アドビ、Adobe MAX 2018で次世代のAdobe Creative Cloudを発表

 

Creative Cloudのさらなる革新と価値を示す、主要製品のメジャーアップデート、ソーシャルビデオアプリPremiere Rush CC、iPad版Photoshop CCとProject Geminiのプレビューを公開

 

※当資料は、2018年10月15日に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

 

【2018年10月15日】

米国カリフォルニア州ロサンゼルス発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、世界最大のクリエイティブカンファレンス「Adobe MAX」で、Photoshop CC、Lightroom CC、Illustrator CC、InDesign CC、Premiere Pro CC、Adobe XDなどの主要アプリのメジャーアップデートを発表しました。加えて、動画クリエイター向けに、ビデオの編集とYouTubeやInstagramなどのソーシャルメディアへの投稿を簡単にできる、初のオールインワンで使いやすいビデオ編集アプリAdobe Premiere Rush CCを公開しました。また、さまざまなデバイスでシームレスに使える高性能のアプリを実現するというアドビのコミットメントを標榜する、iPad版のAdobe Photoshop CCとイラスト制作アプリProject Geminiのプレビューを紹介しました。

 

アドビのチーフプロダクトオフィサー兼Creative Cloud担当エグゼクティブバイスプレジデントであるスコット ベルスキー(Scott Belsky)は次のように述べています。「本日、アドビはデバイスとプラットフォーム間のクリエイティブワークフローを変革することでクリエイターコミュニティに有意義な価値をもたらす、次世代クリエイティブアプリケーション群を発表しました。主要アプリを継続的に改良し続けるだけでなく、エクスペリエンスデザインやソーシャルビデオ制作といった新しい分野に参入し、タッチ操作、音声認識、3D、拡張現実(AR)などの新しいメディアに積極的に取り組んでいくことで、Adobe Creative Cloudは、真にすべての人のためのクリエイティブプラットフォームとなりました。」

 

Creative Cloudアプリケーションとサービス全体のイノベーション

Creative Cloudのデスクトップアプリケーションのメジャーアップデートには、Photoshop CCの「コンテンツに応じた塗りつぶし」ワークスペース、Lightroom
CCとLightroom Classic CCのパフォーマンス向上とワークフロー強化、フォトリアリスティックな表現を可能にするIllustrator CCのフリーグラデーション機能、InDesign CCのパワフルな「内容を自動認識に応じて合わせる」機能、Webカメラと参照アートワークを使ってユニークなキャラクターを簡単に生成し、アニメーションを作成できるCharacter Animatorの新しいCharacterizer機能、レンダープレビューのパフォーマンスを劇的に向上させるDimension CCの新しいレンダリングエンジン、Adobe StockのAdobe Senseiによる検索機能とGoProのビデオクリップライブラリなどが含まれます。さらにアドビは、アニメーション業界からの要望に応え、AnimateからAfter Effects、AnimateからCharacter Animator、Adobe XDからAfter Effectsへという連携ワークフローを発表しました。

 

Webサイトやモバイルアプリ開発のためのオールインワンのUX/UIソリューションであるAdobe XDでは、Amazon Echoのような音声対応デバイス用アプリやエクスペリエンスのプロトタイプ作成を可能にする新機能をリリースしました。これは以前買収したSayspringのテクノロジーを活用したものです。デザイナーは音声トリガーやスピーチ再生といった音声認識機能を使って、スクリーンと音声の両方の操作に対応したプロトタイプ作成を1つのアプリケーションで行えるようになりました。加えて開発者は、Adobe XD APIを用いてプラグインやアプリ連携機能を開発し、新機能やワークフロー自動化を追加したり、デザイナーが常用するツールやサービスとXDを連携させることができます。

 

