リモートワークフローとクラウドストレージ:カメラからクラウド経由でアドビアプリへ - S607

日本語、英語、フランス語、ドイツ語の字幕がビデオ再生画面よりご利用いただけます

このページを共有

SPEAKERS


“add to schedule”をクリックしてご自身のスケジュールに追加することをもって、アドビが私の情報を AWS と共有し、同社がこのセッションについて私に連絡することができることに同意します。このセッションはスケジュールに追加しなくても視聴できます。

ABOUT THE SESSION

カメラで撮影した素材をクラウドに取り込み、Creative Cloudツールと簡単に連携させる方法を紹介します。AWSのメディア&エンターテインメント担当テクノロジーリーダーであるMario MonelloとアドビのAWSソリューションアーキテクトであるKenny Rajanが、メディアや制作物を他のクリエイターや別の場所に転送し共同作業する方法を説明します。

以下のクリエイティブワークフローを取り上げます。

  • メディア素材のアップロード、検索、整理、公開を簡単におこなう方法
  • ビデオ素材を制作システムや直接カメラから、Creative Cloudと効果的に連携する安全で費用対効果が高く拡張性のあるストレージシステムに送信する作業などの自動化
  • ストレージやアーカイブのためのバックアップコストを下げ、市場投入までの時間を短縮、セキュリティを強化し、シンプルなインターフェイスでメディア共有を容易に拡張する方法
  • Sony CiサービスとAmazon Studiosの事例紹介

技術レベル: 初級

タイプ: セッション

カテゴリー: ハウツー

トラック: 教育, コラボレーションと生産性

対象: 教職員, フロントエンド開発者, 公務員, ポストプロダクションのプロフェッショナル, IT関連職, ソーシャルメディアコンテンツのクリエイター

本コンテンツの著作権はアドビに帰属します。本コンテンツの録画や掲載は一切禁止されています。


本ページにリンクされた資料(以下「セッション資料」)にアクセスすることで、以下に同意したものとします。1.セッション資料はアドビの利用規約に基づくサンプルファイルであり、2. 当該講演者の指示のみに従ってセッション資料を使用します。

Play button

Presented by AWS

Creating an Editing Workstation in the Cloud

あなたにおすすめのセッション

Adobe Stockの無料素材

Adobe MAXの参加者のために厳選されたAdobe Stockの写真、ビデオ、テンプレートの素材を探そう