必要なすべてのリソースを入手

数多くのコンテンツに関する課題に対応するためには、時間をかけて当社のソリューションをもう少しよく理解する必要があります。これらのリソースは、Adobe Experience Manager Guidesの機能と、それをコンテンツ戦略にどのように組み込むことができるか理解する上で役立ちます。

必要なすべてのリソースを入手
Adobe Forresterのロゴ

コンポーネントコンテンツ管理システム:

パーソナライズされた一貫性のあるエクスペリエンスのための長文コンテンツを強化する

Adobe Forrester
Adobe Forresterのロゴ

コンポーネントコンテンツ管理システム:

パーソナライズされた一貫性のあるエクスペリエンスのための長文コンテンツを強化する

先進的なワークフォース向けオーサリングポリシー/手順書

CCMSを使用し、一貫性と拡張性に優れたコンテンツエクスペリエンスをパーソナライズして作成する方法

アドビは、Forrester社シニアアナリストのNick Barber氏をゲストスピーカーに迎え、アドビが依頼したForrester社のソートリーダーシップ調査「コンポーネントコンテンツ管理システム:パーソナライズされた一貫性のあるエクスペリエンスのための長文コンテンツを強化する」に関するWebセミナーを開催しました。コンテンツの作成、管理、配信において組織が直面する課題と、CCMSがそれらをどのように軽減するかについてのNick Barber氏の回答とインサイトをお読みください。

 

—Forrester社シニアアナリスト、Nick Barber氏

先進的なワークフォース向けオーサリングポリシー/手順書

先進的なワークフォース向けオーサリングポリシー/手順書

ビジネスが複雑化している今日、銀行および金融サービス、ヘルスケア、製薬、航空などの業界では特に、ポリシーと手順書がこれまで以上に重要性を増してきています。ビジネスリーダーは、一貫性があり、正確かつ最新のポリシーコンテンツを管理および提供することに困難を覚えることが少なくありません。このホワイトペーパーでは、コンポーネントコンテンツ管理システム(CCMS)を、組織におけるポリシーコンテンツの効率的な管理と、コンプライアンス、風評、財務および従業員に関するリスクの軽減に役立てる方法について説明します。

—Joe McKendrick氏、KMWorld社リードアナリスト

構造化コンテンツがボーンデジタルの世界で「ドキュメントの未来」に創造的破壊を起こす仕組み

構造化コンテンツがボーンデジタルの世界で「ドキュメントの未来」に創造的破壊を起こす仕組み

Forrester社プリンシパルアナリスト、Cheryl McKinnon氏をゲストスピーカーに迎え、Forrester社による「ドキュメントの未来」に関する調査レポートと、コンテンツのオーサリングにおいて予期される創造的破壊についてお話しいただきます。アドビのTechnical CommunicationのシニアワールドワイドエバンジェリストであるStefan Gentz氏が、コンポーネントコンテンツ管理システム(CCMS)がこの創造的破壊でいかに先陣を切るかをご説明します。

—Cheryl McKinnon氏、Forrester社、プリンシパルアナリスト
Stefan Gentz氏、Adobe、Technical Communicationのシニアワールドワイドエバンジェリスト

ナレッジマネージメントを拡大:今こそ統一された情報戦略を推進する時です

ナレッジマネージメントを拡大:今こそ統一された情報戦略を推進する時です

今日の多様なデジタル経済の中で成功するには、企業はコンテンツを積極的かつ効果的に作成、保存、配信する必要があります。これにより、優れた顧客体験、従業員の生産性の向上、より強力なパートナーシップが実現します。ただし、これらの情報の多くは、サイロ化された別々の場所や、組織全体にわたる様々なアプリケーション内に閉じ込められているため、特定するのに膨大な時間とリソースが必要になります。このソートリーダーシップペーパーでは、情報を共有するために企業が利用できる新しい手段と、企業全体のユーザーが情報にシームレスにアクセスできるようにする方法について説明します。

—Joe Mckendrick氏、KMWorld社

CCMSがコンテンツ戦略を統一し、カスタマージャーニーを円滑にする方法

CCMSがコンテンツ戦略を統一し、カスタマージャーニーを円滑にする方法

今日のバイヤーが求めているのは購入後の資料だけではありません。販売担当者と話をする前から、チュートリアルや技術的な詳細を求めています。購入を決定する前にオンラインで情報を調査するB2Bバイヤーが増えているため、技術やサポートに関するコンテンツをオンラインで利用可能にするだけでは不十分です。顧客が購入の前後に期待するシームレスで優れたエクスペリエンスを提供する必要があります。コンポーネントコンテンツ管理システム(CCMS)は、コンテンツ戦略をまとめ、顧客が購入に至るまでの時間を短縮するのに役立ちます。

—CMSWire.com

DITAベースのテクニカルコンテンツをAdobe Experience Manager Sitesに公開

DITAベースのAdobe Experience Manager Sites公開

Adobe Experience Manager Guidesには、Adobe Experience Manager(AEM)内の強力なコンポーネントコンテンツ管理システムをサポートするためのいくつかの機能と数え切れないほどのメリットがあります。このソリューションにより、AEMはDarwin Information Typing Architecture(DITA)ベースのコンテンツ作成とコンテンツ配信をシームレスに処理することができ、単一のCMSが1つのプラットフォームでマーケティングコンテンツと技術コンテンツをすべて管理できるようになります。