ソーシャルビデオクリエイターを解放するPremiere Rush CC

動画クリエイターのためにデザインされたPremiere Rush CCは、ビデオ撮影から、直感的な編集、シンプルなカラーおよびオーディオ調整、モーショングラフィックス活用、さらにYouTubeをはじめとする主要ソーシャルプラットフォームでのシームレスな公開までの一連の機能すべてを統合した、単一の使いやすいソリューションです。Premiere Rush CCを使えば、専門的な知識がなくとも、ビデオ、カラー、オーディオを調整、編集し、プロ品質のビデオを制作できます。Premier Pro CCとAfter Effects CCのパワーを受け継ぐPremiere Rush CCは、Adobe Stockに収録された、プロがデザインしたモーショングラフィックステンプレートにアプリから直接アクセスできるため、タイトルづくりもすばやく行えます。また、Adobe Senseiによる、ワンクリックでBGMの音量を調整する自動ダッキング機能も装備しています。さらに、どこからでもアクセス可能で、デスクトップとモバイルを横断して一貫性のあるユーザーエクスペリエンスが提供されるため、ひとつのデバイス上で作成したプロジェクトを異なるデバイスから、対象のソーシャルプラットフォームに最適化されたフォーマットで投稿することもできます。

 

マルチデバイス対応の高性能な画像アプリとイラスト制作アプリをプレビュー

アドビは、マルチデバイスという新たな時代の制作環境に対応し、主要デスクトップアプリと連携したワークフローを構築できる、2つの次世代モバイルアプリのプレビューを公開しました。

 

  • iPad版Photoshop CC:タッチ操作でコントロールできるよう再設計されたiPad版Photoshop CCは、デスクトップ版と同じパワーと精確さを受け継いでいます。つまり、iPad版PhotoshopでPSDのネイティブファイルをそのまま開いて業界標準と言えるPhotoshopの画像編集ツールで編集ができ、使い慣れたレイヤーパネルも装備されます。マルチデバイス対応のPhotoshop CCは、iPad版が2019年に提供開始予定です。iPadで編集作業を開始し、すべての編集内容をCreative Cloudを介してデスクトップ版Photoshop CCで引き継ぎ、両者間を行き来して編集をすることができます。
  • Project Gemini:デバイス横断でのドロー&ペイントワークフローを加速するために新たに開発されたアプリです。Project Geminiは、iPad版を2019年に提供開始予定です。ビットマップとベクターならびに新しいダイナミックブラシを統合し、単一のドローイングエクスペリエンスを提供します。Project Geminiでは、アーティストは使い慣れたPhotoshopブラシを同期して使うことができ、Photoshop CCとの連携もスムーズに行えます。

 

Adobe Senseiによる劇的な生産性向上

すでにAdobe Creative Cloud、Adobe Document Cloud、Adobe Experience CloudにはたくさんののAdobe Senseiを活用した機能が搭載されていますが、Creative Cloudの2019年版リリースにはさらに数十を超えるAdobe Senseiベースの生産性向上機能が追加されています。

 

  • Photoshop CCの「コンテンツに応じた塗りつぶし」ワークスペースは、より精密なコントロールが可能となり、求める結果を素早く得ることができます。
  • InDesign CCの「内容を自動認識に応じて合わせる」機能は、画像の内容を検出し、イメージフレームのサイズに合わせた切り抜きを自動的に行います。
  • Illustrator CCのフリーグラデーションは自然なグラデーションを作り出します。
  • Character AnimatorのCharacterizerは、どのような顔写真からも生き生きしたアニメーションキャラクターを生成します。

 

2019年度のCreative Cloud リリースは、クリエイターの生産性を劇的に高め、より優れた作品を制作できるように、パフォーマンスの向上はもちろん、より密接なアプリケーション連携、直感的なコラボレーション機能、ファイルアセットとサービスへの迅速なアクセスを通じた操作性の向上にも努めています。アドビはまた、各アプリ内で「使い始める」エクスペリエンスを重視し、初心者が迅速かつ容易に新しいツールを習得し、新機能を含む各種機能にアクセスできるよう最適化を図っています。

 

ワークフローに関する新機能および機能向上には、選択したオブジェクトに応じて表示項目を自動的に変更するInDesign CCのプロパティパネル、Photoshop CCの複数操作を「元に戻す」機能と自動リサイズ、Illsutrator CCのカスタマイズ可能なツールバー、ライブラリの一括アップロードに対応したBridge CCのUIの刷新などがあります。また、Creative Cloudのメンバーは、文書の送信、レビュー、承認のプロセスを刷新し、電子メールの添付やバージョン管理の必要をなくした、最新バージョンのAdobe Acrobat DCも利用できます。

 

