確定申告にも役立つAdobe ScanとAcrobat DC

Adobe Scanで紙からデジタル文書へ、Adobe Acrobat DCでファイルを整理しセキュアに管理。ワークスタイル変革の第一歩は、すぐに始められてスマートに管理できるDocument Cloudソリューションで、日々の業務効率化を始めてみましょう。

Adobe Sign

Adobe Scan

 

Adobe Scan文字認識が可能な無料のスキャンアプリです

 

スマートフォンやタブレットを使って紙文書やホワイトボードに描いた情報、一つにまとめておきたい多くのレシートなど、Adobe Scanで撮影すると汎用性の高いPDFファイルで保存が出来ます。確定申告などでも使えてとても便利です。

膨大な紙の契約書の管理

① スキャン

アドビの高度な画像テクノロジーを使用して、自動的に撮影してスキャンします。

かさむ印紙代や送料によるコスト

② 調整

スキャンした画像を表示して、簡単に、補正、切り抜き、回転などの微調整をおこないます。

押印や郵送でかかる時間

③ 変換

スキャンした画像を自動的に多機能なAdobe PDFに変換します。 


 

Adobe Acrobat DC


Adobe Acrobat DCのサブスクリプション版は、
常に最新バージョン

 

いつでもどこからでも最新ファイルにアクセスしたり、大容量ファイルを簡単に送信してトラックしたりすることができます。

 

Adobe Scanで保存したPDFを上手に使いこなす機能をピックアップしてご紹介


PDFのパスワードとファイルへのアクセス権の適用

パスワード設定や機密情報のみ削除してPDFを保護

 

PDFにパスワードを設定してファイルの編集を制限したり、情報漏えいや改ざんを防ぐために文章を暗号化したりして、機密性の高いPDFに設定することで確実に保護できます。

保護されたPDFをOfficeアプリケーションで作成

保護されたPDFをOfficeアプリケーションで作成

Windows版のMicrosoft Word、Excel、PowerPoint、Outlookなら、「編集の制限」を有効にするだけで、PDFの情報のコピーや改変を禁止できます。

パスワードによる保護を適用

パスワードによる保護を適用

PDFへのアクセスを制御する方法の1つとして、パスワードを設定しましょう。これで、パスワードを入力しないと文書を開くことができなくなります。

アクションを使用してPDFに保護を適用

アクションを使用してPDFに保護を適用

Acrobat Pro DCの「重要情報を配布」アクションを使用すると、墨消しによる情報秘匿、パスワード保護、保存時の編集およびコピー制限の自動適用などの手順が案内されます。

社内での一貫したファイルの保護を実現

社内での一貫したファイルの保護を実現

独自に設定したパスワードやアクセス権などをセキュリティポリシーとして保存しておけば、いつでも同じセキュリティを適用できます。

権限を設定してPDFを保護する方法についてさらに詳しく ›

 

 

 


ファイルを統合

ファイルを統合

 

複数のファイルを1つのPDFにまとめたり、ファイルの並び順を変更したりできます。共有したい資料や情報をわかりやすくまとめてチームに配布したり、ファイル管理をコンパクトに整理したりするのに便利です。

信頼性の高いアドビのソリューション

電子メールの添付ファイルを1つに

添付ファイルが多いメールは、情報が伝わりづらく、混乱を招きます。Acrobat DCなら、表計算シート、Webページ、ビデオなど、プロジェクトに関連するあらゆる情報を1つのPDF、つまりPDFポートフォリオにまとめて共有や保管ができます。レビュー用に送信すれば、文書の確認作業も簡単です。

シンプルで驚くほどの使いやすさ

外出中でも統合、整理

任意のブラウザーを使用して、簡単に複数のファイルを1つのPDFに統合できます。さらに、 iPad、 iPhoneまたはAndroidデバイスで、ページの並べ替え、削除、回転を実行することもできます。

法的に有効な電子サイン

ページを自在に並べ替え

ページのサムネールをドラッグ&ドロップして順番を入れ替えることができます。1つのPDFに統合した後でも、何度でもページを並べ替えることができます。

法的に有効な電子サイン

ナビゲーションを簡単に

ブックマーク、ヘッダー、フッター、ページ番号を使用すると、PDFの内容を参照しやすくなります。また、背景や透かしを追加して、ページをカスタマイズすることもできます。

複数のファイルを1つのPDFに統合する方法についてさらに詳しく ›

 


 

Acrobat DCの機能についてさらに詳しく ›