アドビAdobe Digital Price Index最新発表20222オンラインインフレ3.6過去最高記録

 

  • 20222時点オンライン価格21か月連続上昇
  • 工具ホームセンター用品価格過去最高記録
  • アパレル価格前年16.7どのカテゴリーより上昇

 

資料2022310米国本社から発表メディアアラート抄訳です

 

【2022年4月8日】

AdobeNasdaq: ADBE本社米国カリフォルニアサンノゼ以下アドビ本日米国における最新20222時点Adobe Digital Price IndexDPI発表ましこれよる20222オンライン価格前年同月3.6前月0.1上昇なりましこれ202111記録前年同月3.5超え過去最高インフレなります20222時点前年同月オンラインインフレ21か月連続なりますこの工具ホームセンター用品カテゴリー突出価格前年同月7.8前月0.8年間ベース高値記録ますアパレル前年同月16.7前月0.3どのカテゴリーより高い上昇示しましまた食料前年7.6前月1.9なりこちら過去最高記録ます

 

Change in Prices by Month

DPI米国消費オンライン商品購入する価格包括示し指標です

Adobe Analytics使用エレクトロニクスアパレル家電製品書籍玩具コンピュータ食料家具寝具工具ホームセンター用品家庭用品園芸用品ペット用品宝飾医療機器用品スポーツ用品パーソナルケア用品関連ギフト処方箋事務用品18カテゴリー対象1小売サイト訪問1以上SKU分析ます

 

20222時点においてAdobe Digital Price Index調査いる18カテゴリーうち13カテゴリー前年同月価格上昇おり中でもアパレルカテゴリーより高い上昇示します一方エレクトロニクス宝飾書籍玩具コンピュータ5カテゴリー値下がりられまし

 

また前月18カテゴリー13カテゴリー値上がり記録一方エレクトロニクス宝飾家電製品コンピュータ医療機器用品などカテゴリー値下がり観測まし

 

Price Table

 

Adobe Digital Price Index(2022年2月)で注目の商品カテゴリー

  • 工具ホームセンター用品価格前年同期7.8前月0.8なり年間ベース最も高い上昇なりましこれまで高値2021年末年始にかけて記録おり202112オンライン価格前年同月7.1でしまた2迎えカテゴリーにおける前年同月価格上昇15か月連続なりまし

 

Tools Home Improvement

 

  • アパレル価格前年同月16.7前月0.3なり202111前年同月17.320211216.6なっ2021ホリデーシーズン並み価格水準なりましカテゴリーほぼ1年間11か月連続オンラインインフレ続いますこれパンデミックられ季節割引セール影響による価格変動から逸脱動きです
Apparel
  • 食料価格前年7.6前月1.9なり年間ベース最も高い上昇なりまし食料オンライン価格2時点25か月連続上昇記録消費店舗支払う価格反映消費物価指数同じ傾向示す唯一商品カテゴリーなっます
 
  • 事務用品事務用品オンライン価格8か月にわたる前年同月下落または横ばい記録2前年同月1.8前月0.3なり2か月連続上昇ます1価格前年同月1.5前月2.2でしCOVID-19変異影響未知数あるため消費多く依然として在宅勤務続けおりホームオフィス製品需要価格押し上げます
 
  • ペット用品価格前年同月5.6前月1.3ここ10か月着実上昇ます20215時点前年同月0.9前月0.1とどまっましペット飼う消費増え需要高まっため20205以降このようEコマース新興なる商品カテゴリー価格上昇ます
調査方法について

Adobe Digital Price IndexDPI米国労働統計発表いる消費物価指数モデルおりオンライン価格追跡Fisher Ideal Price Indexフィッシャー理想物価指数使用ますこれ基準ある比較その前月それぞれ購入商品数量もとカテゴリーごと価格変動算出するものですアドビ分析前後する2購入製品実際数量によって重み付けます 

 

アドビAI機械学習フレームワークAdobe Sensei手作業組み合わせCPI Manual消費物価指数マニュアル定義カテゴリー準拠商品分類おこなっますこの分析手法著名経済学者あるオースタン グールズビーAustan Goolsbeeピート クレノーPete Klenowという2経済学者協力開発まし

 

■Adobe Experience Cloudについて

アドビは、Adobe Experience Cloud顧客体験管理(CXM)再定義します。

Adobe Experience Cloudエクスペリエンスためデジタルコンテンツ制作からマーケティング広告アナリティクスコマース含む業界唯一包括ソリューションですAdobe Experience Cloudすべてタッチポイントあらゆるチャネル通し魅力B2C/B2B/B2Eエクスペリエンス一貫継続をもって提供すること支援ブランド統一安全スケーラブルデジタル基盤構築できるようますAdobe Experience Cloud一部あるAdobe Experience PlatformCXMためリアルタイムプラットフォームですオープン拡張あるAdobe Experience Platform企業全体データつなぎ合わせリアルタイム顧客プロファイル可能Adobe Experience Cloudソリューション全体有効することできます

■「アドビ」について

アドビは、「世界動かすデジタル体験を」ミッションとして、3つクラウドソリューションで、優れた顧客体験提供できるよう企業・個人お客様支援しています。Creative Cloudは、写真、デザイン、ビデオ、web、UXなどのための20以上 デスクトップアプリモバイルアプリ、サービス提供しています。Document Cloudでは、デジタル文書作成、編集、共有、スキャン、署名が簡単にでき、デバイス関わらず文書やり取り共同作業安全に行えます。Experience Cloudは、コンテン管理、パーソナライゼーション、データ分析、コマース対し、顧客ロイヤルティおよび企業の長期的成功を推進する優れた顧客体験提供支援しています。これら製品、サービス多くで、アドビ人工知能(AI)機械学習プラットフォームであるAdobe Sensei活用しています。

 

アドビ株式会社米Adobe Inc.日本法人です。日本市場おいては、人々の創造性解放するデジタルトランスフォーメーション推進するため、「心、おどる、デジタル」いうビジョンもと、心にひびく、社会つながる、幸せなデジタル社会の実現目指します。

 

アドビ関する詳細な情報は、webサイトhttps://www.adobe.com/jp/about-adobe.html ご覧ください。

 

 

© 2022 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

ダウンロード

このプレスリリースに関するお問い合わせ

プレス窓口