プロファイルとセグメンテーション

Adobe Targetを使用して、サイトの滞在時間、ブラウザーの履歴、年齢、性別、ロイヤルティステータスなどの情報を、ひとつのプログレッシブなプロファイルにまとめることができます。CRMなどの独自のデータをプロファイルにインポートすれば、顧客をさらに詳細に把握できます。


あらゆるデータを一元管理

顧客はあらゆる方向から来訪するため、顧客情報は断片的にならざるを得ません。顧客が増え続ける中で、多種多様なデータソースを同時に活用しながら、一貫性のあるエクスペリエンスを提供し続けることは困難です。

Adobe Targetが提供するプロファイルとセグメンテーション機能は、訪問者の特性データを無制限に格納できる、統合されたひとつの巨大なプロファイルを容易に構築します。訪問者に関するあらゆる情報を集めてひとつのプロファイルを構築すれば、いかなるデバイスやブラウザーを介して接触してきても、顧客個人を認識できるようになり、あらゆる角度から一貫性のあるエクスペリエンスを提供できるようになります。

その仕組みとは

統合された訪問者プロファイル
データがファーストパーティ、セカンドパーティまたはサードパーティのいずれからのものであっても、最大200個の顧客属性を保存できる、ひとつのプログレッシブプロファイルに統合し、まとめて管理できます。

リアルタイムのプログレッシブプロファイル
Adobe Targetは、あらゆる顧客接点におけるインタラクションを学習し続け、顧客プロファイルを向上させていきます。顧客がどの顧客接点から接触しても、同じ人物であると特定し、その人のためにカスタマイズされたエクスペリエンスを提供できます。

カテゴリー親和性
顧客が訪問したカテゴリーを把握し、以降のターゲティングやセグメント化に活用できます。カテゴリー親和性のほかにも、すぐに収集してスコアリングできるプロファイル属性が数多くあります。

プロファイルおよびとセグメンテーションの詳細

訪問者プロファイルの威力

ターゲティングされたコンテンツやオファー、エクスペリエンスを基準に合わせて容易に最適化する方法をご覧ください。

さらに詳しく

オーディエンスを構築

統合されたひとつの顧客像を使用してオーディエンスセグメントを構築する方法をご確認ください。

動画を見る(英語)

複数のオーディエンスを組み合わせる

アクティビティの作成中や実行中においても、複数の暫定的なオーディエンスを選択して除外ルールを作成できます。その方法をご確認ください。

さらに詳しく

関連機能

行動ターゲティング

以前の訪問パターンや興味対象の商品、検索、購入、キャンペーン提示、キャンペーン提示のレスポンス、さらには新規訪問者か再訪問者か、顧客か見込み客などかにもとづいてターゲティングします。これらの情報を使用して、より効率的なキャンペーンを展開できます。

マルチアームドバンディットテスト

最も効果的なエクスペリエンスにトラフィックを早めに自動的に割り当て、コンバージョンと収益を向上させます。

ルールベースのパーソナライゼーション

ブラウザーやデバイスのタイプ、ブランド好感度、訪問者が新規かリピーターかなど、既に所有しているプロファイルデータにもとづいてエクスペリエンスをカスタマイズします。また、様々な顧客接点をまたいでパーソナライゼーションを推進するための独自のルールを構築します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Targetの機能についてご案内します。

Adobe Targetがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。