大規模法人の73%が、作成したトレーニングコンテンツタイプの上位の1つにコンプライアンストレーニングを挙げています
モバイルビュー
大規模法人の73%が、作成したトレーニングコンテンツタイプの上位の1つにコンプライアンストレーニングを挙げています
マイチームビュー
Adobe Captivate Primeでは、マネージャーが直属または非直属のチームのトレーニングやパフォーマンスの総合的な概要にアクセスできます。組織のスキルの概要やコンプライアンストレーニングへの準拠についての洞察が得られます。締め切りに間に合わない可能性のあるチームメンバーを簡単に判断し、先手を打って状況を改善することができます。
学習の概要
チームの学習状況を、登録、進行状況、完了状況の統計を見やすい表にして表示します。マネージャーがチームビューとトレーニングビューを用いてデータを分析し、学習パターンを理解して、ビジネス上の決定を下し、トレーニングに関するフィードバックを行えます。
コンプライアンスダッシュボード
今後の締め切りに対するチームのパフォーマンスを統合されたビューで確認し、チームが組織のコンプライアンスに沿っているかを確認できます。先手を打って介入し、チームのコンプライアンスを100%に維持し、常に監査準備ができた状態を保ちます。

 

包括的な追跡
評価、コースの進行状況、スキルレベルの達成度、学習ステータスなど、すべてのオンライン学習アクティビティを自動的に追跡し、正確でレポートを手軽に作成できます。
受講者のための成績記録
受講者の成績記録を生成し、個人やチームの学習履歴を追跡します。マネージャーと管理者は、学習の進行状況、コース登録、完了の詳細、達成スキルなどについてレポートを作成できます。
通知のスケジュール
コースへの自己登録、コースと認定の完了、締切経過のエスカレーション通知などを含む、チームの学習アクティビティに関する通知をマネージャーが受信できます。
役割に基づいたレポート作成
マネージャーが常にチームの最新の進行状況を把握できます。マネージャーがアクセスできるように、該当チームのレポートセットを設定します。
なぜEnterprise LMSがコンプライアンストレーニングに最適なのでしょうか?
Compliance LMSの重要な特徴については、ホワイトペーパーをご覧ください。
George Pataky氏
「従業員がコースをいくつ完了したかを確実に確認できるため、多くのマネージャーが年間評価の際に、認定の進行状況や従業員の目標を考慮しています」
– PrismHR社、L&Dマネージャー、George Pataky氏
事例を読む ›
チャットポッド

 

Adobe Captivate Primeがお客様のビジネスにどのように役立つのでしょうか
 
*アドビの内部リサーチデータ