製品ドキュメント

製品ドキュメント、情報マニュアルなどのコンテンツ作成をスケールアップさせて、販売前後で一貫性のあるリッチで満足感の得られるエクスペリエンスを提供しましょう。

製品ドキュメント

高品質ドキュメントの需要増加に応える

製品ドキュメント(ヘルプ、サポート、テクニカル文書など)は多くの場合、顧客が製品を使用する際に最初に目にするものです。組織による製品バリエーションやSKUが増加するにつれ、関連するドキュメントに対する需要は高まる一方です。しかし、多くの場合、ドキュメント作成チームの人員が不足していたり、効果的に作成するための適切なソリューションが不足していたりする場合があります。コンテンツ作成のスケーリングを困難にするばかりでなく、コンテンツを効率的に管理し、一貫性のあるコンテンツエクスペリエンスをチャネル全体に提供することにも多大な労力が必要になります。組織は、コンテンツのライフサイクル全体を通じて様々な課題に直面しています。

エクスペリエンス主導型の製品ドキュメント

高い総運用コスト

複数のベンダーが開発した統一されていないソリューションを使用すると、運用コストが高くなり、ITチームの負荷も大きくなります。通常この問題は、テクニカルコンテンツとサポートコンテンツをマーケティング目的で使用するWeb CMSとは異なるCMSを使用して管理することによって悪化します。

品質の低いドキュメント作成エクスペリエンス

多くのドキュメント作成ポータルでは、データを簡単に検索するための仕組みが整っておらず、インタラクティブな操作を実行できず、静的で画一的なPDFしか用意されていない場合が多くあります。

一貫性のないコンテンツエクスペリエンス

チャネル全体で一貫したコンテンツエクスペリエンスを提供することは、特にマーケティングコンテンツにおいては非常に困難な課題です。これは主に、マーケティングチームとテクニカルコンテンツチームの間にある障壁によるものです。

非効率的なレビューとコラボレーション

多くの場合、組織のコンテンツワークフローには、堅牢なレビューとコラボレーションを行うための機能が用意されていません。ドキュメントの作成に携わる関係者に、多数の変更やバージョンについて通知することができません。実際、ほとんどのソリューションは、レビュープロセスに各分野の専門家を参加させる簡単な方法を提供することさえできません。

製品のアップデートを頻繁に提供

組織により、製品は常に進化しています。中核となるドキュメントは同じままである可能性もありますが、以前のバージョンと比べて多くのドキュメントが強化されています。新しいワークフロー、機能、手順、エラー修正、新しいブランディング、規制の変更が存在する場合があります。非常に多くのドキュメントを最新の状態に保つという作業は、効率的なコンテンツの再利用機能がない場合は特に、大変な労力を要する可能性があります。

翻訳コストの高騰

非効率的なコンテンツの再利用によりコンテンツの重複が生じると、翻訳にかかる時間は長くなり、コストが増加します。

マルチチャネルパブリッシング

現在の消費者は、デバイスやフォーマットを問わず、ニーズに合わせてカスタマイズされたエクスペリエンスを求めています。エンタープライズクラスのマルチチャネルパブリッシング機能なしでは、その提供は困難です。

非効率的なコンテンツワークフロー

一定期間にわたって、コンテンツテクノロジースタックが統一性のない複雑なワークフローになり、手動による操作が必要になる可能性があります。これにより、時間、コスト、メンテナンスの間接費が増加します。

長く複雑なドキュメントの作成

特にハイテク分野や製造分野のテクニカルドキュメントは長く複雑になる傾向があり、構造化されたコンテンツ管理アプローチに基づいて構築された、堅牢でスケーラブルなソリューションが必要になります。

非構造化コンテンツから構造化コンテンツへの移行

従来の非構造化コンテンツを構造化コンテンツに移行することは、時間、コスト、労力の面で莫大な投資を必要とする大変な作業になる可能性があります。これは、ビジネス継続性にも大きく影響します。

