Breakouts

B2B

CSI Marketo Engage:エラーを解決するための調査テクニック

Caitlin Poliksa - TPG

Marketo Engageを使用していると、いくつかのエラーメッセージに遭遇することがあります。たとえば、フローステップのキャンペーン名のスペルが正しくない場合に、赤いジグザグの下線でエラーが示されることがあります。また、ポップアップ通知メッセージが表示されることもあれば、単に予期せぬ結果や意図しない結果になることもあります。これらの好ましくないエラーをなくすためのテクニックは、Marketo Engageでフォレンジックを使用して原因を理解し、すばやく対処することです。

このセッションでは、次のトピックスについて解説します。

  • ユーザーが遭遇する一般的な問題の紹介
  • エラーの原因を見つけすばやく修正する方法
  • キャンペーン失敗通知、登録解除が正常に動作しない、スマートリストのエラー、フローエラー、アラート、スコアリング、リードアクティビティの実際の例

関連製品

その他のコンテンツを見る

Explore


Adobe Summitの基調講演や将来のイノベーションに関する議論、主な発表などを簡潔にまとめた動画をご覧ください。

Innovation Tracks


次のステップ


Adobe Experience Cloudが、自社のビジネスにどのように役立つのかをご確認ください。

AI(人工知能)を利用した分析から大規模なコンテンツの最適化に至るまで、優れた顧客体験を創出するために必要なあらゆるものが揃っています。

CXM PLAYBOOK

顧客体験管理(CXM)戦略のプレイブックを作成しましょう。