Adobe Experience PlatformにおけるGDPRの技術概要

お使いのAdobe ExperienceソリューションでGDPR製品アップデートを活用してください。

EUの一般データ保護規則(GDPR)は、EUにおけるデータ保護の要件が現在の状況に適応するように調整したものです。GDPRに対応するためには、企業側である程度の調整が必要となります。Adobe Experience PlatformのGDPR製品アップデートが、この新しい機会を活用できるようサポートします。アドビでは、アドビ製品が消費者のプライバシーを保護し、すべてのエンタープライズの実装と管理向上をサポートできるよう尽力しています。

信頼を高める
個人に対し、自分の個人情報に対する制御と透明性を提供することで、関係性を強化します。

複数のGDPR要求をより迅速に実行
GDPR要求をAPI経由でAdobe Experience Cloudソリューションへ送信します。

お客様のビジネスを保護
GDPR要件を満たし、規制リスクを軽減します。

GDPRに対応するようAdobe Experience Platformをアップデート。

アドビはお客様のデータ処理者として、お客様がAdobe Experience Cloud製品を使用してGDPRに対応できるよう、Adobe Experience Platformに次のデータプライバシー機能を搭載しました。

GDPR要求を処理するAPI

GDPRでは、特定の状況において、データ主体は、データ管理者が収集した自分たちの個人情報にアクセスまたは削除(GDPR要求)する権利を持ちます。Adobe Experience Cloud内にデータがある場合、Adobe GDPR APIを使用すれば、データ主体からのGDPR要求をより迅速かつ便利に管理できます。

GDPRユーザーインターフェイス(UI)

アドビのGDPR UIでは、ビジュアルインターフェイスを使用してGDPR要求を実行できます。前述のGDPR APIは、一度に大量の要求を処理する場合に適していますが、実装が必要です。一方、このUIは、一回限りの要求専用に作られており、実装は必要ありません。

データの管理およびラベル付け

Adobe Experience CloudにGDPR要求を送信する前に、GDPR要求で参照するデータ型を識別し、ラベル付けする必要があります。Adobe Analyticsでのデータのラベル付けについて詳しくは、こちらを参照してください。

IDを取得するための軽量JavaScriptタグ(オプション)

アドビのGDPR APIでGDPR要求を処理するためには、企業がユーザーIDを送信して対応するデータを関連付ける必要があります。IDを素早く取得し、GDPR API呼び出しに含めて処理できるよう、個人がGDPR要求を送信するフォームページにGDPR ID取得タグを導入することを検討してください。

同意管理ツールとの統合

データ収集と使用事例を評価して、いつどのような場面で消費者の同意が必要となるかを判断します。アドビでは、同意の取得をサポートするEvidonOneTrustおよびTrustArcという3つの同意管理ソリューションとのプレビルト統合を用意しています。これらの統合は、アドビの次世代タグ管理システムであるLaunch by Adobe内で利用できます。

テクニカルドキュメント

Adobe Experience CloudおよびGDPR

Adobe Experience Cloud向けAdobe Experience Platform GDPR製品の実装方法をご覧ください。

今すぐ読む

Adobe Experience Cloudテクニカルドキュメント

新しいGDRP強化機能について理解し、実装するための追加情報を参照してください。

ノートを読む