インタラクティブなARによる教育エクスペリエンスの再考 - S475

日本語、英語、フランス語、ドイツ語の字幕がビデオ再生画面よりご利用いただけます

このページを共有

SPEAKERS


ABOUT THE SESSION

拡張現実(AR)が、イマーシブな教育コンテンツ制作の新しいメディアである理由を、アドビのクリエイティブディレクターであるVladimir PetkovicがとThe HydrousのCEOでありチーフサイエンティストのErika Woolsey博士が説明します。The HydrousがARを活用して、人々を未知の海に連れて行く様子をお見せし、Adobe Aero、Substance 3D Painter、Substance 3D Samplerなどの様々なツールを使用して、インタラクティブな教育エクスペリエンスを制作する方法を、Vladimirが紹介します。ストーリー性のあるイマーシブな教育コンテンツの概念的用途と技術的用途の最も重要な側面を解説します。

Vladimirと一緒にプロセスを進めながら、以下の方法を習得します。

  • 科学的データをクリエイティブの方向性に変える
  • 複雑な3DシーンをAR対応アセットへと最適化する
  • ナレーションとサウンドを3D要素と組み合わせてイマーシブ品質を高める
  • Aeroのトリガーベースのシステムの構造を介してエクスペリエンスフローを設定する

技術レベル: 一般

タイプ: セッション

カテゴリー: ハウツー

トラック: イラストとデジタルペインティング, グラフィックデザイン, 3DとAR, 教育

対象: アート/クリエイティブディレクター, 教職員, グラフィックデザイナー, 3D, イラストレーター

本コンテンツの著作権はアドビに帰属します。本コンテンツの録画や掲載は一切禁止されています。


本ページにリンクされた資料(以下「セッション資料」)にアクセスすることで、以下に同意したものとします。1.セッション資料はアドビの利用規約に基づくサンプルファイルであり、2. 当該講演者の指示のみに従ってセッション資料を使用します。

Play button

Presented by HP Inc.

From 3D to VR: Alex Trochut on his Evolution Using Medium

あなたにおすすめのセッション

Adobe Stockの無料素材

Adobe MAXの参加者のために厳選されたAdobe Stockの写真、ビデオ、テンプレートの素材を探そう