Adobe FrameMakerで
XMLとDITAの可能性を広げる

XMLとDITAオーサリングのための頼れるソリューション

 

コンテンツの再利用、一貫性に欠ける文書、翻訳費用の上昇は、現代のテクニカルコミュニケーションのプロが世界中で直面しているビジネス上の課題です。Adobe FrameMakerで構造化オーサリングに移行しましょう。初心者にも専門家にも適したこのパワフルなワークスペースでは、DITA 1.3、1.2、LwDITA、カスタムXML標準、S1000Dなどの業界標準コンテンツと互換性のあるコンテンツを作成し、リアルタイムでビジネス価値を生むことができます。

 
詳細を見る ›
DITAマップのドキュメントとツリーの同時表示
DITAマップのドキュメントとツリーの同時表示

DITAマップをResource Manager(ツリービュー)や文書として同時に開くことができるようになりました。メタデータの編集とDITAマップの操作が簡単になりました。

DITAへのWordコンテンツの読み込み
DITAへのWordコンテンツの読み込み 

Word文書をスムーズに読み込み、DITAマップに変換できます。 

DITAへのMarkdownの読み込み
DITAへのMarkdownの読み込み

Markdownファイルを簡単に読み込み、DITAベースの文書に変換できます。 

YouTubeビデオの埋め込み
YouTubeビデオの埋め込み

非構造化文書、DITA文書、LwDITA文書にYouTubeビデオをシームレスに挿入できます。コンテンツをPDFやHTML5としてパブリッシュすると、ビデオを視聴できるようになります。

DITAによるリッチメディアの挿入
DITAによるリッチメディアの挿入 

DITA 1.3 <object>とLwDITAの<audio>エレメントまたは<video>エレメントのサポート機能を使用してオーディオファイルとビデオファイルを挿入することにより、コンテンツを充実させることができます。これらのエレメントは、PDFやHTMLへのパブリッシュ時にレンダリングされます。 

一層スムーズなDITAのオーサリング
一層スムーズなDITAのオーサリング

強力なXML/DITAワークスペースでより直感的に作業できます。改良された構造ビューを活用しましょう。WYSIWYGビューでトピックパスを参照し、構造ビューでコンテンツの前後に挿入、貼り付け、削除を行うことができます。

優れたCSS3スタイルサポート
優れたCSS3スタイルサポート

Element Definition Document(EDD)またはテンプレートにシームレスに読み込むことができるため、新規または既存のCSS3フォーマットルールを構造化コンテンツにすばやく適用することができます。

複数のDITAマップのナビゲーション
複数のDITAマップのナビゲーション

開いているタブをすべて表示するシンプルなドロップダウンメニューにより、複数のDITAマップ間をスムーズに移動できます。フォーカスするDITAマップを選択します。

ビューの即時切り替え
ビューの即時切り替え

これまで以上にすばやく簡単にWYSIWYGビューとXMLビューを切り替えられます。

最適なプランをお選びください

 

個人向け

個人向け

一人ですべてをこなす人のための最高のツール。

企業

エンタープライズ版

業界最高峰のソリューション。ライセンス管理とデプロイメントも簡単です。

教育向け(学生・教職員、教育機関)情報

教育機関

教育価格プランで最大60%節約できます。