“レイヤー7 API管理プラットフォームをAdobe API Managerに変更したのは、Adobe ColdFusionで構築されたアプリケーションとともに使用したときに、アプリケーションの遅延がおよそ90%削減されるからです。高価なレイヤー7プラットフォームを変更したことで、年間35,000ドルのコスト削減にもなります”
 

Market America|SHOP.COM
、アーキテクチャ&エンジニアリングシニアディレクター、Kent Shelton氏

API管理プラットフォーム
ライフサイクル
APIのバージョンおよびライフサイクル管理
ドラフトから公開、使用停止や廃棄まで、ライフサイクル全体でAPIを管理します。1つのプラットフォームを使用してAPIの複数のバージョンを管理することにより、下位互換性を気にすることなくAPIをアップグレードできます。テストサーバーを構成することにより、本稼動サーバーに影響を与えずAPI設定の変更を試すことができます。
APIモニタリング
個別の手段を含め、APIが顧客によってどのように使用されているかについての情報を入手できます。使用状況を考察したり、問題を予測して、予防したりできます。ヒット、データ転送、その他の標準メトリックを使用して、APIのパフォーマンスの全側面を追跡できます。カスタマイズされたダッシュボードを作成して、使用頻度の高いメトリックを容易に確認できます。
システム監視
アクセス管理
APIのアクセス制御
権限が必要なアプリケーションへのアクセスを制限して、APIのセキュリティを向上させます。基本認証、APIキー、OAuthまたはOAuthとSAMLベースの認証サーバーを使用して、有効なアプリケーションだけがAPIを呼び出しできるようにします。
APIデベロッパーポータル
搭載、連携、管理を目的とした、セキュリティが強化されたプラットフォームを確立することで、開発者がAPIを最大限まで活用できます。開発者は、APIを試したり、ドキュメントを参照したりできます。また使用計画を表示して選択したり、組み込みの開発者ダッシュボードを使用してサインアップすることで利用状況を追跡したりできます。
デベロッパーポータル
レートと制限
APIのレート制限およびスロットリング
時間単位ごとのリクエストの数に基づいて、指定されたしきい値を超えるAPIへのアクセスを制限します。定義済みのSLAから選択するか、カスタムSLAプランを作成します。
アクセスは許可されるがユーザーに通知されるソフトリミットと、それ以上のリクエストにはアクセスが拒否されるハードリミットを設定できます。
ColdFusionとAPIマネージャーとの統合
最小限の設定で稼働できます。APIマネージャーの管理ポータル内でColdFusionサーバーを構成することにより、ColdFusionベースのRESTサービスをAPI管理ゲートウェイに容易に読み込みできます。APIマネージャーとColdFusionを同じJVMを共有するように設定すると、負荷が最小限の場合のアクセスがより速くなります。
統合
個別のインストーラーとして、API Management Platformを利用できます。該当のリンクをクリックして Win64Linux 64OSXSolarisの各インストーラーをダウンロードしてください。

イベント・活動


コミュニティ
ColdFusionの役立つ機能を紹介。
YouTube
ColdFusionを使いこなすために役立つ貴重なチュートリアル。
CF Summit
迅速なアプリケーション開発の第一人者が集結するサミット
FB-TW
情報収集

 

ColdFusion に関するご質問やお問い合わせ