パートナー関係において、技術協力は重要です。アドビは、設計から開発、テストまで、製品ライフサイクル全体を通じてパートナーのエンジニアリングチームをサポートします。
PDF Print Engine含む製品の場合、このプロセスの最後のステップ認定です。
認定が完了すると、Adobeのエンジニアリングおよびプロダクトマネジメントチームによって製品の証明書が発行されます。新製品、アップグレード、およびメンテナンスアップデートはすべて、お客様に配布する前にアドビによって認定される必要があります。 

Mercury

アドビ認定制度はどのようなしくみになっているのですか?

アドビは、テスト基準とともに一連のファイルをパートナーに提供します。パートナーのエンジニアリングチームは、テストを実行し、結果をアドビに報告します。また、詳細な製品情報も提出していただきます。提供された情報により、アドビは、製品によって駆動されるプレス/プリンターのタイプと製品の使用目的を理解することができます。また、ハードウェア、オペレーティングシステム、構成パラメーター、カラーマネジメント、スクリーニング、サポートされている機能、ジョブタイプ、プレスのタイプなどについても把握します。アドビ認定を実施することで、パートナー製品の中でアドビ製品が持つ高い基準が維持されることを証明することができ、この事実をすべての利害関係者に説明することができます。 

利点

パートナーにとって、認定は、製品戦略担当、製品管理者、開発者、品質エンジニア、ビジネスの意思決定者など、最終製品に関わるすべての関係者にとって明確な品質基準となります。アドビは、システム設定を最適化するための提案を行ったり、パートナーのターゲットセグメントに関連するPDF Print Engine機能を推奨させていただきます。認定は製品ライフサイクルの重要なマイルストーンであり、製品全体の品質保証に役立ちます。

Mercury RIPアーキテクチャ

バリアブル印刷ジョブを大量印刷用プリンターに送る製品の場合、Mercury RIPアーキテクチャが、ジョブとリソースの割り当てのための動的なフレームワークを提供します。Mercury RIPアーキテクチャを用いたパートナー製品は、パフォーマンススケーラビリティに関する特定の認定テストを実施することで、Mercuryブランドを得ることができます。
アドビのエンジニアリングチームは、設計を含むプロジェクトのすべてフェーズでMercury RIP開発をサポートします。
また、パートナーのエンジニアリングチームはワークショップに参加することでスケーラビリティに関する理解を深めることができます。

お問い合わせについては、pdfprintengine@adobe.comまで電子メールをお送りください。