多変量テスト

画像、レイアウト、背景色、コピーなど、複数の要素を同時にテストすることで、最も効果的な組み合わせを特定します。また、効果への貢献度が最も高い要素を把握します。


強力なテスト機能で最強の最適化を実現

サイトを訪れた訪問者は、サイト全体をひとつのまとまりとして見ています。そのため、個々の要素をテストすることも重要ですが、あらゆる要素をひとつのまとまりとしてテストし、訴求力の高いエクスペリエンスを創出することもまた同じくらい重要です。その結果、常にベストなエクスペリエンスを提供できるだけでなく、新しい角度からのテストを実施し、インサイトを得ることができます。

Adobe Targetの多変量テストなら、画像やレイアウトなどを含む複数の要素をまとめて包括的に見ることができます。また、A/Bテストと同程度に容易に、各要素の組み合わせをテストできます。すぐに利用できるレポート機能では、パフォーマンスが最高のものと最低のものの組み合わせをすばやく確認でき、テストと調整を手際よく繰り返すことができます。同時に、個々の要素の組み合わせが顧客体験に与える影響も把握できるので、本当に重要なポイントに焦点を絞り込むことができます。

次のような機能があります

3段階のガイド付きワークフロー
A/Bテストと同じくらいシンプルなワークフローと、アドビのVisual Experience Composerを活用して、複数のオーディエンスを対象とする複数のテストを自動構築できます。

完全実施要因テスト
完全実施要因による多変量テストにより、意味のない組み合わせを容易に取り除くことができます。

ドライビングファクターの特定
アドビの要素貢献度レポートを使用すれば、テストした各要素の貢献度に関する具体的なインサイトが得られます。よりきめ細やかなテストの設計および実行が可能になり、エクスペリエンスの確度が向上します。

多変量テストの詳細

多変量テストの詳細

多変量テストのメリットや、A/Bテストを選択した方がいいケースなどについて、ご確認ください。

さらに詳しく

多変量テストの実際

多変量テストの使用法や設定の実際について、ご覧ください。

動画を見る

多変量テストの作成方法

多変量テストの作成方法や使用すべき環境、その仕組みなどについて、ご覧ください。

動画を見る

関連機能

A/Bテスト

画像やコピー、UIなどを含むあらゆるエクスペリエンスを比較テストし、効果の高いエクスペリエンスを特定します。Adobe Targetの厳正なテスト手法は、webやモバイルアプリ、IoTなどのチャネルをまたぎ、クライアント側とサーバー側の両方で複数の変数をテスト可能です。

モバイルの最適化

顧客行動やモバイルコンテクストにもとづいて、モバイルサイトとモバイルアプリをテストおよびパーソナライズします。反復的なテストに加え、ルールベースと人工知能(AI)によるパーソナライゼーションを通してエンゲージメントを高め、コンバージョンにつながるインタラクションを提供します。

自動オファー

Adobe Senseiが提供するマシンラーニングの各種アプローチを介してテストを大規模に自動化し、訪問者ごとに最も効果の高いオファーを特定します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Targetの機能についてご案内します。

Adobe Targetがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。