嫌悪感を受け入れ、アンチと折り合いをつけるには - S702

日本語、英語、フランス語、ドイツ語の字幕がビデオ再生画面よりご利用いただけます

このページを共有

SPEAKERS


ABOUT THE SESSION

デザイナーの仕事は、以前になかったものを創り出すことです。これは度胸なしにできることではありません。ただ、特別な思い入れのあるブランドに真の情熱を持って向き合うには、度胸だけでなく、図太い神経と大胆さが必要です。グラフィックデザイナーのStuart Watsonが、ほとんどの仕事が当初嫌悪や怒りや憤慨を買っていた自身の経験談を語ります。運よく、それらのブランドは、そうした騒動を乗り切り、人々に愛されることになりました。今では、オンラインでの炎上は、やるべきことをやって斬新なものを創り出した証しだと受け止めています。新しいものは、怖れや不安を感じさせ、嫌がられたり不快に思われることもよくありますが、世界が前進を続けるには、新しいものが得てして必要です。

このセッションでは、以下の方法を紹介します。

  • ブランド立ち上げ時の反響を恐れない
  • 人々が欲しいと思うブランドではなく、世界が必要とするブランドを作る
  • 自分の直感を信じて、正しい答えを出す

タイプ: セッション

トラック: グラフィックデザイン

対象: アート/クリエイティブディレクター, グラフィックデザイナー

本コンテンツの著作権はアドビに帰属します。本コンテンツの録画や掲載は一切禁止されています。


本ページにリンクされた資料(以下「セッション資料」)にアクセスすることで、以下に同意したものとします。1.セッション資料はアドビの利用規約に基づくサンプルファイルであり、2. 当該講演者の指示のみに従ってセッション資料を使用します。

Play button

Presented by 3M Visual Attention Software

An AI Tool For Design Insights

あなたにおすすめのセッション

Adobe Stockの無料素材

Adobe MAXの参加者のために厳選されたAdobe Stockの写真、ビデオ、テンプレートの素材を探そう