ポリシー/手順書

ポリシー文書、手順書、規制への準拠など、各種コンテンツの更新を適切に管理することにより、ドキュメントの整合性を確保することができます。

ポリシー/手順書

エラーのないコンテンツ管理を実現

ポリシーと手順は、多くの業界の中心的な部分として位置付けられています。行政機関、規制機関、民間の銀行は、定期的にポリシーやSOPを作成しています。保険、法務サービス、金融サービス、コンサルティングサービス、ライフサイエンスの調査レポートなどの分野では、SOPやPOVは業務の中核的な部分になっています。他の分野の組織にとっても、内部ポリシーや手順書は、組織が円滑に機能するための鍵となります。作成されたコンテンツは、地域や部門、ユーザーによって異なり、頻繁に更新されます。更新されるたびに、チャネル全体に強制的かつ正確に反映される必要があります。コンテンツは、社内外の関係者が利用するため、可能な限り短い期間で完了しなくてはなりません。これには、以下のような多くの課題とリスクが伴います。

エラーのないコンテンツ管理を実現

風評リスク

顧客またはエンドユーザー向けのコンテンツを作成する企業の場合、コンテンツにおける間違いは、大きな風評リスクにつながる可能性があります。

財務リスク

規制の厳しい分野では、コンテンツがわずかに間違っているだけでも、訴訟問題に発展する可能性があります。

コンプライアンスリスク

ポリシーや手順は、多くの場合、従業員のイントラネットポータルで探し出すのが困難であり、その使用を制限する可能性があります。これによって従業員の関与が制限され、コンプライアンスリスクが発生する可能性があるため、ポリシーの推進を妨げる恐れがあります。

不整合な情報

分散型のコンテンツ作成アプローチを採用した場合、様々なチャネルにわたって一貫した情報を管理することが難しいため、消費者に誤解を与える可能性があります。

堅牢なレビューとコラボレーションの欠如

多くの場合、SMEは詳細なレビューに関わる必要があります。コラボレーションのための迅速で簡単な機能がなければ、プロセス全体が煩雑になりエラーが発生しやすくなる可能性があります。

コンテンツバリエーションの管理における問題

一般に、ポリシーは様々な部門、ユーザー、地域に対応しています。そのため、コンテンツの大部分は同じままですが、わずかな変更を加える必要があります。コンテンツの再利用に適した堅牢なコンテンツ管理ソリューションがなければ、バリエーションの管理は非常に困難な課題になる可能性があります。

複数の言語でコンテンツを最新状態に保つ

ほとんどのコンテンツは世界中のユーザー向けに作成されており、エラーなしで迅速に翻訳される必要があります。

複数フォーマットでコンテンツ利用を可能に

コンテンツを各地域の要件に準拠させるために、様々なデバイスの複数フォーマットで利用できるようにする必要があります。

アドビがお手伝いします

XML Documentation for Adobe Experience Managerを導入すれば、チャネル全体にわたり、社内外の関係者間で、一貫性のある正確な最新情報を共有できるようになります。一元化されたリポジトリ単一のソースシングル機能など、各種の強力な機能によってコンテンツの一貫性を確保し、冗長性を排除することができます。 

アドビがお手伝いします

信頼できる唯一のデータソースを維持

一元化されたリポジトリーと単一のソーシングにより、1つの場所で管理されているソースコンテンツを更新することで、更新内容をすべての箇所に即座に反映させることができます。これにより、コンテンツの一貫性が維持され、分散したコンテンツを管理する手間が軽減され、冗長性を排除することができます。

コンテンツを再利用しバリエーションを簡単に管理

構造化されたコンテンツ管理アプローチにより、コンテンツがより小さなチャンクで管理されるため、コンテンツを簡単に再利用することができます。これは、変数と組み合わせると、わずかな労力でバリエーションを管理し、多くの時間を節約することができます。

コンテンツの整合性を維持

強力なバージョン管理により、監査証跡とドキュメント履歴を管理でき、アカウンタビリティとコンテンツの精度を向上させることができます。

ポリシーと手順をさらに見つけやすく

XML/DITAで使用できる豊富なメタデータにより、ドキュメントは高度に検索可能になり、検索エンジン最適化(SEO)を改善し、検索を容易にします。

翻訳エラーを最小限に

未翻訳のコンテンツや同期されていないコンテンツにフラグを設定するコンテンツ正常性レポート機能により、エラーを最小限に抑えながら、コンテンツの公開準備を行うことができます。

迅速なコンテンツ更新

スムーズなパブリッシングワークフローにより、公開直前にコンテンツが変更されたり、部分的な更新が生じたりした場合も、コンテンツのより迅速な市場投入を実現します。

ユーザーへのリーチを最大化

ポリシーや手順に関するドキュメントをチャネル全体で公開し、ユーザーが必要な形式(印刷、PDF、HTML5、モバイルアプリ、ナレッジベース、チャットボット、IoTアプリ、CRMプラットフォーム、EPUB、Kindleなど)でコンテンツを利用できるようにします。

コンディショナルコンテンツを活用

構造化されたコンテンツにより、様々な部門、ユーザー、地域、レベルなどのフィルターを簡単に公開することができ、公開されたポリシーや手順の使いやすさが向上します。

次のステップとして、お客様のビジネスに付加価値を与えるXML Documentation for Adobe Experience Managerをお試しください。

どのようなコンテンツにも対応

ポリシー/手順書

ポリシー/手順書

財務報告基準

財務報告

SOP

SOP(標準操作手順)

人事ポリシー

人事ポリシー

法務ガイドライン

法務ガイドライン

規制準拠基準

規制に関するガイドライン

アドビがお客様のビジネスに対してできることについてご説明します

アドビがお客様のビジネスに対して

できることについてご説明します

電話によるお問い合わせ:+1-408-536-1144

(月~金、午前9時~午後6時)

電話によるお問い合わせ:+1-408-536-1144

(月~金、午前9時~午後6時)

ご不明な点については、techcomm@adobe.comまでお問い合わせください

ご不明な点については、techcomm@adobe.comまでお問い合わせください