アドビ、独立系調査会社によって、顧客分析ソリューション分野の「リーダー」に選ばれる

 
「製品ビジョン」、「製品ロードマップ」、「パフォーマンス」、「パートナーエコシステム」で最高得点を獲得
 

※当資料は、2018年6月12日に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

 

【2018年6月19日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は、米国調査会社のForrester Research, Inc.(以下Forrester)によるレポート「The Forrester Wave™: Customer Analytics Solutions(顧客分析ソリューション)、2018年第2四半期」*において「リーダー」に選ばれたことを発表しました。アドビは、「製品ビジョン」、「製品ロードマップ」、「パフォーマンス」、「パートナーエコシステム」、「アクションへつなげられるか」、「顧客分析ソリューションによる収益」、「顧客数」の項目で最高得点を獲得しました。アドビは、39項目にわたる評価に基づき「リーダー」に選ばれたベンダー3社のうちの1社となりました。

 

今回のForresterのレポートで、アドビは次のように評価されています。「アドビは、『Make Experience Your Business(エクスペリエンスをビジネスの中心に)』という信念のもと、高度な分析機能に重点を置いた、マーケターに配慮したソリューションを開発しています。アドビのソリューションは、インサイトからアクションへのリアルタイム変換、優れたユーザビリティ、コンテキストが豊富な位置情報、デバイス使用の分析といった面で優れています。顧客からの評価として、『推薦したいと思う』の項目で10点満点を獲得した2社のベンダーのうちの1社がアドビです。このように答えた回答者の中には、『アドビは、特定のマーケティング活動のサイロ化に実用的なインサイトをもたらすだけではなく、体験を最適化してこそ完結するということを認識しているように思う』というコメントがありました。」

 

Adobe Experience Cloud戦略マーケティング担当シニアバイスプレジデントであるアシーム チャンドラ(Aseem Chandra)は次のように述べています。「アドビはアナリティクスのパイオニアであり、顧客がブランド企業にエンゲージするとき、ビッグデータを駆使して関連性の高い記憶に残る体験を提供できるようにサポートしてきました。Adobe Analytics Cloudによってブランド企業は、業界初の機能とAI主導型のイノベーションを活用して、ビッグデータを大規模に、実用的な顧客インサイトと優れた体験に変えることができます。」

 

リアルタイムのデータインサイトと予測分析で業界をリードするソリューションであるAdobe Analyticsは、ブランド企業が顧客の人物像を把握し、顧客インテリジェンスで導けるようサポートします。Adobe Experience Cloudを構成するAdobe Analyticsは、予測分析と正確な属性の把握にAdobe Senseiを活用し、ブランド企業がより詳細な分析と人工知能によって全方向から顧客を理解できるようにします。さらに、業界をリードするデータおよびオーディエンス管理プラットフォームであるAdobe Audience Managerを併せて活用することで、ブランド企業はオーディエンス一人ひとりを理解し、時間を超越した体験を提供することができます。Adobe Analyticsは、MGM Resorts International、Sprint、Home Depot、National Football Leagueといった主要なブランド企業に採用されています。

 

出典:*Forrester Research、「The Forrester Wave™: Customer Analytics Solutions(顧客分析ソリューション)、2018年第2四半期」、Brandon Purcell、Srividya Sridharan、Robert Perdoni 著、2018年6月11日

 

Adobe Analytics Cloudについて

Adobe Experience Cloudの一部であるAdobe Analytics Cloudは、現代の顧客体験中心のビジネスに向けたインテリジェンスのコアシステムです。ブランド企業は、カスタマージャーニーを通じてオフラインデータおよびデジタルデータを詳しく理解できるようになり、情報にもとづいた意思決定と忠実な関係性の構築が可能になります。Adobe Analytics Cloudは、リアルタイムのデータインサイトおよび予測分析の主要なソリューションであるAdobe Analyticsと、データおよびオーディエンスの主要な管理プラットフォームであるAdobe Audience Managerが組み合わさっています。Adobe Analytics Cloudにより、誰にでもインサイトと行動のギャップを埋められるようになり、データから即座に価値を生み出せます。Adobe Analytics Cloudは、オープンAPI、標準データモデル、人工知能(AI)とマシンラーニングを統合したアドビのフレームワークであるAdobe Senseiを提供するAdobe Cloud Platformをベースに設計されており、現代のインテリジェンス部門が大量の異種データをスマートかつ迅速に把握し、合理化し、理解できるようにします。米国フォーチュン誌の上位100社のうち約3分の2がAdobe Analytics Cloudを活用して今日のデジタル課題に対処しており、その顧客数は2014年から2017年の間に2倍以上に増加しています。

 

関連リンク:

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

 

©2018 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口