プログラマティック広告バイイングでキャンペーンの課題を解決

プログラマティック広告バイイングでキャンペーンの課題を解決
Adobe
ディスプレイ広告を中心とする広告分野では、プログラマティック広告バイイングへのシフトが加速しています。米国では、今年1年間のディスプレイ広告の取り扱い高のうち、60%以上がプログラマティック広告バイイングになると予測されています。Redboxのオンデマンドウェビナー「プログラマティックな広告購入の未来」では、プログラマティック広告バイイングが新規顧客の獲得とエンゲージメントの強化にいかに役立つかを物語る事例を紹介しています。
このオンデマンドウェビナーでは、次の内容を取り上げます。
  • プログラマティック広告バイイングとは何か
  • 今日の広告主の課題と、それをプログラマティック広告バイイングがいかに解決するか
  • Redboxはプログラマティック広告バイイングをどのように活用しているか
主なスピーカー:
  • Pete Kluge(アドビ、シニアプロダクトマーケティングマネージャー)
  • Latanya Hodges(Redbox、シニアインタラクティブマーケティングマネージャー)
AdExchanger Researchのレポート「プログラマティックメディアの現状:2015年」も無料でご提供します。この新たな市場に関するインサイトをぜひご一読ください。
フォームに必要事項を記入して送信するだけで、このウェビナーとレポートをご覧になれます。