Adobe Targetの新機能

イノベーションを続けるAdobe Targetを活用しましょう。最新のアップデートでは、パーソナライズ機能が大幅に強化されました。人工知能(AI)を利用して、訪問者の詳細なインサイトを獲得し、いつでも、どこでも他に類を見ないレベルのパーソナライズされた顧客体験を提供できます。

自動セグメントレポート

自動セグメントレポート

マシンラーニング(機械学習)モデルによって作成されたオーディエンスの規模や、オファーおよびエクスペリエンスへの反応を把握できます。

さらに詳しく(英語)

重要な属性レポート

重要な属性レポート

データソース全体から、マシンラーニングモデルにとって重要な訪問者属性および特性を見極め、提供するエクスペリエンスを決定できます。

さらに詳しく

SPA対応Visual Experience Composer

SPA対応Visual Experience Composer

IT部門の手を借りずに、SPA(シングルページアプリケーション)上でテストを作成し、コンテンツをパーソナライズできます。

さらに詳しく(英語)

Adobe Target

大規模なパーソナライゼーションを成功させるには、人工知能の活用と迅速な顧客対応の両方が必要です。Adobe Tagetでは定期的に、価値のある新機能をリリースし、両分野の最前線でイノベーションを続けています。これにより、高度にパーソナライズされたエクスペリエンスを作成し、より多くのオーディエンスにより迅速にリーチすることが可能になります。

Adobe Targetに追加される新機能により、マシンラーニングのバックグラウンドでの機能をより理解できるようになり、SPAのwebサイトをより使いやすく、パーソナライズできるようになります。価値ある最新機能をご確認ください。

Adobe Targetのリリースノート(英語)のリリースノートを読む

3ステップ構成のガイド付きワークフローに従ってテストやパーソナライゼーションを作成し、オーディエンスに狙いを定め、レポートを構築してwebサイトとモバイルアプリの両方の主要指標を追跡します。

モバイルアプリ用Visual Experience Composerについて詳しく見る(英語)

A/Bテストやエクスペリエンスターゲティングアクティビティにもとづくレコメンデーション機能を使用して、レコメンデーションをブレンドし、新しいユースケースと優れたパーソナライゼーション戦略を構築します。

商品のレコメンデーションについて詳しく見る
コンテンツとメディアのレコメンデーションについて詳しく見る

すべてのデータから、機械学習モデルにとって最も重要な訪問者属性や特性を見極め、提供するエクスペリエンスを決定します。

重要な属性レポートについて詳しく見る(英語)

機械学習モデルによって特定された重要なオーディエンスについて、そのオーディエンスの規模と、オファーやエクスペリエンスへの反応を学習します。

プロファイルとセグメントについて詳しく見る(英語)

1回のサーバーコールでページを読み込むときにすべてのオファーをキャッシュする機能により、SPAとのやり取りが容易になります。従来のサーバーコールのように遅延することなく、すぐに表示できます。

独自のデータサイエンスから構築されたカスタム属性を比較してオーディエンスを作成し、Adobe Targetに取り込みます。

動的プロファイル比較について詳しく見る

AEMの使いやすさと能力をTargetの強力な人工知能(AI)および機械学習機能と組み合わせることで、両方の利点を活かし、さらに規模を拡大してエクスペリエンスをテストし、パーソナライズすることができます。

エクスペリエンスフラグメントについて詳しく見る

Adobe Experience Platformでエクスペリエンスを刷新

ひとつの基盤で、あらゆる顧客体験を向上できます。データを取り込み、標準化と整理をおこない、チャネルをまたいで活用し、優れた顧客体験をより少ない労力で提供できます。Adobe Experience Platformの詳細および顧客体験の向上にどのように役立つのかをご確認ください。

AEPでエクスペリエンスを刷新

お客様のビジネスに役立つAdobe Targetの機能についてご案内します。

Adobe Targetがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。