【2018年2月9日】

Adobe(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、日本法人であるアドビ システムズ 株式会社の代表取締役社長に2018年4月1日付でジェームズ マクリディ(James McCready)が就任することを発表しました。マクリディは今後、ワールドワイド フィールドオペレーション部門 エグゼクティブ バイス プレジデントのマット トンプソン(Matt Thompson)のもと、日本の事業を統括します。

 

現 代表取締役社長の佐分利ユージンは3月31日をもって退任し、家族の住む米国に移る予定です。佐分利の在任中、アドビ システムズ 株式会社 は四半期ごとの収益を倍増させ、年間収益では過去最高の水準を達成しました。さらに、佐分利のリーダーシップのもとAdobe Creative Cloudのサブスクリプション モデルへの移行を促進し、Recurring Revenue (経常収益)を3倍に伸ばしました。

 

マクリディは、アジアと米国におけるエンタープライズセールスとマネジメント経験を有し、直近ではDell EMCのシンガポール拠点にて、APJ Converged Platforms and Solutions 担当 Vice Presidentを務めています。EMCに20年間在籍し、各種のリーダー職とともにEMC JapanのVice President兼COOを務め、その間東京にも在住していました。

 

マクリディの就任は、アドビが日本におけるAdobe Experience Cloud、Adobe Creative Cloud、Adobe Document Cloudの3つのクラウドビジネスに渡るエンタープライズビジネスの発展を推し進める中、時宜にかなうものです。マクリディのもと、アドビは引き続き日本におけるクラウドベースのビジネスモデルを推進し、事業展開を拡大してまいります。

 

マット トンプソンは、「アドビが提供しているソリューションは、人々の創造性を高め企業のデジタルトランスフォーメーションを推進するものです。マクリディは、エンタープライズ分野に精通しており、日本の顧客についても熟知しているため、お客様に最高のサポートを提供してくれると同時に、当社のデジタルメディア事業とデジタルマーケティング事業の継続的な拡大についても、あらゆる側面で率いてくれるものと確信しています」と述べています。

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

 

©2018 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口