ユーザーの忙しいスケジュールを効率化する使い勝手に優れた製品を、Adobe ColdFusionを使って小規模な開発チームで構築しています”

 
SignUpGenius、アーキテクチャバイスプレジデント、Jad Talbert氏

 

Adobe ColdFusion Enterprise Edition
観察を通してパフォーマンスを改善
最新版のパフォーマンス監視ツールセットは導入が容易なスタンドアロンサーバーで、改善につながる気づきを与えてくれます。アプリケーションの状況をエンドツーエンドで確認、サーバー、データベース、ネットワークに関する問題を、顧客に影響が及ぶ前に、モニタして短時間でトラブルシューティングします。
主な機能

サーバーモニタ
パフォーマンスの問題にフラグを設定し、問題領域を切り分けることで、きわめて迅速に是正措置に着手できます。クラスター全体またはノード、アプリケーション、またはページ固有の平均応答時間とスループットをリアルタイムに把握できます。また、この情報は自動的にアーカイブされるので、履歴分析に利用できます。
コードプロファイラ
コードの奥深くに隠れている、パフォーマンスに関係する複雑な問題を迅速に特定、分析、デバッグ、解決します。ボトルネックの根本原因を特定するために必要な詳細情報を入手し、複雑なアプリケーションをより効果的にトラブルシューティングします。

外部モニター
Webサービス、ファイルシステム、メールサーバー、LDAP、Microsoft SharePoint、転送プロトコルなど、アプリケーションのパフォーマンスを低下させている可能性のある外部要因に焦点を絞ります。ITインフラストラクチャのすべてのコンポーネントが同期して機能するようにします。
コネクタの自動調整
Webサイトの常時稼働を実現します。
パフォーマンス監視ツールセットで、受信トラフィックに基づいてコネクタ設定を動的に調整できるようにすることで、503 Service Unavailableエラーを解消します。

キャッシュの分散

業界で幅広く利用されている3つのエンジン、JCS、Memcached、Redisの組み込みサポートを活用することで、パフォーマンスを向上し、拡張性を強化します。シンプルなCFMLインターフェイスを実装すれば、独自のキャッシュエンジンをプラグインすることもできます。
データベースモニタ
データベースがアプリケーションのパフォーマンスの障害になっていないかを確認します。すべてのデータベースクエリ、トランザクション、クエリキャッシュをモニターするとともに、予防措置または是正措置をプロアクティブに講じることができるように、定義済みまたはカスタマイズされたアラートを表示します。
すべての機能を見る ›

イベント・活動


コミュニティ
ColdFusionの役立つ機能を紹介。
YouTube
ColdFusionを使いこなすために役立つ貴重なチュートリアル。
CF Summit
迅速なアプリケーション開発の第一人者が集結するサミット
FB-TW
情報収集