Macで電子署名をする方法

電子署名は、PDF に署名して送信する最も簡単な方法です。 Adobe Acrobat Proを使って、Mac OS デバイスで文書に署名する方法を学びましょう。

Macノートパソコンを使って電子文書に署名する人

電子署名でペーパーレスを実現

 

ペンの代わりにトラックパッドやカーソルを使って署名をしましょう。電子署名なら、紙を使わずにデバイスでPDF や文書に署名できます。賃貸借契約に署名する時も源泉徴収票に記入する時も、フォームに入力し、コンピューターやモバイルデバイスから直接送信できます。

Macノートパソコンで文書に署名するグラフィック

なぜ電子署名なのか?

 

電子署名はリモートワークをしている組織や、離れた場所にいる取引相手と契約を結ぶ時などに最適です。時間と経費の大きな節約にもなります。プリンターや郵送の必要性がなく、紙の文書を処理する時間が短縮されますので生産性も向上します。

 

Adobe Signで電子署名をする

子供の隣でMacノートパソコンの文書に署名する親

Macで文書に入力して署名する方法

 

 

01.

 

AcrobatでPDF 文書を開きます。

 

 

02.

 

右側のツールバーの、「入力と署名」をクリックするか、ページ上部のツールバーの「署名」をクリックします。

 

 

03.

 

画像ファイルで描く、入力、選択して署名ボックスに入れます。次に「適用」をクリックして、署名をフォームに配置します。

 

 

04.

 

「次へ」をクリックしてPDFファイルをダウンロードするか、他の人に送信して確認してもらうか、署名をしてもらいます。

 

 

署名をカスタマイズする

 

署名を作成するには、署名を書くか、デジタルペンを使うか、ドロップダウンオプションから手書きスタイルを選んで名前をタイプする、といった方法があります。署名を作成しましたら、それを選択して、署名やイニシャルを必要とする文書であればどの文書でも署名を配置することができます。作成した署名は後で使うために保存します。そうすれば新しい文書が届いても、簡単に目を通して返送すればよいので時間がかかりません。

文書編集のさまざまな機能を示す携帯電話のグラフィック

PDF の編集、コメントの書き込み、共有

 

署名欄に署名する前に、文書を編集して他の人と共有したい場合もあるでしょう。Acrobat を使えば、文書にマークアップを入れ、注釈やコメントを書き込んで起案のプロセスをスムーズにしきます。

 

 

Acrobat で文書を管理

 

自分で文書に署名する時も、他の人に署名を要請する時も、Adobe Sign を使えば、 署名の管理だけでなく、その状況も監視できます。

 

使っている機器がMacbookでもデスクトップでも、iPad でも、またはiPhone のようなIOSデバイスでも、 Acrobat はすべての画面に対応できますので、どこにいても効率の良い仕事ができます。

 

電子署名機能付きの Acrobat Pro DC を始めましょう

その他のおすすめ...

子どもを肩車しながら携帯電話のAdobe Sign を使ってオンライン契約書に署名している男性

オンライン契約書の署名にAdobe Sign を使用する

オンライン契約書を用いて署名を回収し、契約ワークフローをスピードアップする方法を知る。

デスクでノートパソコンを使い、Adobe Signで署名を生成している人

電子署名を生成する方法

Adobe Signで電子署名を作成し、管理する方法を知る

デスクでコンピューターを使っている人

自分の電子署名が UETA(統一電子トランザクション法)に遵守しているか確認します。

電子フォームと電子署名に適用される法律をよく調べ、自分のデジタル書類がこうした法律に遵守しているか確認します。

デスクのそばに立ってWord 文書に電子署名を統合している人

Microsoft Word 文書に署名する

広く利用されているビジネスアプリケーションに電子署名を統合する方法を学びます。

 

Adobe Sign で法令とコンプライアンスの要件に適合する

法的拘束力のある電子署名

電子署名の法的要件

Adobe Sign で契約を管理し、法的要件を満たします。

 

 

 

法的要件適合性についての詳細

電子署名の法的効力

電子署名の法的効力

Adobe Sign は世界最高水準の法的要件を満たしています。

 

 

 

電子署名に関する法律についての詳細

手続きの変革

電子署名、デジタル署名のコンプライアンス

Adobe Sign にお任せください。どこにいてもコンプライアンスを維持できます。

 

 

電子署名のコンプライアンスについての詳細

エンド・ツー・エンドのデジタル処理を行っていますか。

プロセスのどの段階であっても、Adobe Document Cloud を利用すれば、次の段階へスムーズに進むことができます。