独自のコンテンツフォーマットへの固執

組織は常に、ベンダーに依存する原因となる独自フォーマットへの固執に対して慎重です。オープンスタンダードは、コンテンツを将来にわたって使い続けることができ、必要に応じて簡単に移行させることができます。

不十分な統合分析

テクニカルコンテンツの利用状況を追跡できないと、使用パターンに基づいてパーソナライズされたマーケティングコンテンツを提供するコンテンツチームの能力を低下させることになります。

これらの課題を克服することは、卓越したカスタマーエクスペリエンスを提供する上で大きな役割を果たす可能性があります。

  

Creative Cloudグループ版の内容

20を超えるAdobeアプリ

Photoshop、Illustrator、InDesign、Spark、XDなど業界をリードするアプリをご用意しています。

ライセンス管理が簡単

webベースのAdmin Consoleを使用してライセンスの割り当て、再割り当てを迅速におこなえます。

Creative Cloudライブラリ

チームがデバイスやアプリをまたいでアセットを簡単に共有、メンバー全員が同期できます。

Adobe Stockプランの共有

チームメンバー全員が1つのプランでAdobe Stockの画像とビデオを購入できます。

ユーザーあたり1TBのクラウドストレージ

提供されるストレージにより、チームがクリエイティブアセットの共有と管理を簡単におこなえます。

一般的なアプリとの連携

チームが日常的に使う、Slack、Microsoft Teams、その他の生産管理アプリと連携します。

プレミアムテクニカルサポート

高度なテクニカルサポートとエキスパートとの1対1のセッションが提供されます。

Adobe Talentへの無制限の求人掲載

掲載した求人情報はBehanceで数百万人のクリエイターに届けられます。

バージョン履歴の延長

最大180日間、クラウドドキュメントの以前のバージョンを表示または復元することができます。

Adobe Fonts

Creative Cloudアプリから直接数千のフォントを利用できます。

Behance

世界最大級のクリエイティブコミュニティはインスピレーションの宝庫です。

アドビがお手伝いします

XML Documentation for Adobe Experience Managerのような堅牢でスケーラブルなCCMSにより、ドキュメント作成チームは優れた顧客体験を提供できる次世代対応のコンテンツを作成できます。アドビは、エンドツーエンドのコンテンツ管理プラットフォームを提供し、企業コンテンツワークフローの合理化、ビジネスの俊敏性、パフォーマンス、信頼性を向上させることができます。アドビの簡単で効率的なソリューションにより、製品ドキュメントの管理がシンプルでスムーズになります。その結果、以下のようなメリットが得られます。

Web ベースのレビューとコラボレーション機能

総運用コストを低減

複数のCMSを使用すると、導入、メンテナンス、トレーニングなどに時間とコストがかかりますが、Adobe Experience Managerなどの単一のCMSソリューションでコンテンツスタック全体を管理すると、こうした時間とコストを削減することができます。

高品質のドキュメント作成エクスペリエンス

単一のCMSでマーケティングコンテンツとテクニカルコンテンツを管理することで、販売前と販売後においてコンテンツ全体で、カスタマージャーニーのすべてのタッチポイントにリッチで満足感の得られる一貫したコンテンツエクスペリエンスを簡単に提供できます。

強力なレビューとコラボレーション

強力なレビュー機能と次世代型のコラボレーション機能により、短時間で多くの作業を行うことができ、生産性の向上につながります。Webベースのレビュープロセスにより、一般ユーザーや各分野の専門家とのコラボレーションが容易になります。

コンテンツ再利用機能の向上

ドキュメント、部門、形式のいずれにおいてもコンテンツを再利用できる高度な機能により、コンテンツの重複を排除して、より正確なドキュメントを実現します。各コンテンツのスニペットをタグ付けすると、ソースインスタンスを更新するだけで、変更内容をすべてのドキュメントに反映することができます。

