エキスパートに学ぶ

XML Documentation for Adobe Experience Managerの最新情報をご確認ください。コンテンツの課題を克服する方法について、当社の製品エバンジェリスト、ソリューションコンサルタント、グローバルパートナー、業界のソートリーダーからの意見をお聞きください。

Adobe DITAWORLD 2020

DITAオンラインカンファレンス

2020年10月6日~8日

オンライン。ライブ。 無料

マーケティングとテクニカルコミュニケーションの専門家が集まる世界最大規模のDITAオンラインカンファレンスへのご参加を、ぜひご検討ください。

お客様のエクスペリエンス戦略にはセルフサービスチャネルが含まれていますか?

大規模かつ複雑で、拡大する技術文書に対処することは、企業にとっても決して容易なことではありません。また、技術文書の主要な部分は、顧客にコンテンツを配信するためのセルフサービスチャネルの開発に関するものです。このWebセミナーでは、アドビのソリューションパートナーであるHero Digitalが、CMS戦略がセルフサービスのコンテンツチャネルをどのようにサポートできるかを探ります。

—Tony Rems氏、Hero Digital社、最高技術責任者兼事業開発責任者

エクスペリエンス主導型の製品ドキュメントの作成方法

組織は、何百、何千もの製品バリエーションやSKUに対応するドキュメントの需要の高まりに直面しています。課題はコンテンツ作成の拡大だけではありません。すべてのWebサイトコンテンツ、特にマーケティングコンテンツで一貫したエクスペリエンスを提供する必要もあります。このWebセミナーでは、コンテンツ作成をスケールアップし、すべてのタッチポイントにおいて製品ドキュメントのリッチで満足感の得られるエクスペリエンスを提供する方法を探ります。

—Chad Dybdahl氏、Adobe、ソリューションコンサルタント

COVID感染拡大下における共同作業:ソーシャルディスタンスに考慮したレビュー

私たちの多くが今なおリモート勤務を続けていますが、それでも共同で作業をする必要があります。多くのビデオ会議アプリを使用していても、コンテンツを強化するために必要なコラボレーションプラットフォームは、XML Documentation for Adobe Experience Manager 1つだけです。このセッションでは、煩雑な手作業によるレビュープロセスを永久に排除する方法を学びます。アドビのコラボレーションテクノロジーを使用して、作成者、領域の専門家および他の関係者を一堂に集めます。

—Chad Dybdahl氏、Adobe、ソリューションコンサルタント

話さなくては!コンテンツインタラクションエクスペリエンスの未来がここにあります。

技術文書をダウンロード用のPDFとしてWebページに掲載するだけでは、もはや十分ではありません。PDFは当然のことながら基本的な要件です。しかし、今日のビジネスとエンドユーザーはどちらも、これ以上のものを期待しています。いずれも、問題に対する質問や解決策に対する答えを迅速かつ容易に見つけ出すことを期待しています。しかし、その期待に応えるにはどうすればいいのでしょうか。

—Stefan Gentz氏、Adobe、シニアワールドワイドTechCommエバンジェリスト

XML Documentation for Adobe Experience Managerを使用したスケーラブルな技術的知識のオーサリング、公開、メンテナンス

製造業や技術系の企業は、技術文書、トレーニング文書、サポート文書における常に進化し続ける情報を特に認識しています。組織的な知識を維持し、これらの文書をすべて最新の状態に保ち、多くのユーザーに配布することは、大変な作業です。この情報が適切に維持されない場合、企業は再開発に時間を費やし、最終的には大量の人員、高いコスト、収益の損失に悩まされることになります。

—Steven Carter氏、Bounteous社、ソリューションアーキテクト

経営陣にCCMSへの投資を説得する(得られた教訓)

コンポーネントコンテンツ管理システム(CCMS)のメリットに対し高い意識を持たれている方向けです。次のステップ:経営陣に提示するためのビジネスケースを作成します。重要な投資決定に関する質問に答えることは、重要な質問に備えることを意味します。このWebセミナーでは、管理者が尋ねる可能性のある質問、回答を調べるための情報、ケースの作成方法に関するガイダンスなどを紹介します。CCMSを使用している企業や人々の話を通じて学びます。経営陣に今後何年も配当を支払う長期的な投資を行うよう説得するために彼らが行ったことをお聞きいただけます。

—Bernard Aschwanden氏、Publishing Smarter社、創設者

コンテンツのオーサリング形式を気にせずにマルチチャネルエクスペリエンスを提供する

世界はコンテンツを中心に展開しており、コンテンツはデバイス、チャネル、コンテキストに関係なく機能する必要があります。しかし、コンテンツは多くの場合、それを所有するさまざまな機能的関係者の好みに基づいて、さまざまな形式で作成されます。標準的な構造化オーサリングフレームワークが、コンテンツの再利用と生産性を最大化するのに役立つ理由と、コンポーネント制御管理システムがどのようにそれを達成するのに役立つのかを探ります。 

—Chad Dybdahl氏、Adobe、ソリューションコンサルタント

Adobe Experience Managerでの技術文書およびサポート文書の管理

以前の技術文書およびサポート文書は、印刷またはデジタル形式の製品にのみバンドルされていましたが、現在ではWebサイトの上部ナビゲーションメニューに掲載されています。ユーザーは、製品のマーケティングページからドキュメントページにアクセスする際にさまざまな矛盾に直面し、そのすべてが質の低いエクスペリエンスにつながります。組織がマーケティングとドキュメントのコンテンツ全体で一貫したエクスペリエンスを提供する方法をご説明します。

—Ayush Gupta氏、Adobe、プロダクトマネージャー

翻訳されたXMLコンテンツの完璧なワークフローを構築する

コンテンツを配信するにはそのためのリソースが必要になるため、デジタルコンテンツが普及する前は、実質的に各企業がコンテンツの管理者としての役割を担っていました。各企業は、セールス用のコンテンツとマーケティング用のコンテンツを見込み客に送信し、既存の顧客には製品に関する技術的なコンテンツを送信していました。現在では、企業と顧客のこうした力関係は変化しています。企業が、情報量の少ないコンテンツへのアクセスを制御することはなくなりました。代わりに、コンテンツの利用者がコンテンツに関する決定権を持つようになってきました。つまり、自分が興味を持っているコンテンツを利用者自身が選択するということです。現代は、アカウンタビリティの時代です。各企業は、時代のニーズに応えていく必要があります。

—Caleb Clauset氏、Typefi社、Vice President Product

アドビがお客様のビジネスに対してできることについてご説明します

販売に関するお問い合わせは、techcomm@adobe.comまでお問い合わせください。

販売に関するお問い合わせは、techcomm@adobe.comまでお問い合わせください。

電話によるお問い合わせ:+1-408-536-1144

(月~金、午前9時~午後6時)

電話によるお問い合わせ:+1-408-536-1144

(月~金、午前9時~午後6時)