らし、コンバージョン率を上げるために、エクスペリエンスを継続的に調整しています。しかし、実際どのくらいの効果があるかわからないのに、webなどの変更に膨大な時間や費用を費やしてはいないでしょうか。本来実施すべきは、もっとも高い確率で顧客をコンバージョンへと導くことのできるオファーやレイアウトの組み合わせを見つけ出すことです。そのためには、カスタマージャーニーをコンバージョンへと導き、売上に結び付ける施策を最適化し、ビジネス貢献度をKPIとして評価しなければなりません。

Adobe Targetを使用してコンバージョン率を最適化すれば、カスタマージャーニーのあらゆる段階でKPIに対してエクスペリエンスを最適化できます。ランディングページからモバイルアプリエクスペリエンスにいたるまで、複数チャネルをまたいでエクスペリエンスのテストを実施するために必要なテストツールとターゲティングツールが揃っています。また、Adobe TargetとAdobe Analyticsを組み合わせて使用することにより、モバイルやwebなどの顧客接点でおこなわれるやり取りについてのインサイトを獲得できます。こうしたインサイトを活用することで、優良顧客に優れたエクスペリエンスを提供し、ROIを向上させることができます。

 

次のような機能があります

 

包括的な最適化
webエクスペリエンスをあらゆる角度からテストできます。webサイトのコピーやボタンの色など、あらゆる要素のA/Bテストを実施します。4つの手順の登録手続きを3つの手順にするなど、機能の変更も検証します。

多変量テスト
webページにおける、各要素の効果への貢献度を把握し、改善すべき要素を特定できます。エクスペリエンスのあらゆるバリエーションをテストし、画像、ランディングページ、オファー、レコメンデーション、ページ、検索、ユーザー生成コンテンツなどをパーソナライズします。

マシンラーニング
Adobe Senseiの人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)を活用し、顧客一人ひとりのプロファイルにもとづいて、オファーやレコメンデーション、ページ、エクスペリエンスの最適な組み合わせを提供できます。

Adobe Analyticsとの連携
Adobe TagetとAdobe Analyticsを連携することで、一元的な顧客像にもとづき、リアルタイムのデータを活用してwebサイトを最適化できます。戦略担当者が提示したKPIやKBOに対するエクスペリエンスのテストを実施することで、ビジネスの成果が向上します。詳しくは、活用のヒントをまとめたアドビのガイドをご確認ください。

今すぐ読む

コンバージョン率の最適化の詳細

Targetだから実現できるテストと最適化

Targetだから実現できるテストと最適化

顧客は様々なプラットフォームから接触してきます。あらゆるデバイスのあらゆるエクスペリエンスを最適化し、コンバージョン率を向上させ、顧客との関係を長期的に築く方法について、ご覧ください。ヘルプセクションのFAQでその方法をご紹介しています。

さらに詳しく

関連機能

A/Bテスト

画像やコピー、UIなどを含むあらゆるエクスペリエンスを比較テストし、効果の高いエクスペリエンスを特定します。Adobe Targetの厳正なテスト手法は、webやモバイルアプリ、IoTなどのチャネルをまたぎ、クライアント側とサーバー側の両方で複数の変数をテスト可能です。

多変量テスト

画像やレイアウト、背景色、コピーなど、複数の要素を同時にテストし、最も効果的な組み合わせを特定します。同時に、効果への貢献度が高い要素を把握します。

webサイトの最適化

オファーとレイアウトの最適な組み合わせを瞬時に把握して実行に移します。顧客のアクションを促し、コンバージョンにつなげます。

お客様のビジネスに役立つAdobe Targetの機能についてご案内します。

Adobe Targetがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。