市場投入までの時間の短縮

アジャイルな公開ワークフローにより、企業コンテンツを迅速に更新することができます。公開直前にコンテンツが変更されたり、部分的な変更が生じたりした場合も、ITによるサポートを最小限に抑えながら迅速に対応することができます。

翻訳コストを低減

コンテンツを効率的に再利用できるため、部分的な変更のみの複雑なドキュメントの再翻訳を排除し、翻訳にかかる時間とコストを削減することができます。

チャネル全体にパブリッシュ

アドビのエンタープライズクラスのマルチチャネルパブリッシング機能により、コンテンツはデバイス間でのコンテンツ利用が可能になり、Experience Manager Sites、印刷、PDF、HTML5、ナレッジベース、CRMプラットフォーム、モバイルアプリ、EPUB、Kindleなどに簡単にパブリッシュできます。

複雑なドキュメントを簡単に管理

多くの場合、テクニカルドキュメントは長く複雑です。AdobeのCCMSの構造化されたコンテンツ管理アプローチにより、コンテンツがより小さなチャンクで管理されるため、複雑で大量のコンテンツを簡単に処理できるようになります。

Webサイトのトラフィックを増加

体系的で一貫した構造のメタデータにより、検索エンジン最適化(SEO)が大幅に向上するため、Webサイトのトラフィックが増加します。

将来にわたって使い続けることができるコンテンツ

XML/DITAなどのオープンスタンダードを使用すると、組織はベンダーによる独自形式にこだわる必要がなくなります。

Adobe Marketing Cloudとの統合を活用

Adobe AnalyticsやAdobe Targetを活用することで、コンテンツの消費を粒度レベルで追跡し、消費者が最も消費している技術情報の種類に基づき、コンテキストに合ったマーケティングのターゲットとなる消費者を再度絞り込むことができます。

次のステップとして、お客様のビジネスに付加価値を与えるXML Documentation for Adobe Experience Managerをお試しください。

エクスペリエンス主導型の製品ドキュメント

高品質ドキュメントの需要増加に応える

製品ドキュメント(ヘルプ、サポート、テクニカル文書など)は多くの場合、顧客が製品を使用する際に最初に目にするものです。組織による製品バリエーションやSKUが増加するにつれ、関連するドキュメントに対する需要は高まる一方です。しかし、多くの場合、ドキュメント作成チームの人員が不足していたり、効果的に作成するための適切なソリューションが不足していたりする場合があります。コンテンツ作成のスケーリングを困難にするばかりでなく、コンテンツを効率的に管理し、一貫性のあるコンテンツエクスペリエンスをチャネル全体に提供することにも多大な労力が必要になります。組織は、コンテンツのライフサイクル全体を通じて様々な課題に直面しています。

高い総運用コスト:
複数のベンダーが開発した統一されていないソリューションを使用すると、運用コストが高くなり、ITチームの負荷も大きくなります。通常この問題は、テクニカルコンテンツとサポートコンテンツをマーケティング目的で使用するWeb CMSとは異なるCMSを使用して管理することによって悪化します。

不十分なドキュメントエクスペリエンス:
多くのドキュメント作成ポータルでは、データを簡単に検索するための仕組みが整っておらず、インタラクティブな操作を実行できず、静的で画一的なPDFしか用意されていない場合が多くあります。

一貫性のないコンテンツエクスペリエンス:
チャネル全体で一貫したコンテンツエクスペリエンスを提供することは、特にマーケティングコンテンツにおいては非常に困難な課題です。これは主に、マーケティングチームとテクニカルコンテンツチームの間にある障壁によるものです。

非効率的なレビューとコラボレーション:
多くの場合、組織のコンテンツワークフローには、堅牢なレビューとコラボレーションを行うための機能が用意されていません。ドキュメントの作成に携わる関係者に、多数の変更やバージョンについて通知することができません。実際、ほとんどのソリューションは、レビュープロセスに各分野の専門家を参加させる簡単な方法を提供することさえできません。

