シングルページアプリの最適化

シングルページアプリの顧客体験をテスト、最適化およびパーソナライズします。


シングルページアプリがもたらす無限の可能性

デジタルがこれまでにない速さで進化している今日、webサイトのエクスペリエンスは顧客を維持するために欠かせない存在になっています。優れたwebサイトエクスペリエンスを提供するためには、サイト全体を再ロードすることなく、webページのコンテンツを更新できる必要があります。簡単そうに聞こえますが、実際はそう容易ではありません。

Adobe Targetが提供するシングルページアプリの最適化なら、ダイナミックでインタラクティブな、使いやすいサイトエクスペリエンスへの最適化を容易に実現できます。3段階のビジュアルエディターを使用して、このような動的なwebサイトのテストとパーソナライゼーションを推進できます。シングルページアプリケーションの機能によって動的なwebサイトが強化され、Adobe Targetによってサイト内のあらゆるエクスペリエンスを最適化できます。

次のような機能があります

Visual Experience Composer
3段階のガイド付きワークフローに従って、標準のwebサイトとシングルページアプリの両方について、テストまたはパーソナライゼーションの作成、オーディエンスのターゲティング、主要指標の追跡レポートの構築などを実践できます。

業界初のカスタムライブラリ
Adobe TargetのJavascriptライブラリ(at.js)は、シングルページアプリのサポートを強化しています。フリッカーを発生させることなく、より安全にすばやくシングルページアプリを実装できます。

ひとつの配信基盤でオムニチャネルを最適化
クライアントサイドとサーバーサイドのいずれでもシングルページアプリを展開できます。アドビが提供する統合されたひとつの配信基盤には、クライアントサイドのJavascriptライブラリとサーバーサイドの最適化APIが用意されており、重要なあらゆる顧客接点をまたぐテストとパーソナライゼーションが可能です。

シングルページアプリの最適化の詳細

Visual Experience Composerの詳細

シングルページアプリ用のVisual Experience Composerを使用してコンテンツをパーソナライズし、テストを作成する方法についてご覧ください。

さらに詳しく

JavaScriptの詳細

JavaScriptについて、またJavaScriptがシングルページアプリのためにどう役立つかについて、ご確認ください。

さらに詳しく

関連機能

モバイルの最適化

顧客行動やモバイルコンテクストにもとづいて、モバイルサイトとモバイルアプリをテストおよびパーソナライズします。反復的なテストに加え、ルールベースと人工知能(AI)によるパーソナライゼーションを通してエンゲージメントを高め、コンバージョンにつながるインタラクションを提供します。

サーバーサイド最適化

Adobe TargetのサーバーサイドAPIを使用して、サーバーサイドでテストとパーソナライゼーションを実行したり、node.js環境を利用してクライアントサイドでjavascriptコードを実行します。こうした一連の作業を、統合されたひとつの配信基盤から実行します。

プロファイルとセグメンテーション

Adobe Targetを使用して、サイトの滞在時間やブラウザーの履歴、年齢、性別、ロイヤルティステータスなどの情報を、ひとつのプログレッシブなプロファイルにまとめます。CRMなどに格納されている独自のデータをプロファイルにインポートし、顧客をさらに深く理解するためのデータ基盤を構築します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Targetの機能についてご案内します。

Adobe Targetがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。