XML Ditaエディター

XMLとDITAオーサリングのための頼れるソリューション

 
コンテンツの再利用、一貫性に欠ける文書、翻訳費用の上昇は、現代のテクニカルコミュニケーションのプロが世界中で直面しているビジネス上の課題です。Adobe FrameMakerで構造化オーサリングに移行しましょう。初心者にも専門家にも適したこのパワフルなワークスペースでは、DITA 1.3、1.2、LwDITA、カスタムXML標準、S1000Dなどの業界標準コンテンツと互換性のあるコンテンツを作成し、リアルタイムでビジネス価値を生むことができます。
WYSIWYGビュー(XML)の向上  
WYSIWYGビュー(XML)の向上
簡素化されたビュー機能を結合する、新しくなったWYSIWYGビューでより効率的な作業が可能になります。DITAコンテンツの場合、ショートカット(Tab、Shift+Tab、Ctrl+B、Ctrl+Uなど)を使用してトピックを簡単に操作できます。
すぐに使用できるLwDITAのサポート  
すぐに使用できるLwDITAのサポート
LwDITAスタンダード(ベータ版)を使用してコンテンツをオーサリングしてパブリッシュできます。アプリケーションマッピングUIでLwDITAオーサリングモードを設定し、Lw-TopicやLw-Mapのオーサリングを開始します。PDFを生成する場合は、LwDITAのテンプレートを個別に構成します。
一新された構造図
一新された構造図
新しい直感的な構造図を活用しながら、XMLやソースコードビューでコンテンツを操作できます。強力な検索機能でコンテンツ、エレメント、属性を見つけることができます。コンテクストメニューではカット、コピー、ペーストなどの機能を使用することができます。
DITAマップのドキュメントとツリーの同時表示  
DITAマップのドキュメントとツリービューの同時表示
DITAマップをResource Manager(ツリービュー)や文書として同時に開くことができるようになりました。メタデータの編集とDITAマップの操作が簡単になりました。
DITAへのWordコンテンツの読み込み  
DITAへのWordコンテンツの読み込み
Word文書をスムーズに読み込み、DITAマップに変換できます。
DITAへのMarkdownの読み込み  
DITAへのMarkdownの読み込み
Markdownファイルを簡単に読み込み、DITAベースの文書に変換できます。
YouTubeビデオの埋め込み  
YouTubeビデオの埋め込み
非構造化文書、DITA文書、LwDITA文書にYouTubeビデオをシームレスに挿入できます。コンテンツをPDFやHTML5としてパブリッシュすると、ビデオを視聴できるようになります。
DITAによるリッチメディアの挿入  
DITAによるリッチメディアの挿入
DITA 1.3 、LwDITA
一層スムーズなDITAのオーサリング  
一層スムーズなDITAのオーサリング
強力なXML/DITAワークスペースでより直感的に作業できます。改良された構造ビューを活用しましょう。WYSIWYGビューでトピックパスを参照し、構造ビューでコンテンツの前後に挿入、貼り付け、削除を行うことができます。
優れたCSS3スタイルサポート  
優れたCSS3スタイルサポート
Element Definition Document(EDD)またはテンプレートにシームレスに読み込むことができるため、新規または既存のCSS3フォーマットルールを構造化コンテンツにすばやく適用することができます。
複数のDITAマップのナビゲーション
複数のDITAマップのナビゲーション
開いているタブをすべて表示するシンプルなドロップダウンメニューにより、複数のDITAマップ間をスムーズに移動できます。フォーカスするDITAマップを選択します。
ビューの即時切り替え
ビューの即時切り替え
これまで以上にすばやく簡単にWYSIWYGビューとXMLビューを切り替えられます。
以下を参照した頭字語<abbreviated-form></abbreviated-form>
以下を参照した頭字語
エレメント(DITA 1.3)を使用して 頭字語をすばやく参照でき、PDFおよびHTML5にパブリッシング中に正しくレンダリングされることを確認できます。
DITAコンテンツのWYSIWYG PDF生成  
DITAコンテンツのWYSIWYG PDF生成
パワフルなDITAエンジンとDITAテンプレートカスタマイズの拡張機能を活用し、DITAコンテンツ(DITAmap/bookmap)をWYSIWYG PDFにパブリッシュします。DITAテンプレートを設定ファイルの一部として保存することにより、DITAテンプレートの読み込み、書き出し、変更、適用を行うことができます。
すぐに使用できるDITA-OTのサポート
すぐに使用できるDITA-OTのサポート
すぐに使用できるDITA-OT 3.xのサポートを活用して、PDF、HTML、Microsoft HTML Help(CHM)、Java Helpなどの様々な形式で、シームレスにコンテンツをパブリッシュできます。無料のOASIS DITA-OTプラグインを使用して、パブリッシング中にDITAVALベースのフィルター処理を実行できます。
強化されたキーおよびキースペース管理  
強化されたキーおよびキースペース管理
conrefコンテンツ(テキスト/画像)のサポートにより、コンテンツの再利用がさらに簡単になりました。その他の拡張機能には、キーをロードするためのデフォルトのキースペースを選択する機能(開いているDITAマップ用)、DITA文書を開いているときにロードするすべてのキーに特定のマップを設定する機能などがあります。
XSLT 3.0のサポート
XSLT 3.0のサポート
事前定義されたXSLTやカスタマイズしたXSLTをXMLファイルに適用し、さまざまな変換シナリオを作成して、JAXP対応プロセッサーで変換を実行します。変換範囲(特定のファイル、フォルダー内の全ファイル、DITAマップ、ブックのすべての子など)を指定できます。 XSLT 3.0のサポートは、FrameMakerにバンドルされているSaxon Enterprise Edition 9.8.3によって提供されます。
コンテンツのインテリジェントなシングルソース化  
コンテンツのインテリジェントなシングルソース化
ドキュメント内または複数のドキュメント間で既存のコンテンツを効率的に再利用します。FrameMakerでは、コンディショナルテキスト、テキストインセット、内容参照、変数などの複数の方法でシングルソース化できます。
PDF出力用にDITAテンプレートをカスタマイズ  
PDF出力用にDITAテンプレートをカスタマイズ
公開ポッドから簡単にDITAテンプレートを適用し、ditafm出力コントロールにアクセスできます。テンプレートを設定ファイルの一部として保存し、簡単に読み込みおよび書き出しできます。

最適なプランをお選びください

個人向け
個人向け
一人ですべてをこなす人のための最高のツール。
エンタープライズ版
エンタープライズ版
業界最高峰のソリューション。ライセンス管理とデプロイメントも簡単です。
 

最新情報、トピック、トレンド

 
 
ご意見をお寄せください
 
ご不明な点については、techcomm@adobe.comまでお問い合わせください。