—Ram Prasad Narayanaswamy氏、Bounteous社

マーケティングコンテンツとテクニカルコンテンツを整合させる5つのヒント

マーケティングコンテンツとテクニカルコンテンツを共存させる5つのヒント

LinkedInとContent Marketing Instituteのレポートによると、整合性の高い組織の75%が文書化されたコンテンツ戦略を持っているのに対し、整合性の低い組織ではわずか41%しか持っていません。組織がマーケティングコンテンツと技術コンテンツの整合をどのようにとることができるか、そしてこの整合性が優れたカスタマーエクスペリエンスを提供するために非常に重要である理由をご覧ください。

—Dom Nicastro氏、CMSWire.com社

 ROIの高いCCMSを選択するための7ステップ

ROIの高いCCMSを選択するための7ステップ

コンテンツを組織のアセットとして管理し、それを効果的に利用してつながりやポジティブなカスタマーエクスペリエンスを構築することは、新しい収益を生み出し、長期的な成長を確実にするために重要です。このホワイトペーパーでは、高品質なコンポーネントコンテンツ管理システム(CCMS)を使用してコンテンツを最新化することで、この実現方法と、ROIを測定する方法について説明します。

—Bernard Aschwanden氏、Publishing Smarter社

マーケティングコミュニケーションとテクニカルコミュニケーションの戦略的な統合

マーケティングコミュニケーションとテクニカルコミュニケーションの戦略的な統合

現代のマーケティング担当者とWebコンテンツ立案者は、各種チャネルの普及、グローバルとローカルの微妙なバランス調整、幅広い情報を持つ顧客の増加など、様々な課題に直面しています。このように新しい変化や要求が次々に発生する環境では、統一された方法でテクニカルコミュニケーションのコンテンツをマーケティング目的で活用することにより、比較的簡単に変化や要求に対応することができます。

—Noz Urbina氏、Urbina Consulting社

DITAを使用して統合コンテンツ戦略を推進する10の方法

DITAを使用して統合コンテンツ戦略を推進する10の方法

コンテンツに対する統一されたDITA主導型の企業規模のアプローチは、企業に大きな影響を与える可能性があります。企業が作成したコンテンツが価値ある企業アセットとして扱われるようになれば、それだけでwin-win-winの状況になります。企業にとってはより効率的であり、コンテンツ作成者にとってはより簡単です。しかし、エンドユーザーは必要なときに必要なコンテンツを取得することで、真のメリットを得ることができます。

—Bernard Aschwanden氏、Publishing Smarter社

アカウンタビリティの時代:Adobe Experience Managerでマーケティングコンテンツとテクニカルコンテンツを統一

アカウンタビリティの時代:Adobe Experience Managerでマーケティングコンテンツとテクニカルコンテンツを統一

コンテンツ配信するそのためリソース必要なるためデジタルコンテンツ普及する実質企業コンテンツ管理として役割担っまし企業セールスコンテンツマーケティングコンテンツ見込み送信既存顧客製品に関する技術コンテンツ送信まし現在企業顧客こうした関係変化ます企業情報少ないコンテンツアクセス制御することなくなりまし代わりコンテンツ利用コンテンツに関する決定持つようなっましつまり自分興味持っいるコンテンツ利用自身選択するということです現代アカウンタビリティ時代です企業時代ニーズ応えいく必要あります

—Sarah O'Keefe氏およびGretyl Kinsey氏、Scriptorium社

コンテンツの幅を広げて顧客が求める情報に対応

コンテンツの幅を広げて顧客が求める情報に対応

現代企業自社コンテンツ産業一部構成いるという事実無視することできなくなっます新聞雑誌書籍発行などコンテンツ自体商品として扱う典型コンテンツ業界除く現在コンテンツ産業ほぼすべて企業関係する産業なっますWebサイト記載れるマーケティングコンテンツユーザー訴えかけるよう直接的表現使用ますそうした説得あるコンテンツ製品について正確伝えよする様々情報コンテンツほんの一部すぎませ

—Rahel Anne Bailie氏、Content, Seriously Consulting社

テクニカルコミュニケーションとマーケティングコミュニケーションの統合

テクニカルコミュニケーションとマーケティングコミュニケーションの統合

どのようなコンテンツであろうと、コンテンツであることに変わりはありません。マーケティングコミュニケーションとテクニカルコミュニケーションは、テクノロジーアダプションライフサイクルの異なる領域に属するエンドユーザーに対して発信されます。マーケティングコミュニケーションとテクニカルコミュニケーションの差異は、以前よりもはるかに小さくなっています。管理者は、どのコンテンツ作成者のスキルにも大きな違いはないと考え、それらのコンテンツ作成者を1つの役割や部門にまとめることがよくありますが、その判断はおそらく間違ってはいません。

—Jacquie Samuels氏およびBernard Aschwanden氏、Publishing Smarter社

コンテンツのパラドックスを解決:「より多く」ではなく「より少なく」

コンテンツのパラドックスを解決:「より多く」ではなく「より少なく」

どの企業可能限り品質コンテンツスケジュール通り予算作成しよますその同じよう課題直面ます優れコンテンツ作成する秘訣逆説考え方することです品質高いコンテンツスケジュール通り予算作成するというより多くコンテンツ作成するという問題ありませより多くコンテンツ作成するコンテンツ作成負担増えコンテンツ価値低下することなります

—Bernard Aschwanden氏およびJacquie Samuels氏、Publishing Smarter社