製品のアップデートを頻繁に提供:
組織により、製品は常に進化しています。中核となるドキュメントは同じままである可能性もありますが、以前のバージョンと比べて多くのドキュメントが強化されています。新しいワークフロー、機能、手順、エラー修正、新しいブランディング、規制の変更が存在する場合があります。非常に多くのドキュメントを最新の状態に保つという作業は、効率的なコンテンツの再利用機能がない場合は特に、大変な労力を要する可能性があります。

翻訳コストの高騰:
非効率的なコンテンツの再利用によりコンテンツの重複が生じると、翻訳にかかる時間は長くなり、コストが増加します。

マルチチャネルパブリッシング:
現在の消費者は、デバイスやフォーマットを問わず、ニーズに合わせてカスタマイズされたエクスペリエンスを求めています。エンタープライズクラスのマルチチャネルパブリッシング機能なしでは、その提供は困難です。

非効率的なコンテンツワークフロー:
一定期間にわたって、コンテンツテクノロジースタックが統一性のない複雑なワークフローになり、手動による操作が必要になる可能性があります。これにより、時間、コスト、メンテナンスの間接費が増加します。

不十分な統合分析:
テクニカルコンテンツの利用状況を追跡できないと、使用パターンに基づいてパーソナライズされたマーケティングコンテンツを提供するコンテンツチームの能力を低下させることになります。

非構造化コンテンツから構造化コンテンツへの移行:
従来の非構造化コンテンツを構造化コンテンツに移行することは、時間、コスト、労力の面で莫大な投資を必要とする大変な作業になる可能性があります。これは、ビジネス継続性にも大きく影響します。

独自のコンテンツフォーマットへの固執:組織は常に、ベンダーに依存する原因となる独自フォーマットへの固執に対して慎重です。オープンスタンダードは、コンテンツを将来にわたって使い続けることができ、必要に応じて簡単に移行させることができます。

長く複雑なドキュメントの作成
特にハイテク分野や製造分野のテクニカルドキュメントは長く複雑になる傾向があり、構造化されたコンテンツ管理アプローチに基づいて構築された、堅牢でスケーラブルなソリューションが必要になります。

Palo Alto Networks社

「XML Documentation for Adobe Experience Managerは、弊社が提供する高品質なテクニカルドキュメンテーションを弊社のWebサイトとシームレスに統合させる上で役立ちました」

Laralyn Melvin氏Palo Alto Networks社、テクニカルパブリケーション、シニアディレクター

どのようなコンテンツにも対応

製品仕様/技術仕様

製品仕様/技術仕様

技術文書

技術文書

ヘルプコンテンツ

ヘルプコンテンツ

ドキュメントのサポート

ドキュメントのサポート

製品カタログ(eコマースWebサイトを含む)

製品カタログ(eコマースWebサイトを含む)

トレーニングマニュアル

トレーニングマニュアル

メンテナンスガイド

メンテナンスガイド

部品マニュアル/部品表

部品マニュアル/部品表

テクニカルサービス報告書

テクニカルサービス報告書

トラブルシューティングガイド

トラブルシューティングガイド

インストールおよび操作ガイド

インストールおよび操作ガイド

データシート/データに関する小冊子

データシート/データに関する小冊子

サービスキット

サービスキット

ユーザーマニュアル

ユーザーマニュアル

インストールマニュアル、サービスマニュアル

インストールマニュアル、サービスマニュアル

IETM(対話型電子技術マニュアル)

IETM(対話型電子技術マニュアル)

アドビがお客様のビジネスに対してできることについてご説明します

アドビがお客様のビジネスに対して

できることについてご説明します

電話によるお問い合わせ:+1-408-536-1144

(月~金、午前9時~午後6時)

電話によるお問い合わせ:+1-408-536-1144

(月~金、午前9時~午後6時)

ご不明な点については、techcomm@adobe.comまでお問い合わせください

ご不明な点については、techcomm@adobe.comまでお問い合わせください