イマーシブデザインの未来をプレビュー

拡張現実(AR)コンテンツをデザインするクリエイターのための、新しいクロスデバイスのARオーサリングツールであるProject Aeroもプレビュー公開されました。これはデザイナーとアーティストのために開発された初のARツールで、本年6月にAppleの世界開発者会議(WWDC)のステージで初披露されました。Project Aeroを使えば、クリエイターは現実世界に重ねてデジタルコンテンツを自在に配置できるため、ARコンテンツを最適化して展開することが可能です。Adobe MAXでは、イマーシブデザインエクスペリエンスの可能性を追求した、ARによる未来の小売店舗を展示します。

 

エンタープライズカスタマー向けの機能拡張

アドビは、Creative CloudとExperience Cloudの間でクリエイターとマーケターのワークフローを統合する連携機能を発表しました。この連携機能によって、ブランド企業はCreative Cloudアプリを使いながらExperience Managerのアセットに簡単にアクセスし、Experience Managerから直接Adobe Stock画像を利用し、Dimension CCでデザインされた3DコンテンツをExperience Managerで調整し、マーケティングアセットとして公開できるようになります。

 

Creative Cloudのイノベーションと新機能の概要はこちらのブログをご参照ください。

 

価格と提供開始時期

Creative Cloudデスクトップアプリのアップデートは、Creative Cloud有償メンバーは本日からダウンロードできます。購入プランには個人版、学生、グループ版、教育機関、官公庁、エンタープライズ版があります。アドビのモバイルアプリについてはiOS App StoreおよびGoogle Playからダウンロードが可能です。

 

iPad版Photoshop CC、Project Aero、iPad版Project Geminiは2019年提供開始予定です。Android版Spark Postはこれまでパブリックベータ版として提供していましたが、正式なバージョン1.0としてGoogle Playストアから入手可能です。

 

Premiere Rush CCはWindows、macOSに加えて、App StoreからiOSアプリが入手可能で(Android版は2019年提供開始予定)、お客様のニーズに応じてさまざまなプランで提供します。

 

  • Premiere Rush CC単体プランの価格は、個人版は月額980円(税抜)、グループ版は月額1,980円(税抜)です。コンプリートプラン、学生版およびPremiere Pro CCの単体プランに含まれ、100 GBのCCストレージが付きます。最大10TBまでのストレージの追加オプションもご用意しています。
  • Premiere Rush CCスタータープラン:デスクトップ版、モバイル版ともにフル機能が無償で使用できます。作成できるプロジェクトは無制限で、3プロジェクトが書き出し可能です。

 

Adobe MAXについて

Adobe MAXは著名クリエイターやセレブリティら世界中のクリエイティブなマインドをもった人が一同に集まる場です。MAX 2018の基調講演には、アカデミー賞授賞映画監督ロン ハワード(Ron Howard)、コミックブックアーティストのニコラ スコット(Nicola Scott)、世界的な写真家のアルバート ワトソン(Albert Watson)、コメディアンのティファニー ハディッシュ(Tiffany Haddish)が登壇します。ハディッシュは、アドビの研究所Adobe Researchで開発中のイノベーション技術を先行公開するMAX Sneaksの司会を務めます。ほかにもミュージシャンのクエストラブ(Questlove)と女優のリリー シン(Lilly Singh)(英語)とともに、MAXの来場者はSonyが公開を予定しているアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の特別トレーラー映像の上映に立ち会います。さらに、HP、CDW、Dell、Google、Samsung、Intelといった主要テクノロジー企業、Adidas、Sonyといった先進的なデザインマインドを持つクリエイティブブランドも参画します。Adobe MAX基調講演のライブストリーミングはこちらで、日本時間10月16日午前1時(米太平洋時間10月15日午前9時)と10月17日午前2時(同10月16日午前10時)から配信予定です。

 

Adobe Senseiについて

Adobe Senseiは、アドビのクラウドプラットフォームに組み込まれるフレームワークとインテリジェントサービス群で構成されており、デジタルエクスペリエンスのデザインと提供を大幅に改善します。人工知能(AI)と機械学習の統合フレームワークで、アドビが蓄積してきたコンテンツとデータアセットおよびデザイン、ドキュメント、およびマーケティング分野の深い専門知識を活用しています。詳細は、Adobe Senseiのサイトをご覧ください。

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、webサイトに掲載されています。

 

© 2018 Adobe. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

プレス窓口