アドビとNVIDIA、クリエイティビティとデジタル体験の新たなAIサービス提供におけるパートナーシップを発表

 

Adobe SenseiをNVIDIA GPUに最適化
 

※当資料は、2018年3月28日に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

 

【2018年3月28日】

米国ネバダ州ラスベガス発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)とNVIDIA(Nasdaq: NVDA)は、業界をリードする両社の人工知能(AI)とディープラーニングテクノロジーを急速に進化させるため、戦略的パートナーシップを結んだことを発表しました。両社はこれまでの長年にわたる協力関係をさらに発展させ、アドビの人工知能(AI)およびマシンラーニングのフレームワークであるAdobe SenseiをNVIDIA® GPUに最適化させます。Adobe Creative CloudAdobe Experience Cloudのユーザーとデベロッパーはこのコラボレーションを通じ、Adobe Senseiをエンジンとする新しいサービスの開発期間の短縮およびパフォーマンスの向上、というメリットを享受することができます。

 

またAdobe Sensei APIをさらに幅広く利用できるようにし、Adobe Senseiのエコシステムを新たなデベロッパー、データサイエンティストおよびパートナー企業にも拡大することを目指すアドビの戦略も、このパートナーシップによってさらに進展します。

 

アドビの会長、社長兼CEO(最高経営責任者)であるシャンタヌ ナラヤン(Shantanu Narayen)は次のように述べています。「NVIDIAが持つクラス最高のAIノウハウと、アドビの業界をリードするAdobe Senseiをエンジンとしたクリエイティビティおよびデジタルエクスペリエンス分野のソリューションが組み合わさることにより、さらにパフォーマンスの高いAIサービスをより迅速にお客様やデベロッパーに提供できるようになります。NVIDIAとのパートナーシップを通じ、クリエイティビティ、マーケティング、没入型メディアを初めとする新しい分野での可能性をさらに拡大できることを嬉しく思います。」 NVIDIAの創立者、CEOであるジェンスン フアン(Jensen Huang)は次のように述べています。「AIは究極のアシスタントで、アーティストにとっては魔法のような機能であり、そのクリエイティブ能力をさらに高めることができます。また、あらゆる企業がインサイトを獲得し効率化を実現できるよう、支援するものです。アドビとNVIDIAのコラボレーションにより、クリエイティブとマーケティング分野で働く多くの人々がAIを利用できるようになり、わずか少し前には想像もできなかったパフォーマンスを実現できるツールを手に入れられるようになります。」

 

アドビとNVIDIAは10年以上にわたり、GPU速度を活用してアドビのクリエイティブおよびデジタルエクスペリエンス分野のソリューションを高めるべく協力してきました。これにはAdobe SenseiをエンジンとするAdobe Character Animator CCの自動リップシンクやPhotoshop CCの顔認識機能およびAdobe Stockの画像分析、Lightroom CCならびにAdobe Experience Managerの自動タグ付けなど、クラウドベースのAIおよびマシンラーニングの製品と機能が含まれます。 両社はまた、パフォーマンス向上と新機能対応を実現するため、クラウドとエッジにおけるNVIDIAのハードウェアを活用したAdobe Sensei AIサービスの最適化に取り組む予定です。またNVIDIAのデベロッパーエコシステムに向けた、使いやすいAdobe Sensei AIサービスのパッケージングおよび提供の可能性についても探ります。これには複合現実(Mixed Reality)、NVIDIAの新しいリアルタイムのレイトレーシングテクノロジーをはじめとする次世代のレンダリング、その他の新しい没入型体験などクリエイティブメディアをターゲットとするサービスも含まれます。

 

両社のCEOがAIの未来について語る

米国ラスベガスで開催中のAdobe Summit 2018では、アドビの会長、社長兼CEOであるシャンタヌ ナラヤンとNVIDIAの創立者、CEOであるジェンスン フアンが共に登壇し、この新しいパートナーシップの詳細を紹介するともに、消費者や企業にとってのAIの未来について語りました。

 

NVIDIAについて

NVIDIA が 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピュータ、ロボット、自動運転車の脳の役割を GPU が果たすまでになりました。詳しい情報は、http://nvidianews.nvidia.com/(英語)をご覧ください。

 

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

 

©2018 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口