自由自在に作品を制作

 

映画制作者やYouTubeクリエイター、ビデオグラファー、デザイナーなどが、様々な映像制作にPremiere Proを活用しています。

  • TV画面で見せる
  • TV画面で

    見せる

     
    作品の種類を問わず、ハリウッドのプロと同じ映像制作ツールが利用できます。最初はブログで公開、さらにYouTubeで人気を集めて、人気のビデオグラファーになりましょう。カメラやスマートフォンから映像素材をインポートし、クリップのトリミング、タイトルの追加、オーディオの調整が可能です。直感的に使えるツールと数多く用意されたステップバイステップ形式のチュートリアルを利用すれば、素晴らしい作品がすぐに作成できます。
  • 大画面で見せる

    次の作品に取り掛かっていますか。Premiere Proは複数のプロジェクトを開くことができる唯一のノンリニア編集ツールであると共に、1つのプロジェクトをチームで同時に共同作業できます。さらに、自分以外は編集ができないように、プロジェクトをロックすることも可能です。カラー、グラフィック、オーディオ、イマーシブ360/VRの編集作業を最初から最後まで、かつてないスピードで可能にします。

  • 大画面で見せる
  • どのようなカメラでも、どのようなフォーマットでも
  • どのようなカメラでも、どのようなフォーマットでも

    8K素材からバーチャルリアリティ、そしてスマートフォンまで、あらゆるフォーマットの映像素材に対応します。業界随一の幅広いメディアのネイティブサポートと強力なプロキシワークフローにより、どのデバイスで作成した映像素材でも取り込み、すぐに編集を開始できます。

  • スムーズに連携

    Premiere ProとAdobe After Effects CCを簡単に切り替えることができます。Adobe Dynamic Linkを使えば、レンダリングを待つ必要はありません。また、Premiere Proは、PhotoshopやIllustrator、Adobe Media Encoderなど、他のCreative Cloudアプリとシームレスに連携します。さらに、チームプロジェクトを利用すれば、世界中の編集者による自由な共同作業やセキュアな共有を実現します。

  • スムーズに連携

新しい機能をご体験ください

定期的に新たな機能が加わり、Premiere Proは常に進化を続けています。メンバーシップがあれば、新機能のリリース後、すぐに利用可能です。最新機能の一部を例としてご紹介します。
複数プロジェクトでの同時作業

 

複数プロジェクトでの同時作業
エピソードまたはシーン間をジャンプしたり、あるプロジェクトの一部を編集して別のプロジェクトにコピーすることが可能です。
ロック機能によるプロジェクトの共有

 

ロック機能を備えた共有プロジェクト
同じ施設内のチームが1つのプロジェクトに同時にアクセスできます。アクティブに編集しているプロジェクトをロックして、他のユーザーに読み取り専用の権限を付与できます。
これまでになく迅速に反応するレスポンシブデザイン

 

これまでになく迅速に反応するレスポンシブデザイン
モーショングラフィックでは、時間、縦横比、位置の変更に自動的に対応できるようになりました。イントロとアウトロが保存され、フレームからコンテンツが抜け落ちることはありません。
イマーシブ360/VRビデオ・オーディオ編集

 

イマーシブ360/VRビデオ・オーディオ編集
イマーシブVRを表示しながら編集できます(VRヘッドマウントを装着)。バーチャルリアリティエフェクトや歪みのないトランジションを追加したり、方向によって変化するオーディオを使った360/VRコンテンツの編集も可能です。

初心者でも簡単にスタート

ステップバイステップ形式のチュートリアルで使い方を学べます。
初心者でも簡単にスタート

最新のアドビのツールで、よりスピーディな映像制作を

 

ブレードランナー2049
『ブレードランナー2049』を支えたAfter Effects CC
数多くのVFXプロジェクトを手がけるTerritory Studioが、After Effects CC、Photoshop CC、MAXON Cinema 4Dを使用して描き出した全く新しい未来世界や、次世代ビジュアルエフェクトについて語ります。
シン・ゴジラ
『シン・ゴジラ』 東京壊滅の危機
庵野秀明氏総監督・脚本・編集の映画『シン・ゴジラ』は、Premiere Proをメイン編集ツールとして、1年半の制作期間で仕上げられました。
デッドプール
『デッドプール』で活用されるAdobe Creative Cloud
コミックで人気のアンチヒーローを大作映画の主人公へ。カギを握ったのはPremiere ProとAfter Effectsの緊密な連携でした。
 

 

最適なプランをお選びください

Adobe Premiere Pro CC
単体プラン
<最新環境 応援キャンペーン>今だけ初年度月額1,280円(税別)。3月2日まで
購入する ›
個人版Creative Cloud
コンプリートプラン
<最新環境 応援キャンペーン>こちらも今だけ初年度月額3,980円(税別)の特別価格。3月2日まで
購入する ›
学生・教職員
最大60%OFFの初年度特別価格でご利用いただける学割プラン。月額わずか1,980円(税別)
法人向けCreativeCloud
<最新環境 応援キャンペーン> CS3以上をお使いの法人ユーザー様向け特別提供価格。3月2日まで 4,980円/月(税別)

Creative Cloudでもっと快適な制作を

Premiere ProはCreative Cloudで利用できるので、モーショングラフィックテンプレートやAdobe Stockビデオを含むすべてのアセットにアプリ内からすぐにアクセス可能です。デスクトップ、モバイルアプリ、およびAfter EffectsやAuditionなどの他のアプリ間で、すべてをシームレスに連携できます。どこにいてもインスピレーションを美しいビデオに変換できる、あらゆるツールが揃っています。