アドビ、独立系調査会社によって、エクスペリエンス最適化プラットフォーム分野の「リーダー」に選ばれる

 

「現行の提供製品」、「戦略」、「市場でのプレゼンス」で最高得点を獲得

 

※当資料は、2018年6月20日に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

 

【2018年6月21日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は、米国カリフォルニア州サンノゼ発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は、米国調査会社のForrester Research, Inc.(以下Forrester)によるレポート「The Forrester Wave™: Experience Optimization Platforms(エクスペリエンス最適化プラットフォーム)、2018年第2四半期」*において唯一の「リーダー」に選ばれたことを発表しました。アドビは、「現行の提供製品」、「戦略」、「市場でのプレゼンス」の項目で最高得点を獲得しました。また、「オンラインテスト」、「行動ターゲティング」、「製品のビジョン」、「実施ロードマップ」、「パフォーマンス」、「パートナーエコシステム」の項目でも最高得点を獲得しています。本レポートでは、アドビを含む8社のエクスペリエンス最適化プラットフォームを提供するベンダーが、24項目にわたって評価されています。

 

今回のForresterのレポートで、アドビは次のように評価されています。「Adobe Targetは、エクスペリエンスを最適化する技術全体にわたって高得点を取得しています。特に、この製品はテストおよびターゲティング機能で優れています。Adobe Target Premiumのビジョンは、AIを活用して、マーケティング担当者やデータサイエンティストがチャネル内で、カスタマージャーニー全体にわたり体験を最適化できるようにすることです。」

 

Adobe Experience Cloud戦略マーケティング担当シニアバイスプレジデントであるアシーム チャンドラ(Aseem Chandra)は次のように述べています。「アドビは、10年以上にわたりAIと機械学習の技術を活用しており、ブランド企業がカスタマージャーニー全体にわたってハイパーパーソナライズされた体験を顧客に提供するための機能を管理できるようにした唯一のベンダーです。」

 

Adobe Experience Cloudを構成するAdobe Targetは、データドリブン型のブランド企業が、迅速なテストと、web、モバイル、電子メール、IoT、デバイス、コールセンターなどのデジタルタッチポイントを通じてハイパーパーソナライズされた体験を創出できるよう支援する、エクスペリエンス最適化ソリューションです。Adobe Targetは10年以上にわたりAIと機械学習を活用しており、顧客のレコメンデーション、正確なターゲティング、パーソナライズされた体験の自動化を大規模に強化しています。Adobe Targetは、Adobe Experience ManagerおよびAdobe Campaignと統合されているため、マーケターはパーソナライズされたコンテンツをシームレスに管理および提供できます。また、Adobe Analytics Cloudに統合されているため、顧客行動に関する詳細なインサイトを提供します。Adobe Targetは、Lenovo、日産自動車、Philips、Sprintといった世界中の主要なブランド企業に採用されています。2017年にエクスペリエンス最適化のためにAdobe Targetを採用した企業では、収益が平均173%向上しました。

 

Adobe Experience Cloudについて

Adobe Experience Cloudは、緊密に統合されたソリューションにより、包括的な最先端のテクノロジーを提供します。これにより、ブランド企業は顧客とのあらゆるタッチポイントにおいて、顧客それぞれに合わせてカスタマイズされたデータ駆動型の体験を提供することができます。これには、すべてのスクリーンやデバイスにおけるエクスペリエンス管理やパーソナライゼーション、広告、ビデオ、その他のあらゆるチャネルを通したエクスペリエンスの実現、分析などが含まれます。Adobe Creative Cloudとの連携により、あらゆるマーケティングチャネルや顧客とのタッチポイントにおいて、クリエイティブアセットをスピーディに活用しやすくなります。

 

Adobe Experience Cloudは、Carnival Corporation、Citibank、Comcast、日産自動車、Philips、 T-Mobile、Tourism Australiaといった世界的に著名なブランド企業の事業運営に採用されています。Adobe Experience Cloudは、41兆件のリッチメディアリクエスト、1,500億通を超える電子メール、30億ドルの広告費用など、年間233兆件を超えるデータトランザクションを顧客が管理できるよう支援します。

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、webサイトに掲載されています。

 

出典:* The Forrester Wave™: Experience Optimization Platforms(エクスペリエンス最適化プラットフォーム)、2018年第2四半期」、James McCormick、Emily Miller、Gene Leganza、Robert Perdoni 著、2018年6月20日

 

関連リンク:

 

©2018 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口