国際標準やポリシーコンテンツをリスクなしで管理

国際標準、ポリシー/手順書、規制の準拠のコンテンツの更新を管理してドキュメントの完全な正確性を確保します。

国際標準やポリシーコンテンツをリスクなしで管理

エラーのないコンテンツ管理を実現

政府や業界の規制は頻繁に変更され、地域によって異なることが多いため、組織は短期間の間に対応して必須のコンテンツに変更を行う必要があります。これにより、組織は多くの大きなリスクにさらされます。

 

  • 大きな風評リスクと財務リスク:国際標準、規制への準拠、ポリシー/手順書、およびその他の同様のコンテンツをエラーなく維持できないと、些細なコンテンツの不正確さであっても、懲罰的な訴訟に発展する可能性があります。
  • 規制準拠リスク:構造化されていない分散型のアプローチでは、さまざまなチャネルにわたって一貫した情報を維持することが困難になり、特に高度に規制されたセクターでは、コンプライアンスリスクにつながります。
  • 必須基準の順守:世界中にオーディエンスがいるということは、特定の形式や言語でコンテンツを利用できるようにすることが必要になる場合があります。CMSがその形式や言語に対応できない場合は、サービスを提供することが難しくなる可能性があります。

 

リスクを軽減するには、これらの欠点に対処する必要があります。

アドビがお手伝いします

アドビがお手伝いします

XML Documentation for Adobe Experience ManagerのようなエンタープライズクラスのCCMSを使用すると、組織は一貫したエラーのないドキュメントを維持しながら、ビジネスの俊敏性を向上させ、規制基準にすばやく準拠できます。このソリューションは、次のことに役立ちます。

 

  • コンテンツの一貫性を維持:一元化されたリポジトリーと単一のソーシングにより、効率的なコンテンツ再利用による生産性の向上を推進し、ソースの更新をすべての場所に即座に反映させることができます。
  • コンテンツの整合性を維持:強力なバージョン管理により、監査証跡とコンテンツの整合性を維持できます。
  • 公開準備の確実な実行:未翻訳または非同期のコンテンツにフラグ付けするコンテンツ正常性レポートにより、完全なコンプライアンスのための公開準備を確実に行います。
  • より高速なコンテンツ更新:高速な公開ワークフローにより、土壇場での変更や増分更新が可能になり、全ての場所に最短で反映させることができます。
  • ユーザーへのリーチを最大化:コンテンツのマルチチャネル配信により、Webサイト、モバイルアプリ、ナレッジベース、CRMプラットフォーム、IoTアプリ、チャットボット、PDF、HTML5、EPUB、Kindleなどを使用して簡単にアクセスできます。

 

次のステップとして、Adobe Experience Managerへの投資とビジネスに付加価値を与えるXMLドキュメンテーションソリューションをお試しください。

さまざまなコンテンツタイプ向け

財務報告基準

財務報告基準

会計基準/原則

会計基準/原則

金融取引ガイドライン

金融取引ガイドライン

規制準拠基準

規制準拠基準

法務ガイドライン

法務ガイドライン

ポリシー/手順書

ポリシー/手順書

アドビがお客様のビジネスに対してできることについてご説明します

販売に関するお問い合わせは、techcomm@adobe.comまでお問い合わせください。

販売に関するお問い合わせは、techcomm@adobe.comまでお問い合わせください。

電話によるお問い合わせ:+1-408-536-1144

(月~金、午前9時~午後6時)

電話によるお問い合わせ:+1-408-536-1144

(月~金、午前9時~午後6時)