仮想現実のヒーロー
例えば、美術史の学生をルーブル美術館への仮想の遠足に連れて行ったり、第一対応チームをトレーニングするために、危険性の高い緊急事態をシミュレーションしたりといった用途を想像してみてください。一般的なVRヘッドセット(Google Cardboard、Samsung Gear VRなど)で配信可能なイマーシブな学習体験をデザインして、現実的なシナリオに再現します。2019リリースのAdobe Captivateでは、360度メディアアセットを使って仮想現実ベースの学習シナリオをオーサリングできます。情報ホットスポット、クイズ、知識確認モジュールなどのインタラクティブな要素を追加して、受講者のエンゲージメントとリテンション率を高めます。
VRによるイマーシブな学習体験

集中力の持続低下を防ぐための工夫の1つとして、イマーシブな学習シナリオにより受講者はVRヘッドセットを使って仮想現実を体験できます。Adobe Captivateでは、360度のメディアアセットをインポートして、ホットスポットやクイズなどのインタラクティブな要素を追加できるようになったため、現実に近いシナリオで受講者を引き付けます。「(ある特定の)立場で考える」「仮想ツアー」「危機管理」「防護演習」などの学習ユースケースを体験させられます。

最適なVRラーニング体験で推奨されるベストプラクティス
コンテンツ再生で推奨されるVRデバイス:
Google Daydream
Samsung Gear VR(2017)
推奨されるOSおよびブラウザの互換性:
iOS 11以降、Safari 11.1以降
Android 6.0以降、Google Chrome 67以降

VRコンテンツは別のデバイスとブラウザの組み合わせでも動作しますが、受講者に最適な環境としては上記の組み合わせをお勧めします。

360度の学習体験

360度の画像とビデオで学習環境を拡張し、それらを情報ブラーブ、オーディオコンテンツ、クイズなどのカスタマイズ可能なオーバーレイ要素で、インタラクティブなeラーニングコンテンツに変換します。受講者は周辺を詳しく見ることができ、積極的なやりとりが行われるため、リテンション率が高まります。実施中のコンプライアンスプロトコル、仮想ウォークスルー、実製品のデモなど、複雑な学習ユースケースが体験できます。
ライブ環境でのデバイスプレビュー
eラーニングコンテンツが受講者のVRデバイス上でどのように表示されるかを正確に確認できます。Adobe Captivateにあるライブプレビュー機能を使用してQRコードを生成すると、モバイルデバイスを使用してスキャンでき、デバイスのブラウザでそのプロジェクトをリアルタイムでミラーリングできます。最初の接続が完了すると、Adobe Captivateがアクティブである限り、プロジェクト全体のすべての作業のプレビューを継続できます。