自動コンテンツキュレーションによる同僚間でのナレッジシェア(エンジンはAdobe Sensei)
モバイルビュー

 

自動コンテンツキュレーションによる同僚間でのナレッジシェア(エンジンはAdobe Sensei)
受講者が、Webまたはユーザーが作成したコンテンツの形式で、トピックベースのディスカッションボードに投稿し、同僚とナレッジを共有できます。同様のスキルに関心を持つ他の受講者は、このボードをフォローしてトピックについて学んだり、トピックに投稿したりできます。これはソーシャルメディアプラットフォームに似ています。  Adobe Senseiにより実現された自動コンテンツキュレーションを活用ください。
コンテンツキュレーション(手動モード)
受講者が投稿したコンテンツを確認するために、SMEをモデレーターとして割り当てます。モデレーターはコンテンツが適切であるかどうかを判断して、承認するか却下できます。承認されたコンテンツのみがソーシャルラーニングエコシステムに投稿されます。また、キュレーションを完全にオフにして、ユーザーがシステムに自由にコンテンツを投稿できるようにすることもできます。レビューのリクエストに対応すると、モデレーターにはポイントが与えられます。
自動コンテンツキュレーション(エンジンはAdobe Sensei)
特定の品質スコアを満たす受講者コンテンツのみを承認することで、自動的に受講者コンテンツの品質をチェックします。AI(人工知能)とML(マシンラーニング)アルゴリズムに基づく、コンテンツのインテリジェントスキャンによって実現しています(エンジンはAdobe Sensei)。この機能をオフにすると、コンテンツは手動モデレーションプロセスを経ることになります。
ディスカッションボード
受講者が既存のボードにコンテンツを投稿して新しいボードを作成し、スキル、ジョブグループ、トピックの関連度に基づいた論理的な情報のグループを作成することができます。
ユーザー生成コンテンツ
受講者が、ビデオ、オーディオクリップ、スクリーンショットなどの自分のコンテンツをデスクトップやモバイルデバイス*から直接、ソーシャルラーニングのディスカッションボードに投稿できるようになりました。
*モバイルアプリケーション機能は今後追加予定です
Captivate Prime Desktop App for UGC
Adobe Captivate Prime LMSの「Social Learning」タブにあるこの無料アプリケーションを受講者がインストールできます。このアプリケーションを使用すると、スクリーンキャプチャやWebカメラのビデオ、オーディオクリップ、スクリーンショットを簡単に録画、編集、投稿したり、ローカルファイルをアップロードしたりすることができるため、自身のコンテンツを簡単に投稿できます。
ソーシャルラーニングのフィード
システムに登録したあらゆるユーザーは、各自のソーシャルフィードにアクセスできます。ソーシャルフィードには、フォローしている同僚のアクティビティ、ディスカッションボード、関心のあるトピックなどが表示されます。
ソーシャルラーニングのブラウザアドイン
受講者が便利なソーシャルラーニングのアドインをブラウザに追加すれば、ブラウザの使用中にAdobe Captivate Prime LMSの該当するボードにWebコンテンツを直接投稿できます。
Matthew King氏
「Adobe Captivate Primeのソーシャルラーニング機能は、当社の受講者のeラーニングを最新化するための重要な要素になると思います」
– Domino's社、国際eラーニング専門家、Matthew King氏
Matthew King氏
「Adobe Captivate Primeのソーシャルラーニング機能は、当社の受講者のeラーニングを最新化するための重要な要素になると思います」
– Domino's社、国際eラーニング専門家、Matthew King氏
チャットポッド

 

 
Adobe Captivate Primeがお客様のビジネスにどのように役立つのでしょうか