アドビ、ガートナーのマルチチャネルマーケティングハブ分野のマジッククアドラント2019年版において「リーダー」に選ばれる

 

アドビとアドビ傘下のマルケトは、「ビジョンの完全性」と「実行能力」において高い評価を獲得

 

※当資料は、2019年5月1日に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

 

【2019年5月9日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は、アドビおよびアドビ傘下のMarketo(以下マルケト)が、ガートナーの調査レポート「Magic Quadrant for Multichannel Marketing Hubs(マルチチャネル マーケティング ハブ分野のマジッククアドラント)」2019年版において、「リーダー」に選ばれたことを発表しました。アドビは、本分野において2年連続で「リーダー」に選出されました。本調査で、ベンダーの「ビジョンの完全性」の評価に設定された基準には、市場に対する理解、マーケティング戦略、販売戦略、製品/サービス戦略、ビジネスモデル、業界/業種別戦略、革新性、地理的戦略などが含まれています。21社のベンダーが評価された本調査レポートにおいて、アドビとマルケトが「リーダー」と位置づけられたことは、B2CとB2Bをまたぐマーケティング領域におけるリーダーシップを裏付けるものです(ブログ記事(英語)参照)。

 

ガートナーは、「マルチチャネルマーケティングハブ(MMH)」を、Webサイトやモバイル、ソーシャル、ダイレクトメール、コールセンター、ペイドメディア、電子メールといった複数チャネルを横断して、顧客セグメントごとに最適化された販売提案を提示することで、企業のコミュニケーションを統合的に実施するテクノロジーと定義しています。MMHの機能が拡張されれば、B2BおよびB2Cの両環境において、マーケティング組織が管理する販売提案や見込み顧客を、セールス組織における販売活動に統合できることになります。

 

アドビのデジタルエクスペリエンス事業部門戦略マーケティング担当シニアバイスプレジデントであるアシーム
チャンドラ(Aseem Chandra)は次のように述べています。「パーソナライズされた魅力的な体験を常時提供することは、顧客体験管理(CXM)における成功のカギです。Adobe CampaignおよびMarketo Engageを含むAdobe Experience Cloudは、パーソナライズされた顧客体験の計画や統合的な自動運営、および成果計測を大規模に実施するための、比類のない能力を備えており、CXM領域で卓越したいと考えるB2CおよびB2Bのマーケターに最もふさわしい選択肢です。」

 

B2CおよびB2Bマーケターは、Adobe Experience Cloudの一部であるAdobe Marketing Cloud内のAdobe CampaignとMarketo Engageを併用することで、素晴らしい顧客体験をカスタマージャーニー全体にわたって提供することが可能になります。また、Adobe Marketing Cloudには、AI(人工知能)と機械学習でマーケターが関わるタスクのスマート化および効率化を支援するAdobe Senseiも含まれています。加えて、クロスチャネルキャンペーン管理製品であるAdobe Campaignは、オンライン(電子メールやモバイルなど)とオフライン(ダイレクトメールやPOSなど)の両方を含む複数チャネルを横断して、顧客体験をパーソナライズしたいB2Cマーケターを支援します。Adobe Campaignの電子メールおよびキャンペーン管理機能は、業界初のCXM向けオープンプラットフォームAdobe Experience Platformを基盤としたもので、リアルタイムな顧客エンゲージメントを実現します。さらに、Adobe Marketing Cloudに含まれるMarketo Engageを活用すれば、B2B企業はマーケティング組織とセールス組織の連携を推進できます。Marketo Engageはパーソナライズされた体験の統合的な自動運営を実現するソリューションで、プランの検討に始まり実施運営に至る各フェーズにわたって、最適化されたコンテンツの複数チャネルを横断した配信からそのビジネスインパクトの計測までをカバーすることで、B2B企業を支援します。

 

出典:Gartner, “Magic Quadrant for Multichannel Marketing Hubs,” Noah Elkin, Adam Sarner, Benjamin Bloom, Joseph Enever, Colin Reid, 18 April 2019.

 

ガートナー社免責事項

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価またはその他の選定を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

 

Adobe Experience Cloudについて

アドビは、Adobe Experience Cloudで顧客体験管理(CXM)を再定義します。Adobe Experience Cloudは、エクスペリエンスのためのデジタルコンテンツの制作からマーケティング、広告、アナリティクス、コマースを含む業界唯一の包括的なソリューションです。Adobe Experience Cloudは、すべてのタッチポイントやあらゆるチャネルを通し、魅力的なB2C/B2B/B2Eエクスペリエンスを一貫性と継続性をもって提供することを支援し、顧客のビジネス成長を加速させます。静的かつ分断化された顧客プロファイルのみを扱う従来のエンタープライズプラットフォームと異なり、Adobe Experience Platformは企業が顧客を完全に理解する手助けを行い、さらにアドビのAIおよび機械学習テクノロジーであるAdobe Senseiにより、データから知見を得てアクションに繋げる支援をします。エクスペリエンスを主題にした主な調査報告書において、業界アナリストがアドビをリーダーとして位置づけるものは20を超え、これはテクノロジー企業のなかでも突出しています。

 

アドビについて

アドビは、世界を変えるデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、webサイトに掲載されています。

 

©2019 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

プレス窓口